「東急線全線」とは?

関連ニュース

東急電鉄、年末年始の運転計画発表 今年度は大晦日~元日の終夜運転なし - 11月17日(火)07:12 

東急電鉄は11月16日、年末年始の列車運転計画を発表した。 同社では例年、12月31日深夜から1月1日早朝にかけて、終夜運転ならびに運転時間の延長を行ってきたが、今年度は東急線全線で実施しない。12月30日から1月3日ま […] 投稿 東急電鉄、年末年始の運転計画発表 今年度は大晦日~元日の終夜運転なし は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

灯油タンクの自動発注配送管理クラウド「GoNOW」を手がけるゼロスペックが約2.3億円を調達 - 11月11日(水)11:44 

ゼロスペックは11月11日、PreAラウンドにおいて、第三者割当増資として総額約2.3億円の資金調達を発表した。引受先はENEOS、三信電気。 ゼロスペックは、灯油タンクの自動在庫&配送発注管理クラウドサービス「GoNOW」を2020年9月に正式リリース。GoNOW利用顧客が前年同期比約300%増のペースで推移していることから、さらなるサービス顧客拡大に向けシステム「GoNOW」機能追加・UI&UX改善・安全&安定性強化などに利用する。 システム開発:「GoNOW」システム機能強化&追加を加速させるための人材採用 人工知能技術開発:サービス&顧客満足度(CS)向上に向けての取り組み 販売先拡大:15都道府県(北海道30市町村)で導入、拡大に向けての販促費 新規事業用の開発費用 GoNOWは、IoTスマートセンサーを一般家庭など顧客の灯油ホームタンクに設置し、タンク内の残量を在庫情報として取得。在庫情報をクラウドサービスにおいてモニタリングすることで、最適な配送タイミングを把握し、効率的な配送を可能とする。 IoTスマートセンサーは、ホームタンクの蓋との一体型を採用。タンク内の液面レベルを検知し、無線で在庫量データをクラウド環境に蓄積する。センサー本体および通信にかかるコストの低減、電池の長時間持続などに強みがあるという(特許取得済み)。 またクラウド側では、在庫量に関する情報を...more
カテゴリー:

東急電鉄、大みそか深夜の終夜運転は実施せず - みなとみらい線も - 11月16日(月)16:34 

東急電鉄は16日、年末年始の列車運転に関して、大みそか深夜から元日早朝にかけての終夜運転ならびに運転時間の延長は東急線全線で実施しないと発表。横浜高速鉄道も同日、みなとみらい線の終夜運転を今年度は実施しないと発表した。
カテゴリー:

「東急線全線」の画像

もっと見る

「東急線全線」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる