「東京電力ホールディングス」とは?

関連ニュース

東京電力とモルフォが、AIによる水力発電関連施設の人影検出技術で実証実験 7/24~26日「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」で展示 - 07月16日(火)11:00 

【概要】東京電力ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:小早川 智明、以下 東京電力)リニューアブルパワー・カンパニーと株式会社モルフォ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)は、7月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催されるメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019の「インフラ検査・維持管理展」内の東京電力ブースにおいて、ダム放流時の安全確保を目的とする、AI(人工知能)によるリアルタイムな人影検出技術を展示します。(画像)左:日中のシーン/右:夜間のシーンモルフォは、AIを駆使した高度な画像認識技術をソフトウェアとして提供しており、人影検出をはじめとして外観検査、構造物の劣化診断などにおいて採用され、さらに実運用レベルまで精度を向上させるノウハウを有しています。今回、モルフォが東京電力の水力発電所関連施設で実証実験を行い、その成果として、ソフトウェアの導入により、特殊なカメラを使用することなく、コスト面で有利な既存の監視カメラを活用し、雪や雨、また夜間という環境においても、人影を検知することを実現しました。東京電力ブースでは、監視カメラ映像内の人物の位置をリアルタイムかつ正確に検知している様子(上の画像参照)をパネルや動画で紹介する予定です。【展示内容】<展示内容>AIによる人影検知技術<出展する展示会>メンテナン...more
カテゴリー:

【ピュッピュッ】としまえんのプール客、前年同時期比95%減 マーメイドが放水するサービスもあるのに - 07月14日(日)22:20  newsplus

2019年7月14日 20時18分 産経新聞  7月としては記録的な低温が続くなど初夏を感じさせない異例の天候がレジャー施設や小売店などに波紋を広げている。  東京都内の大規模プールではプール開きからの客足が低迷。百貨店では春夏衣料のバーゲンセールが不調だ。野菜の生育不良も危ぶまれ、今後の天候が懸念されている。  東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールでは、6月29日のプール開きからの「序盤戦」が大打撃を受けている。この時期のプールは土日のみの営業で、7月7日までの4営業日の利用者数はわずか約900...
»続きを読む
カテゴリー:

パワーショベルが逆さま宙づりに 東電の原発工事現場 - 07月09日(火)19:53 

 東京電力ホールディングスは9日、柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策施設の準備工事現場で、地下につり下ろす途中のパワーショベル(重さ15トン)が逆さまのまま宙づりになるトラブルがあったと発表した。運転席…
カテゴリー:

東電が東通に青森事業本部 70人体制で始動 - 07月02日(火)14:06 

東京電力ホールディングスは1日、青森県東通村に青森事業本部を設置した。停滞する東電東通原発の原子力事業を推進するほか、地域貢献を強化する狙い。 本部は東通ヘッドオフィス、むつオフィス、青森オフィス、東
カテゴリー:

東京ガスは9・5円 家庭太陽光の買い取り - 07月01日(月)17:51 

 東京ガスは1日、固定価格買い取り制度(FIT)の期間が終了した家庭用太陽光発電の余った電力を、1キロワット時当たり9・5円で買い取ると発表した。東京電力ホールディングス傘下の小売事業会社、東京電力エナジーパートナーの8・5円を上回る水準。買い取りをきっかけに電気の販売契約の獲得につなげる。東電管内の家庭を対象に11月から始める。
カテゴリー:

【速報】 記録的低温で消費急ブレーキ プール客95%減、夏セール不振、野菜高騰 電力需要も大幅減 - 07月15日(月)02:21  poverty

7月としては記録的な低温が続くなど初夏を感じさせない異例の天候がレジャー施設や小売店などに波紋を広げている。 東京都内の大規模プールではプール開きからの客足が低迷。 百貨店では春夏衣料のバーゲンセールが不調だ。野菜の生育不良も危ぶまれ、今後の天候が懸念されている。 東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールでは、6月29日のプール開きからの「序盤戦」が大打撃を受けている。 この時期のプールは土日のみの営業で、7月7日までの4営業日の利用者数はわずか約900人。前年の同時期の来場者数(約1万9...
»続きを読む
カテゴリー:

【天気】晴れぬ7月…記録的低温で湿る消費 プール客95%減、夏セール不振、野菜高騰 - 07月14日(日)21:43  newsplus

7月としては記録的な低温が続くなど初夏を感じさせない異例の天候がレジャー施設や小売店などに波紋を広げている。東京都内の大規模プールではプール開きからの客足が低迷。百貨店では春夏衣料のバーゲンセールが不調だ。野菜の生育不良も危ぶまれ、今後の天候が懸念されている。  東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールでは、6月29日のプール開きからの「序盤戦」が大打撃を受けている。この時期のプールは土日のみの営業で、7月7日までの4営業日の利用者数はわずか約900人。前年の同時期の来場者数(約1万9000...
»続きを読む
カテゴリー:

スーパーカー SUPERCAR - 07月03日(水)11:35  poverty

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190702_22051.html 東電が東通に青森事業本部 70人体制で始動 東京電力ホールディングスは1日、青森県東通村に青森事業本部を設置した。停滞する東電東通原発の原子力事業を推進するほか、地域貢献を強化する狙い。  本部は東通ヘッドオフィス、むつオフィス、青森オフィス、東通原子力建設所で構成。人員を約20人増員し70人体制にした。本社のエンジニア部門を10人規模で配置し、安全対策や建設工程などの管理、設計に当たる。  宗一誠青森事業本部長は同日、社員約7...
»続きを読む
カテゴリー:

家庭太陽光買い取り、東ガスは9.5円 - 07月02日(火)05:00 

 東京ガスは1日、固定価格買い取り制度(FIT)の期間が終了した家庭用太陽光発電の余った電力を、1キロワット時当たり9.5円で買い取ると発表した。東京電力ホールディングス傘下の小売事業会社、東京電力エナジーパートナーの8.5円を上回る水準。買い取りをきっかけに電気の販売契約の獲得につなげる。東電管内の家庭を対象に11月から始める。東京ガスから電気を購入すれば、買い取り価格は1円高い10.5円にする。
カテゴリー:

東京ガスは9・5円 家庭太陽光の買い取り - 07月01日(月)17:37 

 東京ガスは1日、固定価格買い取り制度(FIT)の期間が終了した家庭用太陽光発電の余った電力を、1キロワット時当たり9・5円で買い取ると発表した。東京電力ホールディングス傘下の小売事業会社、東京電力エナジーパートナーの8・5円を上回る水準。買い取りをきっかけに電気の販売契約の獲得につなげる。東電管内の家庭を対象に11月から始める。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東京電力ホールディングス」の画像

もっと見る

「東京電力ホールディングス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる