「東京都知事」とは?

関連ニュース

「築地市場跡地」再開発に三井不動産連合などが名乗り - 10月04日(水)11:30 

東京ドーム4個分の広大な敷地をどう活用?「東京都心最後の一等地」の今後の姿は─。 2023年8月31日、東京・築地の「旧築地市場」跡地の再開発の民間事業提案の受付が締め切られた。東京都知事の小池百合子氏は9月1日の会見で「複数のグループから・・・
カテゴリー:

都市高速鉄道第7号線 環境影響評価書案見解書 - 10月02日(月)16:52 

東京都は、都市高速鉄道第7号線品川~白金高輪間建設事業について、東京都環境影響評価条例に基づき、令和5年6月に提出した環境影響評価書案に対して寄せられた都民等の意見について見解書を作成し、本日、東京都知事(環境局)に提出しました。
カテゴリー:

“別荘”は富裕層のものだけではない 若い世代に伝えたい、“別荘”は生活を豊かにする投資 10月4日(水)「投資の日」よりオンライン相談窓口を開設 - 09月26日(火)10:00 

“別荘”の建築や、オンラインで“別荘”が購入できるシステム「RAKUTAP」を運営する株式会社it's House(所在地:東京都港区、代表:八島 睦)は、20代・30代に向け、新たな“別荘”の在り方を提案しています。「“別荘”は富裕層のもので贅沢な選択」という概念を覆し、若い世代だからこそ“別荘”を持つことで生活を豊かにする理由を伝えています。投資の日となる2023年10月4日(水)より、オンライン相談窓口を開設。別荘の購入やその後の運用について分かりやすくご説明、お客様のライフプランに合わせたご提案をさせていただきます。オーナーが使わない日は貸すという選択“貸別荘“として収益化“別荘”と聞くと、富裕層の贅沢な暮らしというイメージが持たれがちですが、当社は若い世代こそ“別荘”を手にするべきだと提案しています。その理由は、オーナーが使わない日は“貸別荘“とすることで、収益化できるからです。実は“別荘”は、オーナー自身が使う日は1年のうち20~30日程しかないことが多く、大半が空き家状態です。そんな空き家状態の“別荘”を“貸す”という運用をすることで、若いうちから収益を積み上げ、生活をより豊かにすることが可能なのです。住宅を宿泊施設とする場合は、「住宅宿泊事業法」で他の人を宿泊させる日数が年間180日を超えてはいけないという定めがありますが、“別荘”は当社が旅館業を取得することで、そ...more
カテゴリー:

【テレビ】石原良純 父・石原慎太郎さんの遺産として受け取ったもの「そんなに高いものじゃないのよ」 - 09月24日(日)06:57  mnewsplus

石原良純 父・石原慎太郎さんの遺産として受け取ったもの「そんなに高いものじゃないのよ」 [ 2023年9月23日 15:47 ] スポニチ https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/09/23/kiji/20230923s00041000307000c.html  タレントで気象予報士の石原良純(61)が、22日放送のテレビ朝日系「ザワつく!金曜日」(金曜後6・50)に出演。昨年2月に亡くなった元東京都知事で小説家の父・石原慎太郎さんの遺産として受け取ったものを明かした。  進行の「サバンナ」高橋茂雄から「最近、落ち着いてきたなと思うことはある?...
»続きを読む
カテゴリー:

人気も人望もなし。それでも“ドリル優子”が初の女性総理を目指すべき理由 - 09月22日(金)04:45 

9月13日、支持率上昇を期待し内閣改造・党役員人事を行った岸田首相。その効果は得られなかったと言っても過言ではありませんが、見るべきポイントは多々あったようです。政治学者で立命館大学政策科学部教授の上久保誠人さんは今回、「岸田人事」の複数の注目点を挙げ各々について詳しく解説。さらに選対委員長に抜擢された小渕優子氏が日本初の女性首相を目指すべき理由を詳説しています。 プロフィール:上久保誠人(かみくぼ・まさと)立命館大学政策科学部教授。1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。主な業績は、『逆説の地政学』(晃洋書房)。 支持率ダダ下がりの岸田政権「付け焼き刃の内閣改造」を斬る 岸田文雄首相は、内閣改造・党役員人事を断行した。党役員には、麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長、萩生田光一政調会長が留任。総務会長に森山裕選挙対策委員長が、選対委員長に小渕優子組織運動本部長が起用された。内閣人事では、松野博一官房長官、鈴木俊一財務相、西村康稔・経済産業相、河野太郎デジタル相、高市早苗経済安全保障担当相が留任した。また、経験豊富なベテランの新藤義孝・元総務相が経済再生相に起用された。連立を組む公明党からは、斉藤鉄夫国交相が続投となった。 岸田首相は、重要閣僚、党幹部...more
カテゴリー:

都市高速鉄道第8号線 環境影響評価書案見解書 - 10月02日(月)16:52 

東京都は、都市高速鉄道第8号線豊洲~住吉間建設事業について、東京都環境影響評価条例に基づき、令和5年6月に提出した環境影響評価書案に対して寄せられた都民等の意見について見解書を作成し、本日、東京都知事(環境局)に提出しました。
カテゴリー:

プロパティプラスに元本割れはある?リスク対策の仕組みや分散投資のコツも - 10月01日(日)22:03 

property+(プロパティプラス)は、国内大手の不動産会社である飯田グループホールディングスの子会社である株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産クラウドファンディングです。 プロパティプラスはマンションを扱うファンドで着実に実績を積み重ねており、2023年9月時点の募集件数は26件となっています。 プロパティプラスのこれまでの運用実績を見ながら、元本割れの状況や投資する際のリスク対策を見ていきましょう。 property+のウェブサイトを見る[PR] 目次 プロパティプラスのファンド運用実績 1-1.募集実績データ 1-2.元本割れは発生していない プロパティプラスのリスク対策 2-1.人口密集地帯に物件を建設 2-2.複数の物件を同時運用でリスク分散 2-3.マスターリース契約のファンドも 2-4.優先劣後出資方式を採用 プロパティプラスで分散投資をするためのポイント 3-1.物件の立地を分ける 3-2.できるだけ多くの部屋を同時運用しているファンドに投資する 3-3.投資時期を分散する まとめ 1.プロパティプラスのファンド運用実績 サービス名 Property+(プロパティプラス) 運営会社 株式会社リビングコーポレーション 本店所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-2-12 EDGE南青山2F 決算期 3月 資本金 1億...more
カテゴリー:

東京五輪招致、37会場・4554億円の全貌 国立競技場建て直し、ビッグサイト増築… - 09月24日(日)13:59  poverty

https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK11011_R10C13A1000000/ 東京五輪招致、37会場・4554億円の全貌 国立競技場建て直し、ビッグサイト増築… 「2020年東京大会は、世界で最も安全で先進的な大都市の中心で開催されるダイナミックな祭典になる」(猪瀬直樹・東京都知事)――。 2020年夏季五輪の招致を目指す東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会と東京都は2013年1月7日に、詳細な開催計画を記載した立候補ファイルを国際オリンピック委員会(IOC)に提出。8日に公開している。東京がアピールするのは「都市力」の高...
»続きを読む
カテゴリー:

古代文明が織り成す歴史を表現したAI活用作品、プロジェクションマッピング国際大会でグランプリ獲得 - 09月23日(土)12:00 

2023年9月9日~10日、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館で世界最大級のプロジェクションマッピング国際大会「1minute Projection Mapping Competition」(以下、国際大会)が開催されました。 この国際大会は、世界中の映像クリエイターが1分台の短いプロジェクションマッピング作品で世界一の称号と優勝賞金200万円を競うというもの。11回目を迎える今年、見事グランプリ(東京都知事賞)に輝いたのはルーマニアのVali Chincișan氏です。 今年のテーマ「LINK」に対し、AIを使用して古代文明が織り成す歴史を表現したアニメーション作品『Legacy Links』を発表し、現在と過去のつながりを表現しました。 古代文明が織り成す歴史を表現した『Legacy Links』 過去最多のエントリー数を記録した今年の国際大会におけるグランプリ受賞作品は、ルーマニアのVali Chincișan氏が制作した『Legacy Links』です。 同作品は、シュメール・エジプト・ギリシャなどの古代文明の織り成す歴史を鮮やかに描いたビデオマッピング・アニメーション。そのダイナミックなビジュアルを通して、相互の進化と現代社会への集団的な影響を強調しています。 アニメーションは過去と現在の架け橋であり、どの文明も孤立して発展したわけではないことを示唆しているそう。それぞれが他の...more
カテゴリー:

東京都で卵子凍結に関する助成がスタート。企業への支援も【定例記者会見ママ向けレポート】 - 09月21日(木)12:55 

(東京都提供) 将来、子どもを持ちたいと思いつつ仕事との両立の難しさから出産を迷うママたちもいます。将来的には子どもを持ちたいと望む女性も卵子凍結を行うことで、将来に向けての妊娠、出産計画が立てやすくなるでしょう。 東京都では、将来の妊娠に備える選択肢の一つとして、2023年9月25日から卵子凍結と、凍結卵子を使用した生殖補助医療、さらに卵子凍結の制度を受けやすくする環境づくりのために企業に対する助成事業などを開始。その詳細についてお知らせします。 卵子凍結費用の助成。対象となるのは? 卵子凍結は、加齢等による妊娠機能の低下を懸念する場合に行うものです。卵子凍結を行う場合、多額の費用が必要になるため、活用したいと思っていても二の足を踏んでしまう……そんな女性も多いのではないでしょうか。 東京都では、卵子凍結手続きに必要な費用の一部を助成することとなりました。 対象者:東京在住の18歳から39歳までの女性(採卵を実施した日における年齢) 助成内容:20万円を上限とし、次年度(凍結後の年度)以降については1年当たり2万円を最大5年間助成(合計最大30万円) 条件:都の実施調査への協力と説明会への参加。説明会の受付は2023年9月25日(月)から開始 凍結卵子を使用した生殖補助医療の助成 もう1つの支援は、「凍結卵子を使った生殖補助医療費用の助成」です。この制度では、卵子凍結した卵子...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる