「東京証券取引所」とは?

関連ニュース

「いつ・いくらで売れる?」不動産売却の不安と悩みを解消する、東急リバブル「売却保証システム」とは - 07月19日(金)10:12 

住み替えや買い替えが控えているといった理由で、所有している不動産を少しでも早く売却したい思っている方も多いと思います。しかし、不動産の売却はその時の需要と供給で結果が異なるため、すぐに売却できるとは限りません。 買い取りを利用すればすぐに売却できますが、仲介を利用して売却するよりも売却価格は下がってしまいます。何とか期日までに、できるだけ高い価格で不動産を売却する方法はないのでしょうか? 今回は、そういった悩みをお持ちの場合に活用ができる、東急リバブルの「売却保証システム」について解説していきたいと思います。 目次 東急リバブルとは 東急リバブルの「売却保証システム」とは 「売却保証システム」の4つのポイント 3-1.売却保証率の上限が90% 3-2.査定金額の115%から売り出しを開始 3-3.利益還元制度 3-4.立替払制度が利用可能 「売却保証システム」の2つの注意点 4-1.売却価格が相場よりも安くなる可能性がある 4-2.全ての不動産が保証を受けられるわけではない まとめ 1 東急リバブルとは 運営会社名 東急リバブル株式会社 設立 1972年 本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号 従業員数 3,235名(連結3,385名)(2019年3月末現在) 上場有無 親会社の東急不動産ホールディングスが東証1部上場 査定・売却可能な物件 マン...more
カテゴリー:

日証協 野村に改善勧告 「コンプラ教育が不足」指摘 - 07月18日(木)05:00 

日本証券業協会は17日、東京証券取引所の株式市場再編に関する情報漏洩(ろうえい)問題を起こした野村証券に対し、再発防止策の徹底などを求める勧告を16日付で実施し…
カテゴリー:

日証協、野村に改善勧告 「コンプラ意識不足」会員各社に注意喚起 - 07月17日(水)22:52 

 日本証券業協会は17日、東京証券取引所の株式市場再編に関する情報漏洩(ろうえい)問題で業務改善命令を受けた野村証券に対し、再発防止策の徹底などを求める勧告を16日付で実施したと発表した。会員企業に対する勧告の公表は異例だが、「資本市場の公正性・公平性に対する信頼性を損なう恐れがある行為」として、重い措置を執った。
カテゴリー:

野村、信頼回復へ正念場 続く不祥事 機関投資家に「野村外し」も - 07月14日(日)20:15 

 東京証券取引所の株式市場再編をめぐる情報漏洩問題で業務改善命令を受けた野村ホールディングス(HD)が信頼回復に向けた正念場を迎えている。6月下旬の株主総会では、永井浩二グループCEO(最高経営責任者)らの取締役選任を勝ち取ったが、ギリギリの票差は株主の大きな不満の表れだ。機関投資家の間では野村への注文を停止する「野村外し」も続き、元社員による新たな問題も浮上した。金融業界が大変革期を迎える中で野村は構造改革を目指すが、一連の不祥事が重くのしかかっている。
カテゴリー:

野村証券「外し」拡大…“最強の営業部隊”凋落で巨額赤字、情報漏洩や詐欺関与疑惑も - 07月11日(木)05:50 

東京証券取引所の市場区分見直しの情報漏洩問題で、金融庁から業務改善命令を受けていた野村ホールディングス(HD)と野村証券は6月3日、業務改善報告書を金融庁に提出した。漏洩事件の経緯は以下の通り。東証は2018年10月、市場再編に向けた非公開の有識者懇談会を設置。懇談会のメンバーに...
カテゴリー:

AI・高性能チャットボット「スグレス」で動画を用いた回答を実現~「J-Stream Equipmedia」と連携~ - 07月18日(木)15:00 

2019年7月18日 株式会社ALBERT AI・高性能チャットボット「スグレス」で動画を用いた回答を実現 ~「J-Stream Equipmedia」と連携~  株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下ALBERT)は、2019年7月18日、AI・高性能チャットボット「スグレス」と、株式会社Jストリーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石松俊雄、以下Jストリーム)が提供する動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」の連携を開始いたします。  AI・高性能チャットボット「スグレス」は、人工知能(AI)とオリジナルの「言語処理エンジン」を搭載したチャットボットです。その特徴の一つである自動学習機能により、業務オペレーションに負荷をかけることなく回答の精度向上が可能です。  この度、「スグレス」が動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」と連携することで、テキストや画像での回答だけではなく、動画を用いて最適な回答を実現いたします。例えば社内向け(B to E)の場合には、従業員が作業手順を知りたい際に、手順の説明や勉強会の様子の動画を回答します。また、顧客向け(B to C)の場合には、お客様が製品について知りたい際に、製品の使い方やプロモーション情報等を動画で伝えるこ...more
カテゴリー:

日証協、野村に改善勧告 「コンプラ意識不足」会員各社に注意喚起 - 07月17日(水)23:02 

日本証券業協会は17日、東京証券取引所の株式市場再編に関する情報漏洩(ろうえい)問題で業務改善命令を受けた野村証券に対し、再発防止策の徹底などを求める勧告を16…
カテゴリー:

野村、信頼回復へ背水の陣 続く不祥事、経営に重し - 07月15日(月)05:00 

東京証券取引所の株式市場再編をめぐる情報漏洩(ろうえい)問題で業務改善命令を受けた野村ホールディングス(HD)が信頼回復に向けた正念場を迎えている。6月下旬の株…
カテゴリー:

野村、信頼回復へ正念場 続く不祥事 機関投資家に「野村外し」も  - 07月14日(日)20:05 

 東京証券取引所の株式市場再編をめぐる情報漏洩問題で業務改善命令を受けた野村ホールディングス(HD)が信頼回復に向けた正念場を迎えている。6月下旬の株主総会では、永井浩二グループCEO(最高経営責任者)らの取締役選任を勝ち取ったが、ギリギリの票差は株主の大きな不満の表れだ。機関投資家の間では野村への注文を停止する「野村外し」も続き、元社員による新たな問題も浮上した。金融業界が大変革期を迎える中で野村は構造改革を目指すが、一連の不祥事が重くのしかかっている。
カテゴリー:

バンナムHDを日経平均に新規採用、千代化建の東証2部指定替えで=日経 - 07月10日(水)17:12 

日本経済新聞社は10日、エンジニアリング大手の千代田化工建設を日経平均株価の構成銘柄から除外し、バンダイナムコホールディングスを新規採用すると発表した。千代化建は東京証券取引所の第2部に指定替えになる。入れ替えの実施は8月1日。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東京証券取引所」の画像

もっと見る

「東京証券取引所」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる