「東京国立博物館」とは?

関連ニュース

雛形あきこの思い出 - 07月25日(日)21:29  poverty

https://www.asahi.com/event/DA3S14561059.html 探求心が生んだ美 特別展「きもの KIMONO」 日本の伝統文化きものは、こんなに自由だったのか――。東京・上野の東京国立博物館で開催中の特別展「きものKIMONO」では、鎌倉時代から現代までの豊かなきものの世界が広がる。当時の美意識や、海外の文化まで取り込んできたきもの。おしゃれに対する人々の飽くなき探求心や好奇心が伝わってくる。 ■「動」と「空」、デザイン開花 きもののデザインに革命が起きたことを示すのが、江戸時代17世紀に刊行された小袖模様...
»続きを読む
カテゴリー:

第3回堂島こどもアワード 小学生を対象とした絵画作品を募集いたします。 - 07月21日(水)10:00 

第3回 堂島こどもアワード 小学生対象  絵画作品募集     こどもたちは無限の可能性を持っています。 数年前、世界一幸せな国デンマークを訪れた時、コペンハーゲン市が運営するアートスクールで子どもたちの絵画に触れる幸運に恵まれました。   その時に感じた素晴らしい想像力と、多彩な表現力に感銘を受け、この「堂島こどもアワード」というプロジェクトをスタートしました。 無限の想像力と表現力はこどもたちだけが使うことができる魔法のようなものです。 こどもたちの中に眠っている無限の想像力の扉を開き、 夢のような魔法を使って表現する力の引き出しを開くお手伝いをさせていただければと願っています。   堂島こどもアワードは今年で3回目を迎えます。 純粋で無垢なこどもたちの絵に無限の可能性を感じている千住博氏、高橋明也氏、山下裕二氏に初回からお力添えをただいております。 今回、ひとりでも多くのこどもが扉を開くことを願ってやみません。     募集要項   作品募集期間 2021年7月31日(土)~ 9月15日(水) ※必着 テーマ ① 夢の森を作ってみよう ②一番うれしかったこと ③ 魔法のドアをあけるとどこにでもいけるよ  ...more
カテゴリー:

新しい記事『東京国立博物館と凸版印刷、法隆寺「.. - 07月24日(土)19:00 

新しい記事『東京国立博物館と凸版印刷、法隆寺「金堂」を高精細VR化』を投稿しました。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる