「東京下町」とは?

関連ニュース

持ち運びに便利!“インスタ映え”に差をつけるドリンクホルダーを販促グッズに キラキラ&清涼感で 「タピ活」を盛り上げる新アイテム ゴミのポイ捨て削減も期待され企業イメージアップ 7月20日より - 07月31日(金)12:30 

企業向けオリジナル販促グッズや各種バッグのOEM生産を手がけるユニファースト株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:橋本敦)は、涼しげなジェル素材を使用し、主要ドリンクショップのカップにフィットするドリンクホルダー『ジェルドリンクホルダー』を、2020年7月20日(月)より企業向け販促グッズとして受注開始しました(https://www.unifast.co.jp/original/drink-holder/)。■「タピ活」を盛り上げる新アイテムを開発 ゴミのポイ捨て削減も期待され企業イメージアップ 当社が開発した『ジェルドリンクホルダー』は、カップ部分に涼しげな見た目のジェル素材を使用。ストラップで首からぶら下げることができるので、歩きながらハンズフリーでおしゃれにドリンクを持ち運ぶことができます。清涼感のあるつぶつぶ透明ジェルや、動くたびにキラキラするトレンドのオーロラカラーのストラップは、“インスタ映え”を目的に「タピオカドリンク」や「チーズティ」を購入する女子にとっては、さらに「タピ活」を盛り上げるアイテムといえます。 また「タピオカドリンク」や「チーズティ」は、テイクアウトし歩きながら飲むことが多い飲料です。飲み終わったら容器をゴミ箱に捨てようとしてもなかなかゴミ箱が見つからなく、やむなく自動販売機の下などに置いて立ち去るケースが散見されます。自動販売機で販売される...more
カテゴリー:

価値観を共有できた"ワンチーム"の強さ - 人間力が100年企業を創る【後編】 - 07月30日(木)10:01 

東京の、そして日本のモノづくりを支えている東京台東区。そのキーマンともいえる木本硝子の木本誠一氏は、東京下町の手作り硝子工場や江戸切子の職人、デザイナーやクリエイターの方々とタッグを組んで硝子製品の新しい世界観を創り出しています。中小企業が時代を超えて生き残るためにはどうすればよいのか。本稿では、税理士でありながら連続起業家のSAKURA United Solution代表・井上一生氏が、木本誠一氏と対談を行いました。
カテゴリー:

「東京下町」の画像

もっと見る

「東京下町」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる