「東京モーターショー」とは?

関連ニュース

マツダ「若者の車離れは真にカッコいいクルマを見たことがないから。うちの車を見てください。」 - 02月16日(日)22:47  poverty

マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論 ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。 “魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏だ。 同氏に、マツダ車のデザインが劇的に変わった経緯と細部へのこだわりについて聞いた。 ─前田さんが考える競争優位なブランドとはどんなものでしょう。 前田:オンリーワンでないとブランドにはなり得ないじゃないですか。そのメーカーのブランドし...
»続きを読む
カテゴリー:

懐かしのニッサン・フィガロ 海外で人気?│500万円超えで落札される - 02月10日(月)18:50 

現在でも、街中で見かけるニッサン・フィガロ。「日常の中の非日常」をコンセプトに、1989年の東京モーターショーで発表され1991年モデルとして販売が開始された。60年代にインスパイアされたオープントップスタイルを持ち、かわいらしい見た目のボ・・・
カテゴリー:

大盛況の東京オートサロン、トヨタや日産などメーカーが出展する意味は一体どこにある? - 02月05日(水)06:40 

1月10日(金)から12日(日)まで開催された「東京オートサロン 2020」。本家ともいえる東京モーターショーが東京ビッグサイトへ移った後も幕張メッセで行われる本イベントは相変わらず盛況で、今回は3日間で33万6,060人と過去最多の来場者数を記録し閉幕した。この人気ぶりを無視で...
カテゴリー:

【摩訶不思議】2/14に発売されたADV150、受注状況好調な立ち上がり 30代以上のヤングに人気 - 02月16日(日)14:33  news

sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif 2020年2月14日に発売されたホンダの新型二輪スクーター「ADV150」の受注状況が好調な立ち上がりを見せています。  2019年10月に開催された「東京モーターショー2019」で市販予定車として出展され、12月20日に正式発表されたADV150は、 ホンダの大型アドベンチャーモデル「X-ADV」譲りの車体デザインや、軽二輪として取り回しやすい車体サイズ、市街地から高速道路まで快適に走行できる力強いエンジンと専用の足まわりを備えた国内市場では珍しいタイプの“アドベンチャー”スクーターです。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

博展---急伸、設立50周年記念配当を実施、第3四半期営業利益は9%増 - 最新株式ニュース - 02月10日(月)13:17 

<2173>  博展  688  +51急伸。20年3月期の年間配当を従来予想の12円から17円(前期実績20円)に増額修正している。設立50周年記念配当として5円を加える。第3四半期累計(19年4-12月)の営業利益は前年同期比8.7%増の4.63億円で着地した。東京モーターショーなど大型案件の受注に加え、採算性を重視した業務オペレーションの実施などで売上総利益率が向上した。
カテゴリー:

「東京モーターショー」の画像

もっと見る

「東京モーターショー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる