「本部側」とは?

関連ニュース

【廃棄ロス】コンビニ悩ます「棚の奥に手を突っ込んで後ろから取る客」の存在。ポイントキャンペーンは客への意識改革につながるか★5 - 05月18日(土)19:01  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000041-zdn_mkt-bus_all スーパーの鮮魚売り場や精肉売り場で、棚の奥に手を突っ込んで商品を取り出し、 より新鮮なものを選ぼうとするお客を見かける。棚の前に残された消費期限切れが迫った商品は、 廃棄を防ぐため閉店間際に値引き販売されるのが一般的だ。 この「後ろから取る客」はコンビニにも存在するが、加盟店のオーナーにとっては悩ましい存在だ。 消費期限が近づいた商品ばかりが棚に残ってしまうため、廃棄のリスクが高まるからだ。 ローソンは5月17日、新しい食品...
»続きを読む
カテゴリー:

【廃棄ロス】コンビニ悩ます「棚の奥に手を突っ込んで後ろから取る客」の存在。ポイントキャンペーンは客への意識改革につながるか★3 - 05月18日(土)10:52  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000041-zdn_mkt-bus_all スーパーの鮮魚売り場や精肉売り場で、棚の奥に手を突っ込んで商品を取り出し、 より新鮮なものを選ぼうとするお客を見かける。棚の前に残された消費期限切れが迫った商品は、 廃棄を防ぐため閉店間際に値引き販売されるのが一般的だ。 この「後ろから取る客」はコンビニにも存在するが、加盟店のオーナーにとっては悩ましい存在だ。 消費期限が近づいた商品ばかりが棚に残ってしまうため、廃棄のリスクが高まるからだ。 ローソンは5月17日、新しい食品...
»続きを読む
カテゴリー:

【廃棄ロス】コンビニ悩ます「棚の奥に手を突っ込んで後ろから取る客」の存在。ポイントキャンペーンは客への意識改革につながるか★2 - 05月18日(土)08:46  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000041-zdn_mkt-bus_all スーパーの鮮魚売り場や精肉売り場で、棚の奥に手を突っ込んで商品を取り出し、 より新鮮なものを選ぼうとするお客を見かける。棚の前に残された消費期限切れが迫った商品は、 廃棄を防ぐため閉店間際に値引き販売されるのが一般的だ。 この「後ろから取る客」はコンビニにも存在するが、加盟店のオーナーにとっては悩ましい存在だ。 消費期限が近づいた商品ばかりが棚に残ってしまうため、廃棄のリスクが高まるからだ。 ローソンは5月17日、新しい食品...
»続きを読む
カテゴリー:

【弁当廃棄問題】コンビニ、売れ残り実質値引き セブンなど食品ロス削減【値引きじゃないよポイント還元だよ】 - 05月17日(金)13:24  bizplus

セブン―イレブン・ジャパンは今年秋から、全国の加盟店を含む全約2万店で、販売期限の迫った弁当やおにぎりの実質的な値引きを始める。購入客にポイントを数%還元するかたちで、値引き原資は本部が負担する。売れ残りが減り、加盟店は廃棄費用の負担を減らせる見込み。ローソンも実質値引きに取り組み、コンビニエンスストア大手が食品ロスを減らす。 セブンイレブンは販売期限の迫った弁当やおにぎりの値引きを始める セブンによる実質値引きの対象商品は数百品目で、店頭で取り扱う同社の区切り「販売期限」まで4~5時間に迫った...
»続きを読む
カテゴリー:

「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク - 05月13日(月)18:30 

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】 「Getty Images」より  セブンイレブンの24時間営業問題に対して、公正取引委員会が介入の姿勢をみせている。本部側が営業時間の見直し拒否を...
カテゴリー:

【廃棄ロス】コンビニ悩ます「棚の奥に手を突っ込んで後ろから取る客」の存在。ポイントキャンペーンは客への意識改革につながるか★4 - 05月18日(土)13:15  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000041-zdn_mkt-bus_all スーパーの鮮魚売り場や精肉売り場で、棚の奥に手を突っ込んで商品を取り出し、 より新鮮なものを選ぼうとするお客を見かける。棚の前に残された消費期限切れが迫った商品は、 廃棄を防ぐため閉店間際に値引き販売されるのが一般的だ。 この「後ろから取る客」はコンビニにも存在するが、加盟店のオーナーにとっては悩ましい存在だ。 消費期限が近づいた商品ばかりが棚に残ってしまうため、廃棄のリスクが高まるからだ。 ローソンは5月17日、新しい食品...
»続きを読む
カテゴリー:

【コンビニ】セブンイレブン、消費期限近い食品を実質値引き 5%ポイント還元と大盤振る舞い - 05月18日(土)10:05  newsplus

セブンイレブン、消費期限近い食品を実質値引き 今秋から全店で SANKEI DIGITAL INC. 2019.5.17 10:11  コンビニ最大手セブン-イレブン・ジャパンは17日、弁当など消費期限の近づいた食品の購入者にポイントを提供する還元策を、今秋から国内の全約2万店で始めると明らかにした。実質的な値引きでできる限り売り切り、店に残って廃棄される食品を減らす狙い。定価販売を重視してきた方針の修正となる。ローソンもこうした還元策の実験を一部店舗で始めることにしており、業界で価格戦略の見直しが進みそうだ。 << 下に...
»続きを読む
カテゴリー:

【廃棄ロス問題】コンビニ悩ます「棚の奥に手を突っ込んで後ろから取る客」の存在。ポイントキャンペーンは客への意識改革につながるか - 05月17日(金)20:43  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000041-zdn_mkt-bus_all スーパーの鮮魚売り場や精肉売り場で、棚の奥に手を突っ込んで商品を取り出し、 より新鮮なものを選ぼうとするお客を見かける。棚の前に残された消費期限切れが迫った商品は、 廃棄を防ぐため閉店間際に値引き販売されるのが一般的だ。 この「後ろから取る客」はコンビニにも存在するが、加盟店のオーナーにとっては悩ましい存在だ。 消費期限が近づいた商品ばかりが棚に残ってしまうため、廃棄のリスクが高まるからだ。 ローソンは5月17日、新しい食品...
»続きを読む
カテゴリー:

【コンビニ】販売期限の迫った弁当やおにぎりの実質的な値引き 購入客にポイントを数%還元 食品ロス削減 - 05月17日(金)12:07  newsplus

コンビニ、売れ残り実質値引き セブンなど食品ロス削減 セブン―イレブン・ジャパンは今年秋から、全国の加盟店を含む全約2万店で、販売期限の迫った弁当やおにぎりの実質的な値引きを始める。購入客にポイントを数%還元するかたちで、値引き原資は本部が負担する。売れ残りが減り、加盟店は廃棄費用の負担を減らせる見込み。ローソンも実質値引きに取り組み、コンビニエンスストア大手が食品ロスを減らす。 セブンイレブンは販売期限の迫った弁当やおにぎりの値引きを始める セブンによる実質値引きの対象商品は数百品目で、店頭...
»続きを読む
カテゴリー:

「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク - 05月13日(月)15:00  poverty

 セブンイレブンの24時間営業問題に対して、公正取引委員会が介入の姿勢をみせている。 本部側が営業時間の見直し拒否をして店主に不利益を与えた場合、独占禁止法の適用対象とする方向で検討に入ったのだ。  一方、より健康面のリスクに焦点を絞って「夜勤」や「交代勤務」の改革を再考せざるを得ないような報告が、 『Occupational & Environmental Medicine』(3月25日オンライン版)に掲載された。  ビスペビャー・フレデリクスベー大学病院産業環境医学部(デンマーク)のLuise Moelenberg Begtrup氏らが、 自国の...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「本部側」の画像

もっと見る

「本部側」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる