「本試験」とは?

関連ニュース

未治療患者(PUPs)においてNuwiq®(シモクトコグアルファ)の有効性を実証したNuProtect試験の最終結果をASH 2019で報告 - 12月11日(水)16:32 

スイス・ラーヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オクタファルマは本日、重度血友病Aの未治療患者(PUPs)において単一の第VIII因子(FVIII)製剤を検討した前向き試験として最大規模となるNuProtect試験について、フロリダ州オーランドで開催された2019年米国血液学会(ASH)年次総会の口頭セッションで最終結果を報告したと発表しました。 NuProtect試験は第3相前向き国際共同非盲検無対照臨床試験で、重度血友病Aの未治療患者(PUPs)でヒト細胞株由来組み換え型FVIII製剤Nuwiq®(シモクトコグアルファ)の免疫原性・有効性・安全性を評価しました。Dr Ri Liesner(グレート・オーモンド・ストリート小児病院、英国、ロンドン)がNuwiq®(シモクトコグアルファ)の免疫原性・有効性・安全性の最終データを初めて発表しました。患者は実投与日数(ED)にして最大100日間にわたって追跡を受けました 本試験の治験責任医師であるDr Liesnerは、次のようにコメントしています。「NuProtect試験は血友病Aにおけるインヒビター発現
カテゴリー:

オクタファルマ、未治療患者(PUPs)でNuwiq®(シモクトコグアルファ)を検討するNuProtect試験の最終結果をASH 2019で報告すると発表 - 12月03日(火)19:51 

スイス・ラッヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オクタファルマは、NuProtect試験の最終結果をDr Ri Liesner(グレート・オーモンド・ストリート小児病院、英国、ロンドン)がフロリダ州オーランドで開催される2019年米国血液学会(ASH)第61回年次総会にて口頭発表すると発表しました。 Dr Liesnerは、次のようにコメントしています。「NuProtect試験グループを代表してこれらのデータを発表できることに感激しています。データは、臨床での意思決定のための情報として役立ち、Nuwiq®が未治療患者(PUPs)にとっての有効な治療選択肢であると医師と患者に安心していただける貴重な証拠となるはずです。」 NuProtect試験は、血友病Aの真の未治療患者において単一のFVIII濃縮製剤を検討した前向き試験としては最大規模となります。本試験では、未治療患者108人でヒト細胞株由来組み換え型第VIII因子Nuwiq®(シモクトコグアルファ)の免疫原性・有効性・安全性を評価しました。Nuwiq®の免疫原性・有効性・安全性に関する最終結果は初め
カテゴリー:

国内唯一の大規模鉄道技術展「第6回 鉄道技術展」、社会インフラ構造物、モニタリング、維持管理の技術展「第3回 橋梁・トンネル技術展」が11月27日開幕 - 11月28日(木)14:00 

本日開幕!2年に1度の大規模鉄道技術展安全・安心・快適・環境・省エネを追求した国内唯一の大規模鉄道技術展「第6回 鉄道技術展」社会インフラ構造物、モニタリング、維持管理の技術展「第3回 橋梁・トンネル技術展」11月27日(水)~11月29日(金)幕張メッセ5~8ホールフジサンケイビジネスアイ(東京都千代田区大手町/代表取締役社長 鶴田 東洋彦)主催、株式会社シー・エヌ・ティ(東京都千代田区神田須田町/代表取締役社長 田中 雄治)がオーガナイザーを担当する、安全・安心・快適・環境・省エネを追求した国内唯一の鉄道技術の専門展「第6回鉄道技術展」、社会インフラ構造物の長寿命化を支える保全技術展「第3回橋梁・トンネル技術展」が、本日開幕となりました。「鉄道技術展」は、鉄道・交通システムやインフラ技術、施設、電力、輸送、運行管理、車両、インテリア、旅客サービス関連他あらゆる鉄道分野の技術が横断的に会する総合見本市として2010年から開催しています。初回開催時212社・団体の出展から、回を重ねるごとに規模を拡大。前回(2017 年開催)は、525社・団体の出展と32,000名を超える関係者の方に来場いただきました。そして今回は、535社・団体の出展を数えるまでに至りました。「橋梁・トンネル技術展」は、鉄道にも大きく関連する技術テーマに特化した併設展で、次世代につながる橋梁・トンネル建設や維持管...more
カテゴリー:

HGF遺伝子治療用製品「コラテジェン(R)」 米国での新しいガイドラインに基づく閉塞性動脈硬化症を対象とした臨床試験開始のお知らせ - 11月22日(金)15:00 

アンジェス株式会社(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:山田英、以下当社)は、HGF遺伝子治療用製品ベペルミノゲン ぺルプラスミド(コラテジェン(R)筋注用4mg、以下本品)につき、米国において下肢潰瘍を有する閉塞性動脈硬化症の患者を対象にした臨床試験を開始致します。閉塞性動脈硬化症のうち、包括的高度慢性下肢虚血の治療に関しましては、米国、欧州、アジア・オセアニアの血管外科学会の共同のもとにグローバルな治療指針1)が本年6月に公表され、患者さんのQOLの観点から病気の進行に合わせた治療が示されました。グローバルな治療指針を踏まえて、これまで対象とした患者さんと比べて下肢切断リスクの低い患者さんを対象とした試験を実施し、米国での承認取得を目指します。第III相試験に先立ち、小規模な臨床試験で、当該患者さんでの下肢潰瘍の改善効果を確認致します。本試験では、約60例を集積予定としております。なお、開発計画につきましては、FDA(アメリカ食品医薬品局)と協議をし、合意が得られております。本品は国内においては2019年3月26日に慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症およびバージャー病)における潰瘍の改善を効能効果又は性能として条件期限付き承認を受け、2019年9月10日から田辺三菱製薬株式会社が販売を開始しております。なお、今年度の通期連結業績に与える影響は現在精査中であり、他の要素も含め業績予...more
カテゴリー:

エミクススタト塩酸塩に関する論文が 「Drug Discovery Today」誌に掲載されました - 12月09日(月)11:00 

2019年12月9日 窪田製薬ホールディングス株式会社 エミクススタト塩酸塩に関する論文が 「Drug Discovery Today」誌に掲載されました  窪田製薬ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、当社の100%子会社アキュセラ・インク(本社:米国ワシントン州、以下「アキュセラ」)が開発している治療薬候補である「エミクススタト塩酸塩」(以下、「エミクススタト」)の網膜変性疾患に対する治療効果に関する論文が、創薬関連情報を掲載する学術雑誌「Drug Discovery Today」に掲載されたことをお知らせいたします。 記 掲載誌 : Drug Discovery Today 題名 : “Pharmacotherapy for Metabolic and Cellular Stress in Degenerative Retinal           Diseases” 「網膜変性疾患の主要原因である網膜の代謝要求や細胞ストレスを抑制する働きのある薬物療法について(訳)」 本文 : https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1359644619304556 本研究の内容と意義  本稿では、視覚サイクルを調節する働きがあるエミクススタトが網膜の代謝を軽減するとともに細胞ス...more
カテゴリー:

エミクススタト論文、IOVS掲載のお知らせ - 12月02日(月)11:02 

2019年12月2日 窪田製薬ホールディングス株式会社 「エミクススタト塩酸塩」の前臨床データに関する論文が「Investigative Ophthalmology & Visual Science (IOVS)」誌に掲載されました  窪田製薬ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、当社の100%子会社アキュセラ・インク(本社:米国ワシントン州、以下「アキュセラ」)が開発している治療薬候補である「エミクススタト塩酸塩」(以下、「エミクススタト」)の非臨床データに関する論文が、米国の視覚と眼科学研究協会(ARVO)が発行する学術雑誌「Investigative Ophthalmology & Visual Science (IOVS)」に掲載されたことをお知らせいたします。 記 掲載誌 : Investigative Ophthalmology & Visual Science (IOVS) 題名 : “Emixustat reduces metabolic demand of dark activity in the retina” 「エミクススタトが低照度環境における網膜内の過剰なエネルギー消費を抑制する 薬理作用があることを立証(訳)」 本文 : https://iovs.arvojournals.org/arti...more
カテゴリー:

ウパダシチニブについて、強直性脊椎炎患者さんの症状などに関するデータを2019年ACR/ARP年次総会で公表 - 11月26日(火)11:00 

2019年11月26日 アッヴィ合同会社 ウパダシチニブについて、強直性脊椎炎患者さんの徴候および症状に関するポジティブデータを2019年ACR/ARP年次総会で公表 ●活動性強直性脊椎炎(AS)の成人患者さんを対象としたSELECT-AXIS 1試験において、プラセボ群と比較して、ウパダシチニブ群(15 mg 1日1回投与)が主要評価項目の投与14週時ASAS40反応率を達成1 ●詳細な結果は、アトランタで開催された2019年ACR/ARP年次総会にて公表 ●安全性プロファイルは、過去に様々な適応症を対象に実施した試験と一致、新たな安全性リスクは検出されず1,2 ●ASは、主に脊椎や関節の疼痛やこわばりを伴う慢性炎症性疾患で、全世界において500万人以上が罹患 3,4 イリノイ州ノースシカゴ、2019年11月12日(米国時間)-グローバルなバイオ医薬品企業であるアッヴィは、SELECT-AXIS 1試験、第II/III相試験のポジティブデータを発表しました。本試験は、活動性強直性脊椎炎(AS)の成人患者さんを対象とした臨床試験で、投与14週時の国際脊椎関節炎評価学会基準(ASAS)40反応率において、プラセボ群と比較して、ウパダシチニブ群(15 mg、1日1回)で2倍の患者さんが主要評価項目を達成しました(52% 対 26%、p<0.001)1。SELECT-...more
カテゴリー:

【悲報】NTT「AIで英語偏差値64突破した」 これ企業は偏差値64未満のやつ雇うくらいならAI買うやろ… - 11月20日(水)10:27  livejupiter

NTTは11月18日、同社で開発したAIに2019年センター試験の英語筆記本試験を解かせ、200点中185点(偏差値64.1)を獲得したと発表した。 同社が16年に行った手法に比べて約90点成績を伸ばした。 前回の学びから、さまざまな“試験対策”を施した結果だという。 同社は、NTTグループのAI関連技術「corevo」の研究と、国立情報学研究所(NII)が主導する「ロボットは東大に入れるか」(東ロボ)プロジェクトの一環として、センター試験の英語筆記本試験にAIで挑んだ。 過去3年分の本試験と追試験でも、偏差値60以上を安定して上回ったとい...
»続きを読む
カテゴリー:

「本試験」の画像

もっと見る

「本試験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる