「本試験」とは?

関連ニュース

Terns Pharmaceuticals、NASH治療薬として開発中のSSAO阻害剤TERN-201の進行中の第1相臨床試験から得た良好な中間結果を発表 - 08月14日(水)18:21 

米カリフォルニア州フォスターシティ & 上海--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)とがんの革新的治療薬の創薬と開発に取り組む世界的バイオ製薬会社のTerns Pharmaceuticals, Inc.は本日、TERN-201の進行中の第1相臨床試験の中間結果を発表しました。TERN-201は、NASHの治療薬として開発中のセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ(SSAO)阻害剤です。 TERN-201のヒト初回投与試験から得た中間データは、単回経口投与されたTERN-201の忍容性が良好であることを証明し、投与中止につながる重要な安全性の知見も得られず、有害事象も観察されませんでした。検討されたそれぞれの投与量において、血漿SSAO活性はベースラインから低下しました。活性の低下はTERN-201の単回投与から最長で1週間にわたり維持されました。これらの結果に基づき、本試験は複数回投与の段階へと進められました。 Ternsの最高医学責任者(CMO)であるエリン・クワーク(M.D.)は、次のように述べています。「TERN-201
カテゴリー:

VRはある種の手術訓練に効果がある、VR手術訓練のスタートアップによる研究結果 - 08月06日(火)11:30 

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のDavid Geffen(デヴィッド・ゲフェン)医学校で実施された最近の検証試験によると、VR(バーチャルリアリティー)が手術の訓練に多大な効果をもたらす可能性がある。 本研究は、VR手術訓練のスタートアップであるOsso VRの資金提供を受けて行われたもので、同社の訓練手法を利用した被験者は、総合的な手術能力が230%向上した。 これは膨大な数値だが、バーチャルリアリティー訓練の効果に関する研究はまだ始まったばかりだ。 それでも、この「脛骨骨幹部骨折に対する髄内釘による外科技術訓練におけるバーチャルリアリティーツールのランダム化対照試験」は、バーチャルリアリティーによる訓練が現実世界の状況に役立つという長年抱かれてきた仮説を実証する第一歩だ。 バーチャルリアリティー訓練の特徴は「いつでも」「どこでも」行える応用性であるとOsso VRは謳っており、今回の研究結果は一定の制御環境下で同社の主張が正しい可能性を示唆している。 UCLAは、Osso VRの技術について追加の試験、検証、および実用化の可能性を検討する価値があるかどうかを調べるためにこの試験を行った。 UCLAの研究では、20人の被験者を一定の習熟度に達するまで従来の訓練を受けた群、およびVR訓練を受けた群とに分割した。次に被験者は脛骨髄内釘固定のシミュレーションを実施し、被験...more
カテゴリー:

<スーパー大麦「バーリーマックス」摂取による腸内発酵試験(ラット試験)>バーリーマックスの発酵性食物繊維は遠位結腸に到達、高β-グルカン大麦と比べ、有意に総短鎖脂肪酸濃度を増加 - 08月06日(火)10:00 

『腸の奥からの健康を考える研究会』(座長:帝京平成大学健康メディカル学部教授 松井輝明)の研究活動の一環として、大妻女子大学家政学部 青江誠一郎教授(本研究会委員)と帝人株式会社と共同で、ラットへのスーパー大麦「バーリーマックス(BARLEYmax)」摂取による盲腸および結腸の腸内発酵に及ぼす影響についての試験を行いました。本試験に基づく研究成果が、2019年6月11日付で科学・医療雑誌「PLOS ONE」(Public Library of ...
カテゴリー:

統合失調症および双極性障害うつを対象としたルラシドンの国内における製造販売承認申請について - 07月31日(水)11:41 

2019年7月31日 大日本住友製薬株式会社 統合失調症および双極性障害うつを対象としたルラシドンの国内における製造販売承認申請について 大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、7月31日付けで、「統合失調症」および「双極性障害におけるうつ症状の改善」を適応症として、ルラシドン塩酸塩(一般名、以下「ルラシドン」)の国内における製造販売承認申請を行いましたので、お知らせします。 ルラシドンは、当社が創製した独自な化学構造を有する非定型抗精神病薬であり、ドパミンD2、セロトニン5-HT2A、セロトニン5-HT7受容体に親和性を示してアンタゴニストとして作用し、セロトニン5-HT1A受容体にはパーシャルアゴニストとして作用します。ルラシドンは、当社グループの中核製品であり、米国などで「LATUDA®」の製品名で販売されており、北米における2018年度の売上収益は1,845億円でした。 このたびの国内での申請には、ルラシドンの統合失調症を対象としたフェーズ3試験(JEWEL試験)および双極Ⅰ型障害うつを対象としたフェーズ3試験(ELEVATE試験)のデータが含まれています。JEWEL試験およびELEVATE試験の速報結果については、それぞれ2019年1月10日付けおよび2017 年6月9日付けのプレスリリースでお知らせしています。 当社は、ルラ...more
カテゴリー:

日本で唯一実施している[住宅診断士]の資格試験!受験者向けイベントを8/20(火)開催!「JSHI公認ホームインスペクター資格試験ガイダンス」申込受付中 - 07月31日(水)10:00 

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成および支援を主たる事業として掲げ、JSHI公認ホームインスペクター資格試験(以下、資格試験)を実施するNPO法人 日本ホームインスペクターズ協会(東京都新宿区、理事長:長嶋 修、略称:JSHI)は、毎年1,000名を超える受験申込がある本試験に先駆け、受験に申し込みをした方、受験を検討している方に向けた資格試験ガイダンスを、2...
カテゴリー:

宅建合格までに5000時間掛かった人が居るらしい( ´・ω・` ) - 08月11日(日)12:16  poverty

練炭自殺の現場にマンションを建てたらやっぱりヤバかった 大島てるが語る“あるオーナーの悲劇” https://bunshun.jp/articles/-/13273?page=1 2013年度合格 塩田 徳浩さんの合格体験記 受講講座 プレミアムフル 受講形態 通学 2013(平成25)宅建本試験結果と勉強時間 勉強時間はトータルで5000時間位はかかったと思います。 直前1年だと2000時間前後。 http://www.lec-jp.com/takken/reason/success/2013/shiota_norihiro.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

適切な抗血栓療法は?冠動脈疾患を持つ心房細動 - 08月06日(火)10:00 

同様の試験はこれまでも報告されてきましたが、本試験はNOAC vs VKAの公平性の点では一番適切と言えるかもしれません。小田倉弘典氏(土橋内科医院院長)が解説します。
カテゴリー:

【マンション管理士・管理業務主任者試験 全国公開模試】11/9(土)、11/16(土)に全国20会場で実施! - 08月05日(月)15:00 

[TAC株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/21078/372/resize/d21078-372-429932-1.png ] 会場受験では、本試験さながらの臨場感を体験することができます。また、当日に来られないという方には自宅での受験(自宅受験)も可...
カテゴリー:

dasotralineの成人の中等症から重症の過食性障害(BED)を対象としたFDAによる新薬承認申請の受理について - 07月31日(水)10:27 

2019年7月31日 大日本住友製薬株式会社 ドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤 dasotralineの成人の中等症から重症の過食性障害(BED)を対象としたFDAによる新薬承認申請の受理について 大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)の米国子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下「サノビオン社」)は、米国において提出していたドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤(DNRI)であるdasotraline(一般名、以下「本剤」)の成人の中等症から重症の過食性障害(BED)を対象とした新薬承認申請が、このたび米国食品医薬品局(FDA)によって受理されたことを2019年7月30日(米国東部時間)に発表しましたので、お知らせします。  本剤の処方薬ユーザーフィー法(PDUFA)に基づくFDAの審査終了目標日は、2020年5月14日です。 本剤は、血中濃度半減期が長いという薬物動態プロファイルを有しており、1日1回投与で24時間にわたって持続的に中等度から重度のBED症状をコントロールすることが期待されています。 本剤は、中等症から重症のBED患者を対象とする2つの12週間の無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験※において有効性が確認されました。また、本剤は、最長1年間の安全性を評価する長期投与試験(SEP360-3...more
カテゴリー:

「本試験」の画像

もっと見る

「本試験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる