「本格中華」とは?

関連ニュース

【新型コロナに負けるな!】 免疫細胞を活性化させる新メニューやお得なテイクアウトも続々登場。 中国茶房8(エイト)で新型コロナウイルスの影響を乗り切ろう!! - 03月23日(月)12:00 

有限会社興正(本社:東京都渋谷区)が運営する中国茶房8では、新型コロナウイルスの影響で安心して外食を楽しむことのできない皆様へ向けて、少しでもお力になれるよう、8店舗すべてでメニューと料金の大幅改定をいたしました。こんな時だからこそ、おいしい料理をお得にご賞味ください。中国茶房8は皆様の健康を「食」で応援いたします!◆中国茶房8とは◆北京ダック専門店の中国茶房8は、名物料理の北京ダックをはじめ、手作り水餃子や小皿料理などが人気の中華料理店。本場のシェフが手作りにこだわって作る約300種の圧倒的な料理はどれもコストパフォーマンスが良く、絶対に知っておいて損は無いお店。デカすぎる羊の丸焼きや、太すぎる太麺焼きそば(ベルト麺)、ご飯が我慢できなくなる麻婆豆腐などのインパクトのある料理はもちろん、店内の変わったオブジェなどもSNS映えがする飲食店として、老若男女を問わず人気のお店です。ホームページアドレス:http://www.cceight.com/◆コロナ対策第1弾! 免疫活性化!! 発酵食品、生姜、ニンニク!2020年2月28日、免疫を高めるといわれる食材をふんだんに使った新料理が登場。コロナウィルスに負けないためには、細菌やウイルスから体を守ってくれる免疫細胞を活性化させることが大切です。免疫力をアップする食材は、発酵食品を中心に、ニンニク・生姜・芋、きのこなどです。今回登場した料...more
カテゴリー:

ハマスタに「濱星樓」が誕生 横浜中華街初監修 - 03月17日(火)10:23 

 横浜スタジアムに“中華街”が誕生する?! DeNAは16日、ハマスタに新設された左翼席3階に新店舗「濱星樓(はますたろう)」をオープンすると発表した。横浜中華街初監修の店舗で麻婆豆腐(税込み700円)、肉まん(同350円)など本格中華が楽しめる。横浜中華街発展会協同組合の高橋伸昌理事長は「多くの皆さまに愛される店舗となることを願っております」とコメントした。
カテゴリー:

アートホテル大分 「モダンチャイニーズ」をコンセプトに新設 - 03月20日(金)09:00 

2020/3/20 マイステイズ・ホテル・マネジメント   アートホテル大分は、1階レストランフロアを改装し「Modern Chinese OPERA(モダンチャイニーズ オペラ)」を新設、3月20日(金・祝)ランチタイムより営業開始いたします。   ヨーロッパにも陸続きでつながる広大な国土に、4千年を超えて進化を続けた中華料理はフレンチやトルコに並び世界の三大料理のひとつとして日本でも親しまれています。素材のうまみを生かす広東料理、北方民族料理や宮廷料理を受け継ぐ北京料理、魚介をふんだんに使った上海料理、寒い地方で発汗促進や食欲増進を促す役割を果たす刺激的な香辛料使いが特徴の四川料理など、高度な技術を要する本格中華はホテル内グルメ定番の料飲施設です。今回新設する「Modern Chinese OPERA」では、ホテルシェフによる本格中華をベースに、量は少なく種類は多く楽しみたいという女性のお客様やおひとり様でのご利用、写真を撮りながらテーブルを囲むソーシャルネットワーキングなどマーケットのニーズに合わせ「モダンチャイニーズ」をコンセプトにオリジナルメニューを開発いたしました。タパス(小皿料理)や迫力の大皿料理、フレンチのテクニックや食材を使ったフュージョンメニューなどのほか、紹興酒を使ったハイボールや大分「安心院ワイナリー」のスパークリングワインとのフ...more
カテゴリー:

【野球】ハマスタに本格中華店 横浜中華街発展会が初監修 DeNA、2020年改修第6弾 - 03月16日(月)14:37  mnewsplus

DeNAは16日、『コミュニティボールパーク』化構想に基づき、2020年改修第6弾として、横浜スタジアムに新設されるレフト側スタンド3階に、新店舗「濱星樓(はますたろう)」が誕生すると発表した。 横浜中華街の発展のために活動する横浜中華街発展会協同組合の監修を初めて受け、横浜スタジアムで本格中華を楽しめる。 麻婆豆腐や海鮮あんかけ焼きそば、マンゴー杏仁プリンなど食べ応えのある逸品を取りそろえる。 同組合の高橋伸昌理事長は「『濱星樓』で発売されるメニューは、横浜中華街発展会協同組合監修のもと度重なる試食を...
»続きを読む
カテゴリー:

「本格中華」の画像

もっと見る

「本格中華」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる