「本戦トーナメント」とは?

関連ニュース

【将棋】世にも珍しい“桂馬タワー”が完成 1つの筋に桂馬4枚全てが並ぶ珍事 大ベテラン棋士も「見たことない」と仰天 - 02月06日(月)15:14  mnewsplus

 「駒柱」ならぬ「桂馬タワー」の完成だ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の本戦トーナメント準決勝第2試合、チーム谷川 対 チーム木村が2月4日に放送された。この第2局、チーム谷川・谷川浩司十七世名人(60)と、チーム木村・高野智史六段(29)が中盤の競り合いの場面で、7筋に全4枚の駒が集中する珍しい局面が誕生。解説していた大ベテラン棋士からも「縦に4枚並んだのは見たことがない」と驚きの声が飛んだ。 【映像】世にも珍しい桂馬タワーが完成  桂馬といえば、将棋の中で...
»続きを読む
カテゴリー:

自慢の早繰り銀研究で永瀬王座が出口六段に勝利しベスト8進出 第8期叡王戦 - 01月25日(水)11:41 

第8期叡王戦は、本戦トーナメント1回戦の永瀬拓矢王座―出口若武六段戦が1月24日(火)に東京・将棋会館で行われました。対局の結果、159手で勝利した永瀬王座が2回戦進出を決めました。
カテゴリー:

【棋王戦】藤井聡太竜王が渡辺明棋王に先勝、史上最年少6冠へ好発進 メリハリ指し手さらに洗練 - 02月05日(日)19:31  mnewsplus

2/5(日) 19:03配信 日刊スポーツ 昼食後に対局が再開され盤面を見つめる藤井聡太五冠(代表撮影)  藤井聡太竜王(王位・叡王・王将・棋聖=20)が史上最年少6冠を目指して渡辺明棋王(38)に挑戦する、将棋の第48期棋王戦コナミグループ杯5番勝負第1局が5日、長野市「長野ホテル犀北館」で行われた。午前9時から始まった対局は先手の藤井が勝ち、初の棋王奪取と史上最年少6冠に向け、好発進した。第2局は18日、金沢市「北國新聞会館」で行われる。 【写真】腕組みをして盤面を見つめる渡辺明棋王  藤井が攻めかかった。寄せ...
»続きを読む
カテゴリー:

山崎八段がベスト8進出 7期ぶりの戴冠に向け前進 第8期叡王戦 - 01月18日(水)10:25 

第8期叡王戦は、本戦トーナメント1回戦の山崎隆之八段―船江恒平六段戦が1月17日(火)に関西将棋会館で行われました。対局の結果、116手で勝利した山崎八段が2回戦進出を決めました。
カテゴリー:

こんなの見てる