「期順位戦」とは?

関連ニュース

通算勝利記録に師弟対決、大注目の順位戦B級1組 - 09月17日(火)12:00 

第78期順位戦B級1組の対局が12日、一斉に行われました。谷川浩司九段は松尾歩八段との対局を117手で勝利。通算1325勝目を挙げ、加藤一二三九段を抜いて歴代単独3位の勝ち数となりました。第1位は現在も更新中の羽生善治九段の1443勝、2位は大山康晴十五世名人の1433勝となっています。
カテゴリー:

谷川浩司九段が歴代単独3位の1325勝 - 09月13日(金)00:33 

 将棋の谷川浩司九段(57)は12日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第78期順位戦B級1組で、後手の松尾歩八段(39)に117手で勝ち、勝数が歴代単独3位となる1325勝目を挙げた。
カテゴリー:

藤井七段、順位戦4連勝 - 09月03日(火)20:53 

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太七段(17)は3日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第78期順位戦C級1組4回戦で、高橋道雄九段(59)に勝ち、順位戦4連勝とした。同組には今期、36人が参加、来年3月まで10回戦を戦い、上位2人がB級2組に昇級する。
カテゴリー:

谷川九段インタビュー「3年前より、一つ上で戦えている」考え変わり、将棋ソフト導入も - 09月13日(金)16:39 

加藤一二三九段抜く歴代3位、1325勝  21歳という最年少名人の記録を持つ将棋の谷川浩司九段(57)が12日に関西将棋会館であった第78期順位戦(毎日新聞社など主催)B級1組5回戦で松尾歩八段(39)に勝ち、加藤一二三九段(引退)を抜いて歴代単独3位となる通算1325勝を達成した。終局後、報道陣の
カテゴリー:

谷川九段が1325勝 加藤一二三九段抜き単独3位に - 09月13日(金)00:05 

 将棋の谷川浩司九段(57)は12日、大阪市福島区の関西将棋会館で指した第78期順位戦(毎日新聞社など主催)B級1組5回戦で松尾歩八段(39)に117手で勝って通算1325勝(853敗、3持将棋)とし、加藤一二三九段(引退)と並んでいた勝利数を抜き、歴代単独3位とした。
カテゴリー:

「期順位戦」の画像

もっと見る

「期順位戦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる