「有料化」とは?

関連ニュース

オンライン物流ネットワーク・トラボックスが、船井総研ロジと提携し、中小運送会社業務支援システム「トラじろう」の利用社拡大・推進。また、2019年3月1日より有料化へ。 - 02月22日(金)17:00 

荷物を運んで欲しい人とトラック運送事業者を結ぶオンライン物流ネットワーク「トラボックス」(URL http://www.trabox.ne.jp)を運営するトラボックス株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役・吉岡泰一郎)は、平成31年3月1日より、船井総研ロジ株式会社(本社・東京都千代田区、代表取締役・菅重宏)と業務提携し、中小運送会社業務支援システム「トラじろう」(http://trajiro.jp)の利用社拡大と促進を図ります。トラックドライバーが14万人以上不足すると言われているトラック運送業界において、繁忙期のトラック不足はますます問題になっており、今後、さらに深刻になるのは必至です。これまでトラック保有台数の多い大手トラック運送会社向けに展開されていた「トラック配車システム」とは異なり、「トラじろう」は、全運送事業者の99.9%を占めるという中小零細トラック運送会社のニーズに沿った形で提供しております。■「トラじろう」の主たる機能・受注管理・配車管理・ドライバー報告機能・日報作成・請求書発行■「トラじろう」の4つの特徴1.これまで大半の中小トラック運送会社が、ホワイトボードを利用して手書きで管理していた「配車表」をシステム化し、トラボックスの月間平均10万件を超える求荷求車サービスの情報とワンクリックで連動します。空いているトラック情報をワンクリックで公開することで売上...more
カテゴリー:

プラスチックごみ削減へ、レジ袋有料化を義務づけ - 02月22日(金)15:13 

 使い捨てプラスチックの25パーセント削減に向けた国の新たな削減案が決定し、レジ袋有料化の「義務付け」などが盛り込まれました。
カテゴリー:

【環境】プラごみ25%削減決定へ レジ袋有料化も義務化…中央環境審議会 - 02月22日(金)12:00  newsplus

プラごみ25%削減決定へ レジ袋有料化も義務化 2019/2/22 10:52 中央環境審議会は22日の小委員会で、ペットボトルなど使い捨てプラスチックの排出量を 2030年までに25%削減する環境省の「プラスチック資源循環戦略案」を議論した。 同日決定する見通し。戦略案には小売店へのレジ袋有料化の義務付けも盛り込んだ。 ただ排出削減の比較対象となる基準年は、産業界の異論などに配慮して明示しなかった。 原田義昭環境相への答申を経て、政府の「循環戦略」に格上げする。 深刻な海洋汚染を招くプラごみ問題は世界的な関心が高ま...
»続きを読む
カテゴリー:

コンビニのレジ袋、有料でも全面禁止 亀岡市が条例制定へ - 02月21日(木)16:53  poverty

「保津川下り」で知られる京都府亀岡市が、 観光資源である桂川へのポイ捨て一掃などを狙い、 市内の小売店で配られているプラスチック製レジ袋を禁止する条例の制定を目指している。 有料、無料を問わず来店客への提供を禁ずる内容で、成立すれば全国初。2019年度中に 市議会に条例案を提案し、20年夏にも施行したい考えだ。 市は代わりにエコバッグや紙袋の利用を想定するが、市民や小売店の理解を得られるかは不透明だ。 目指す条例は市内のスーパーやコンビニなど小売店約760店舗にプラスチック製レジ袋の 提供を禁ずる内...
»続きを読む
カテゴリー:

東京入管、外国人への味噌汁・醤油の提供中止 牛肉豚肉も - 02月15日(金)12:21 

長期収容が問題視されるなか、「実質的な有料化」という批判も上がっている。 View Entire Post ›
カテゴリー:

環境省「レジ袋の有料化を義務付ける。不便なのはそれを不便と考えなければいい」 - 02月22日(金)15:26  poverty

レジ袋有料化義務付け=プラごみ削減戦略了承-環境省審議会 中央環境審議会(環境相の諮問機関)の小委員会は22日、レジ袋の有料化を義務付ける方針を盛り込んだ、プラスチックごみの削減戦略を了承した。 環境省は今後、有料化に向けた具体案づくりに取り組む。 削減戦略では、レジ袋を有料化することで、要らない人はもらわないよう、消費者のライフスタイルの変革を促す。 また、ストローや食器などでプラスチック以外の素材で代替できるものは、紙やバイオマスプラスチックへの転換を推奨する。 環境省は2030年まで...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境汚染】レジ袋有料化正式決定 使い捨てプラ30年までに25%減 - 02月22日(金)13:55  bizplus

国の中央環境審議会の専門委員会は22日、レジ袋の有料化の義務付けを含む使い捨てプラスチックの削減戦略案を決定した。使い捨てプラスチックの排出削減へ、2030年までに25%減らす目標を定めた。レジ袋有料化はスーパーやコンビニエンスストアなどの小売業を対象に、20年度以降に義務化する方針だ。 プラスチックによる海洋汚染が深刻になっており、数値目標を設けて対策を急ぐ。レジ… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 2019/2/22 13:33 日本経済新聞 電子版 https://ww...
»続きを読む
カテゴリー:

「スタイリング/」 ミュルーズ染織美術館収蔵柄で商品 - 02月22日(金)10:59 

 マッシュスタイルラボの「スタイリング/」は豊島がサブライセンスで生産する仏「ミュルーズ染織美術館」収蔵柄を使ったアイテムを発売した。【関連記事】マッシュの「コスメキッチン」 ショッパーを有料化 スタイリング/のデ...
カテゴリー:

【東京入管】収容者への牛・豚肉の提供中止 味噌汁と醤油も中止 「兵糧攻め」と批判上がる - 02月15日(金)12:54  newsplus

長期収容が問題視されるなか、「実質的な有料化」という批判も上がっている。 2019/02/15 12:19 Kota Hatachi https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/immi-moj6 東京入国管理局が、収容している外国人に出している給食で、味噌汁と、小分けのパックに入った醤油の提供を中止していたことが、BuzzFeed Newsの取材でわかった。同時に、牛肉と豚肉の提供も止めたという。 入管はその理由を「一部の収容者に対する宗教的な配慮」としている。 味噌汁とパック醤油は、希望者がお金を出して購入する方式に変わった。一方、味噌と醤油...
»続きを読む
カテゴリー:

オルビス宅配ボックス5000個配布、再配達問題解決へ実証実験 - 02月14日(木)13:15 

 オルビスが、7月から再配達削減に向けた実証実験を始める。自社の会員顧客5000人を対象にオリジナルの宅配ボックスを配布。成果を検証し、将来的に宅配ボックスの販売も検討する。時間の制約など商品の受け渡し時に生じるストレス解消を図り、社会課題となっている再配達問題の解決を図るとともに、顧客の利便性向上を図る。  購入手段の多様化が進む中、一方で受け取りは対面で行う必要があり、自宅で待機する必要があるなどストレスが再配達の増加につながっている。こうした中、オルビスでは、独自の宅配ボックスを5000個製作。3月以降、年間購入金額の高い会員顧客など優良顧客を中心にモニターの参加応募を受け付け、7月に配布する。  配布する宅配ボックスは、住宅・オフィス等の関連商品の製造・販売を行うナスタが製作したもの。布製だが防水で折り畳み式の簡易設置タイプ。オルビス以外の荷物の受け取りにも利用してもらう。  宅配ボックス配布による実証実験の取り組みは、すでに複数社が行っている。ただ、5000人(世帯)規模の実証実験は最大規模とみられる。配布後、3カ月をめどにアンケート調査を行い効果を検証する。  EC市場の拡大で宅配便の取扱い個数が増加する中、その約2割が再配達にまわっているとされる。内閣府が行った調査では、再配達を減らす有効な取り組みとして、「コンビニ等での受け取りの促進」(約47%)に続き、「...more
カテゴリー:

もっと見る

「有料化」の画像

もっと見る

「有料化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる