「最高裁第」とは?

関連ニュース

「客は二重払いにならないか」の声も 東横イン、NHKに未払い受信料19億円の支払い確定で物議 - 08月17日(土)08:34  liveplus

 24日、NHKがビジネスホテルの全国チェーン店「東横イン」に設置されたテレビの受信料が支払われていないとして、 「東横イン」とグループ会社に支払いを求めていた訴訟で、最高裁第二小法廷が、東横インの上告を退け、計19億3500万円の支払いを命じた2審判決が確定。 国の判断とNHKに怒りの声が噴出している。  訴訟は平成24年1月から26年1月に未払いとなっていたホテルのテレビ約3万4000台の受信料が対象で、NHKはその全てを支払うよう東横イン側に求め、訴訟に踏み切った。  1審で、東横イン側は「NHKとの間に一部は支払いを...
»続きを読む
カテゴリー:

【NHK受信料問題】ニュース解説・ワンセグのNHK受信料契約義務の最高裁判例 N国党#立花代表の敗訴が原因だった - 08月14日(水)22:42  newsplus

【憲法何でもOK】放送法  テレビを視聴できるワンセグ機能付きの携帯電話を持つと、NHK受信料の契約義務が生じるかどうかが争われた四件の訴訟の上告審決定で、最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)は、義務はないと主張する原告の上告をいずれも退けた。十二日付。契約義務を認め、NHK勝訴とした二審東京高裁判決が確定した。同種訴訟が最高裁で確定するのは初めて。  放送法六四条は、NHKの放送を受信できる設備を設置した者は契約義務があると規定。自宅にテレビがなく、ワンセグのみで視聴した場合もこの規定が適用さ...
»続きを読む
カテゴリー:

借金の相続放棄 知ってから3カ月以内なら可能 最高裁初判断 - 08月09日(金)18:43 

 死亡した父が伯父の債務を引き継いでいたことを3年後に知った子が、その時点で伯父からの相続を放棄できるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は9日、「債務の相続人になったと知ってから3カ月以内であれば放棄できる」との初判断を示した。裁判官4人全員一致の意見。
カテゴリー:

在外被爆者遺族の敗訴確定 死後20年で請求権消滅 - 08月09日(金)18:41 

 広島で被爆後に帰国した韓国籍の男性らが被爆者援護法の適用外とされたのは違法として、遺族が国に損害賠償を求めた二つの訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は原告側の上告を退ける決定をした。7日付。死後20年で賠償請求権が消滅する「除斥期間」を過ぎたとの理由で原告側敗訴とした二審大阪高裁判決が確定した。
カテゴリー:

諫早開門訴訟、最高裁、9月13日に判決 - 08月08日(木)09:43 

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡って国が確定判決に基づく潮受け堤防排水門の開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は7日までに、上告審判決を9月13日に言い渡すことを決めた。上告審では二審の結論を変更する際に必要な手続きとなる弁論を開いていて、開門を命じる確定判決を事実上無効化した福岡高裁判決が見直される可能性がある。 一連の訴訟で、有明海沿岸の漁業者が勝訴原告の開門命令の確定判決と、干拓地の営農者らが求めている開門差し止めの確定判決が並立している。
カテゴリー:

【NHK受信料問題】ニュース解説・ワンセグのNHK受信料契約義務の最高裁判例 N国党#立花代表の敗訴が原因だった★2 - 08月15日(木)07:18  newsplus

【憲法何でもOK】放送法  テレビを視聴できるワンセグ機能付きの携帯電話を持つと、NHK受信料の契約義務が生じるかどうかが争われた四件の訴訟の上告審決定で、最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)は、義務はないと主張する原告の上告をいずれも退けた。十二日付。契約義務を認め、NHK勝訴とした二審東京高裁判決が確定した。同種訴訟が最高裁で確定するのは初めて。  放送法六四条は、NHKの放送を受信できる設備を設置した者は契約義務があると規定。自宅にテレビがなく、ワンセグのみで視聴した場合もこの規定が適用さ...
»続きを読む
カテゴリー:

小型特殊車でけん引したら「無免許」だとして罰金刑 → 実は適法だったので9年後に無罪 誰か途中で気づけよ - 08月10日(土)12:50  poverty

2019年8月10日(土) 境の男性「無免許けん引」 罰金命令間違い 無罪 「非常上告」で最高裁判決 けん引免許を持たずに小型特殊自動車でトレーラーをけん引したとして、道交法違反の罪で境町の農業男性(66)に罰金を科した9年前の略式命令は間違いだったとして、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は9日、命令を破棄し、無罪判決を言い渡した。小型特殊車は、けん引免許が不要だった。 判決によると、男性は2009年10月、境町の路上で、トレーラーを引いて小型特殊車を運転。古河簡裁が10年4月、同法違反の罪で罰金25万円の略式命令を出...
»続きを読む
カテゴリー:

愛知夫婦強殺、死刑確定 最高裁、訂正申し立て棄却 - 08月09日(金)18:42 

 愛知県碧南市で平成10年、会社役員の男性と妻を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた無職、堀慶末(よしとも)被告(44)の死刑が確定した。一、二審に続き死刑とした最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)が、上告を棄却した最高裁判決に対する被告の訂正申し立てを退ける決定をした。7日付。
カテゴリー:

借金放棄、相続人有利に 本人認知から3カ月可能 最高裁が初判断 - 08月09日(金)15:10 

 伯父が残した債務を、相続放棄しないまま父親が死亡し、その債務を引き継ぐ形になった子供はいつまでに相続放棄すれば返済を免れるのか。疎遠な親族の借金を知らないうちに背負ってトラブルになりがちな事例が争われた訴訟の上告審判決で最高裁第2小法廷は9日、「子供自身が債務の相続人になったと知ってから3カ月の間に放棄すればよい」との初判断を示した。相続放棄は無効と主張した債権者の上告を棄却した。裁判官4人全員一致の結論。
カテゴリー:

諫早異議訴訟で最高裁、判決期日9月13日に指定 - 08月08日(木)08:46 

 長崎県の国営諫早湾干拓事業を巡り、潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の無効化を国が求めた請求異議訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は7日、判決期日を9月13日に指定した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「最高裁第」の画像

もっと見る

「最高裁第」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる