「最適化」とは?

関連ニュース

農業が文明を滅ぼす時代に、SFがなすべきこと:ソニーCSL舩橋真俊 × SF作家・津久井五月 - 11月22日(日)17:00 

雑誌『WIRED』日本版Vol.37では「Sci-Fiプロトタイピング」を総力特集。書き下ろし短篇「地下に吹く風、屋上の土」を寄稿したSF作家・津久井五月は作品制作のために、3名の賢人にインタヴューした。最後に訪ねたのは、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の舩橋真俊。生物多様性が失われゆく現在、地球規模の生態最適化なくして人類文明に未来はないのかもしれない。「WIRED CONFERENCE 2020」にも登壇予定の両者の対談からは、生態系全体の免疫力のサイクルを上げることの重要性が見えてきた。
カテゴリー:

Reactを自作しよう - 11月22日(日)12:20 

Reactを自作しようこの記事は Build your own React を翻訳したものです。 Reactを1から書き直していきます。 実際のReactコードのアーキテクチャに従いますが、最適化機能と必須ではない機能は今回は実装しません。 Step 1: createElement関数 Step 2: render関数 Step 3: Concurrent Mode Step 4: ファイバー Step 5: Render Phase と C...
カテゴリー:

Next.js 10 の画像最適化システム next/image を読んで理解を深める - 11月21日(土)19:46 

Next.js 10 の画像最適化システム next/image を読んで理解を深める※ ソースコードは 2020/11/20 時点の canary ブランチを参照しています。 Next.js 10 では next/image から提供されるコンポーネントを使用することで、開発者が特別に意識することなく画像を最適化することができるようになりました。リリースのタイミングで Next.js Conf が開催されていたこともあり、この機能は大き...
カテゴリー:

Chrome開発チームよありがとう!今度のアップデートで軽く、速くなるぞ - 11月21日(土)08:30 

2008年にGoogle Chrome(クローム)が登場して以来(未訳記事)、それは常に私の生活に寄り添ってきた。実際、Chromeのローンチは、私が当時働いていたスタートアップを、初めてTechCrunchに取り上げてもらう役に立った(未訳記事)。 私たちは祝杯をあげ、Chromeは輝いていた。私たちは初日からのファンだった。 しかし、時間が経つにつれて、Chromeは少し遅くなり、少し重くなり、そして少し悪化して、かつてのロマンスはすっぱいものとなり始めた。 この劣化はGoogle検索で起きたことと似ていた。そこでは非常に良いアイデアが機能性、スピード、ユーザーの幸せを犠牲にして、ゆっくりとより多くのお金を稼ぎ出すものに変わっていった。その進化の自然な成り行きの詳細はここに(CNBC記事)。 私は短気な子供のようなので、Chromeに起きたことに当惑させられてきた(使うために1ドルも支払ったことがないソフトウェアではあるが)。問題点をはっきりさせるために、何年もの間、Chromeに対して発した文句を1つか2つのツイートにまとめようとしたが、結局5月以降の少なくとも9つの例を見つけて私はうんざりした気持ちになった(1、2、3、4、5、6、 7、8、9)。話を先に進めることにしよう。 一体、Chromeに何が起きてしまったのだろう?私にはわからない。時間が経つにつれて、RAMの使用...more
カテゴリー:

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」12月22日上場へ。上場4年目にして達成 - 11月20日(金)19:28 

ロボアドバイザーの「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する株式会社ウェルスナビは11月18日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたと発表した。上場日は2020年12月22日の予定で、想定発行価格1100円、公募株数250万、売出株数1309万4300。オーバーアロットメントは155万9400株。証券コードは7342。主幹事はSBI証券、大和証券。その他の取扱い証券会社は、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、岡三証券。 「WealthNavi」はスマートフォンで利用できるロボアドバイザーで、6~7つのETF(上場投資信託)を通じ、世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資するサービスを提供。資産配分の決定から発注、積立、リバランス、税金最適化まですべて自動で行い、30代~50代の「忙しく働く世代」を中心に、資産形成をサポートする。 同社は2015年4月に創業。代表取締役の柴山和久氏は東京大学を卒業後、日英の財務省で予算や税制、金融など幅広い仕組みづくりに携わった経験を持つ。退職後はマッキンゼーに勤務、機関投資家のサポートやリスク管理、資産運用プロジェクトを手がけた。 17年1月に株式会社SBI証券と提携し「WealthNavi for SBI証券」の提供を開始。以降は全日本空輸株式会社(ANA)、ソニー銀行株式会社、株式会社イオン銀行などと...more
カテゴリー:

月に3日間、約1万円から!都心に「もうひとつの家」を持てるサブスク - 11月22日(日)15:00 

暮らしの最適化の追求をビジョンに掲げる「株式会社Unito」から、新しい暮らしのサブスクプランがリリースされた。「urban(アーバン)」は、月に3日間、1万500円から東京の都心にもうひとつの家を持てるプラン。1ヶ月あたり3日間、5日間、10日間の3タイプから、希望の日数を選択できる。複数の物件が用意されており、立地や広さなど希望に合ったものが見つかりそう。契約月は1ヶ月間ずっとunito Shibuya、あるいはunito CHIYODAに、荷物と郵便の受け取りおよび通知サービスを設定しておくことが可能だ。自宅でテレワークがはかどらない人の作業場として、リモートワークの導入で郊外へ引っ越した人の、月に数回の出社前夜に泊まる家としてなど、働き方に伴って変化する暮らし方に寄り添ったプランといえるだろう。実際に暮らせる部屋など、サービスの詳細はこちらでチェックを。Top image: © 株式会社Unito
カテゴリー:

自動車で本革シートにしない奴ってバカだろ? 見た目が格好良いしぬめっとした感覚が最高なんだぞ - 11月22日(日)12:19  poverty

https://mainichi.jp/articles/20201109/ctp/00m/020/001000c レクサスISがマイナーチェンジ! スポーティさを高めた外観と徹底的に磨き上げた運動性能に注目 ブラックを基調にした特別仕様車も用意 レクサスは、スポーツセダン「IS」をマイナーチェンジ。同時に特別仕様車「F SPORT Mode Black」を設定し、11月5日より発売した。 新しくなったレクサスISのイメージ 1999年の誕生以来、クルマを操る楽しさを追求したモデルとして支持され、これまでグローバルで約110万台を販売してきた。今回のマイナーチェンジモデルは、愛知...
»続きを読む
カテゴリー:

アルゴンヌ国立研究所、1万個以上のセンサーを使って交通状況を瞬時に予測! - 11月21日(土)09:00 

米国エネルギー省(DOE)のアルゴンヌ国立研究所の研究者らは、ローレンスバークレー国立研究所が主導するモビリティシステムの設計・計画に関するプロジェクトの一環として、交通状況を予測するAIシステムを開発中だ。 ロサンゼルスの交通網を対象に設計されたAIシステムは、従来のものに比べて劇的に多くのセンサーを利用していて、アルゴンヌ国立研究所のスーパーコンピュータを活用することで、高速で正確な予測を実現している。 向こう1時間の交通状況をミリ秒以内に予測 研究者らは、カリフォルニアの高速道路に設置した1万1160個ものセンサーからデータを取得。約半年ぶんデータを使用してモデルをトレーニングした。 スーパーコンピュータを利用することでモデルのトレーニング時間を大幅に削減でき、高性能なデスクトップコンピュータで1週間かかる工程を3時間で完了する。 こうして作成されたAIシステムは、過去1時間のデータからミリ秒以内に、向こう1時間の交通状況を予測可能だ。 交通網全体のダイナミクスを捉える あるエリアの交通状況は、付近の交通の速度と流れの影響を受ける。このため、システムはエリアごとの交通のパターンと同時に、交通の速度と流れも予測している。モデルの予測を自動的に改善するグラフベースのディープラーニングを利用することで、交通網全体のダイナミクスを捉えられるようになった。 また、大規模なネットワークを...more
カテゴリー:

ロボアドバイザーをおすすめできない人の5つの特徴とは? - 11月20日(金)19:58 

近年、資産運用の世界で話題となっているロボアドバイザーは各ユーザーに適した資産運用のあり方を提案し、実践においてもきめ細かく支援してくれることから、投資初心者から経験者まで幅広いユーザーに支持されています。 しかし一方で、利用するユーザー側の意識や心構え、投資スタンスなどが原因でロボアドバイザーが上手に活用できていないケースもみられます。今回は、ロボアドバイザー投資をおすすめできない方の共通点を洗い出し、特徴を5つのタイプにまとめましたので、ロボアドバイザーを始める場合の参考としてご活用ください。 目次 【特徴1】自分が希望する運用スタイルを認識していない人 1-1.ロボアドバイザーは2種類のタイプがある 1-2.自分に合うタイプのロボアドバイザーを選ぶ 【特徴2】情報収集や勉強を怠る人 2-1.各ロボアドバイザーのスペックや特徴を把握する 2-2.各社ロボアドバイザーの概要 【特徴3】投資経験・知識について自信過剰な方 3-1.自信過剰がロボアドバイザー投資失敗の原因に 3-2.ロボアドバイザーに提案されたプランで運用する 【特徴4】資金を一括で投資したいと考える人 4-1.リスク分散しない一括投資は危険 4-2.リスク分散積立で運用する 【特徴5】短期目線で投資を考える人 5-1.ロボアドバイザーの投資戦略は株式投資やFXと異なる 5-2.ロボアドバイザーは長期投資で運用する...more
カテゴリー:

ダタイク、機械学習を導入する共通の顧客の増加を受けてSnowflakeとの統合を強化 - 11月20日(金)19:02 

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界有数のエンタープライズAI・機械学習プラットフォームのダタイクは本日、データクラウド開発企業のSnowflakeとの間で、Snowflake Partner Connectのエリート・テクノロジー・パートナーとして戦略的パートナーシップを拡大しました。ダタイクは、エリート・ステータスを持つごく少数のSnowflakeパートナーの1社であり、これはリーダー企業である両社が50社以上にサービスを共同提供していることの反映です。 ダタイクとの統合により、組織はSnowflake Partner Connectからダタイクのデータサイエンス・プラットフォームのプロビジョニングと導入を容易に行うことができ、ユーザーはデータの準備、分析、機械学習で即座に協業しつつ、Snowflakeのプラットフォームをデータソースおよび計算エンジンとして活用できます。 ダタイクとSnowflakeは、相乗効果のあるエンタープライズ対応AIソリューションによって、データサイエンス・プロジェクトの作成、導入、最適化を簡素化し、データのサ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「最適化」の画像

もっと見る

「最適化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる