「最終試験」とは?

関連ニュース

月額2600円で使える有料版「ChatGPT Plus」がついに登場 - 02月02日(木)09:59 

OpenAIが開発したチャットAIの「ChatGPT」は、MBAの最終試験に合格したり、大学生レベルの試験の自由記述問題に合格したりするくらいに精巧な文書を生成することができるということで話題を呼んでいます。そんなChatGPTの有料版となる「ChatGPT Plus」が、月額20ドル(約2600円)で登場しました。
カテゴリー:

「ChatGPT」で小説を書いている作家にAIを使ったらどうなったのかインタビュー、AIで小説を書く方法や倫理的な課題について一問一答 - 01月28日(土)18:00 

OpenAIが開発したチャットボット「ChatGPT」は、経営学修士課程(MBA)の最終試験で合格点を獲得したり、研究論文の著者として名を連ねたりといった活躍を見せており、AIを活用して創作を行う人も増えています。Leanne Leedsというペンネームでミステリー小説を執筆し、AmazonのKindleで矢継ぎ早に長編小説を発表している小説家のジェニファー・レップ氏が、IT系ニュースサイト・The Vergeのインタビューに回答しました。
カテゴリー:

「ChatGPT」、MBAの最終試験に「合格」--ペンシルバニア大教授が報告 - 01月25日(水)11:29 

ペンシルバニア大の教授が、AIチャットボット「ChatGPT」にMBAの最終試験を解答させ、「B」評価の合格点に相当すると報告した。
カテゴリー:

教授「はいこんちは、それじゃ今日は最終試験やりますねー」ワイ「ファッ!?」 - 01月31日(火)20:42  livejupiter

ワイ「問題むっちゃ簡単やん......」 教授「試験時間一時間ね~終わったら前置いてって退室してくださ~い忘れ物ないようにね~」 ワイ「なんか良もらえてるわ.....」 教授やる気なさすぎやろ 他の教授はみんなガチモードやのに ...
»続きを読む
カテゴリー:

ChatGPTがロースクールの試験で合格点を獲得、ただし優秀な生徒にはなれない様子 - 01月26日(木)13:05 

OpenAIが発表した対話型AI「ChatGPT」は、大学生レベルの自由記述試験や経営学修士課程(MBA)の最終試験で合格点を取ったり、ChatGPTが書いた論文の要旨を研究者は見抜けないと指摘されたりと、文章生成能力の高さが話題になっています。2023年1月に新たに報告された内容では、ChatGPTがロースクール生用の選択肢問題と小論文を合わせた試験に繰り返し挑戦したところ、ChatGPTは全ての試験で合格点を獲得したことが示されています。
カテゴリー:

ChatGPTがMBA・経営学修士課程の最終試験に合格したという報告 - 01月24日(火)14:00 

ペンシルベニア大学ウォートンスクールの研究チームが、OpenAIの対話型AI「ChatGPT」に同校の経営学修士課程(MBA)の最終試験を受けさせる実験を行い、ChatGPTが見事に合格点を取ったことを発表しました。
カテゴリー:

こんなの見てる