「最先端技術」とは?

関連ニュース

「島」とともに飛翔せよ! 無限社会の扉を開くために『未来科学 Eアイランド――無限循環エネルギー時代への「扉」――』2021年9月27日発売! - 09月22日(水)10:00 

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『未来科学 Eアイランド――無限循環エネルギー時代への「扉」――』(清水 美裕 著)を2021年9月27日に発売いたします。――――――――――――――――――――――――――無限循環エネルギーが進化の扉を開く!エネルギー技術開発の先駆者が示す、無限の可能性に満ちた未来!子供時代や学生時代に「無限の可能性」を信じていた人も、大人になると分別を身につけていきます。「自分なんて」「人間なんて」とわきまえる分別は正しい処世術のようにも思えますが、一方では自分たちを「有限の発想」に押し込めてしまいます。そして、無限の可能性から遠ざかってしまうのです。しかし、本当に豊かで、公正で、誰もが幸福になれる「未来」を創るには、エネルギッシュな発想が求められます。従来の価値観のまま歩むのではなく、これまでになかった本格的なイノベーションに力を注ぎ、より有用な技術を開発し、実用化を目指さなければならないのです。現在、「分子電池」や「常温超電導素子」などの基礎技術は、応用と実用化への道をたどりつつあります。夢のエネルギー革命は遠い未来の空想物語ではないのです。本書は最先端技術によって広がる未来を提示するシリーズの第3弾です。第1弾『未来科学2050――SFの世界を現実にする日本の技術―...more
カテゴリー:

高市早苗前総務相、安全保障とリスク最小化に焦点 将来を見据え最先端技術にも言及 - 09月18日(土)16:53 

高市早苗前総務相は17日、自民党総裁選の所見発表演説会で、安全保障問題への対応とリスクの最小化を最重要課題とし、日本経済強靭化と積極的な危機管理投資を行っていくと訴えた。日本の伝統的価値観を大切にし、時代に沿う各種政策を打ち出し、次の世帯によりよい未来を創造する考えを示した。
カテゴリー:

上田慎一郎監督「めっちゃいい」ハリウッド使用の最先端技術使った撮影語る - 09月14日(火)19:18 

上田慎一郎監督(37)が14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたオムニバス映画「DIVOC-12」(ディボック-トゥエルブ、10月1日公開)完成披露試写会で、米ハリウッドでも使用される、最先端の映像制作技術「バーチャルプロダ…
カテゴリー:

テクノロジーで持続可能な食インフラを創る「TechMagic」の新たな事業展開 - 09月08日(水)13:00 

AIやロボティックスなどの最先端技術を活用した新たな食インフラの創造を目指す、TechMagic株式会社。同社は、慢性的な人手不足や高コスト構造に悩む食産業に対するソリューションとして、一連の調理工程・単純作業を自動化する各種ロボットや、「味」を可視化して均一にするIoTセンサーデバイスなどを開発してきました。 また、ロボットの開発を通じ、多様化する食のニーズを満たすパーソナライズされた食体験など、新しい価値を提供するフードサービスの創出にも注力しています。そんな同社がこのたび、新たな事業展開を発表しました。 TechMagicのロボット 同社は株式会社プロントコーポレーションと共に、全自動パスタ調理ロボット「P-Robo」を開発中。これは、独自開発したロボットアームにより、麺を茹でるところから、具材・ソースの供給、混ぜ合わせ、加熱、さらに調理後の鍋洗浄といった複雑な作業まで自動化できるロボットです。 一部の作業を自動化するロボットと違い、省力化ではなく省人化を実現できるという点が強みのひとつでしょう。なお、「P-Robo」は熟練の調理技術を再現した美味しいパスタを従来のオペレーションと同等のスピードで提供するようです。 また、2台のロボットが協調して洗浄後の食器を自動で仕分ける「finibo」も開発しています。「finibo」には、ベルトコンベア上から食器を取り上げるロボット(P...more
カテゴリー:

【国家戦略特区】三菱電機やDNPなど民間27社協力の「6町スーパーシティ構想」 地域通貨や医療で実証実験 選定遅れるも先行実施 三重 - 09月06日(月)11:21  newsplus

【スーパーシティ構想に先行してヴィソンで取り組む医療や移動の先端技術を披露する関係者=多気町のヴィソンで】 6町スーパーシティ構想 地域通貨や医療で実証実験 特区選定遅れるも先行実施 三重 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210906-00000515-isenp-l24  多気町など六町が申請した国家戦略特区「三重広域連携スーパーシティ構想」が8月6日、内閣府から「もっと大胆な規制改革を」と再提案を求められた。再提出は特区申請した全国31件全てが対象。特区の選定は総選挙後に持ち越されたが、関連事業は7月に全面開業...
»続きを読む
カテゴリー:

Smart119、山梨県内の救急搬入の効率化に向け実証開始 - 09月20日(月)07:00 

医療技術は最先端テクノロジーの活用や新たな学術研究などによって発展を遂げています。一方で、医療技術の発展だけでは解決することが難しいのが「非効率な救急搬入」や「たらい回し」といった救急業務の課題のようです。 こうした課題の解決に取り組んでいるのが、千葉大学医学部発のスタートアップ株式会社Smart119。救急医療情報サービス「Smart119」を筆頭に様々なサービスを開発・提供しています。 同社はこのたび、「Smart119」が山梨県主催の「TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業」のライフサイエンス部門に認定されたことを発表しました。本事業は、同県全域を対象に最先端技術(医療、エネルギー、モビリティ、農業など)の実証実験を行い、社会実装を目指すというもの。 Smart119社は、山梨県内の救急搬入の効率化(時間短縮、救命率向上)を実現すべく、地域特性に最適化したシステムの開発・運用に取り組みます。 地域毎に最適化した「Smart119」の展開に向けて 「Smart119」は、急性期医療に不可欠である「適切な病院の選択」「早急な搬入」「搬入後の迅速で正確な対処治療」を支援する救急医療支援システムです。実際の救急・医療現場から開発され、現在千葉市において運用されています。 医療資源(医療機関、人員など)や地域特性に大きく左右される救急医療。医療機関数が多いものの、救急出動...more
カテゴリー:

EYとマイクロソフト、戦略的パートナーシップを拡大  - 09月15日(水)10:10 

・バックオフィスと公的支出管理業務の変革および最新化の促進 ・企業がエンタープライズデータから潜在価値を引き出し、活用できるよう、業界初となるデータファブリックソリューションを構築 ・信頼に裏打ちされた革新的なクラウドベースプラットフォームを活用して規制セクターの変革を支援 ・人材と研修に大規模に投資して製品とサービスを広範に提供   EYとマイクロソフトは、EYのビジネス発想力とマイクロソフトのクラウドテクノロジーの組み合わせをさらに進化させて、双方のクライアントに長期的価値をもたらすために、戦略的パートナーシップを拡大したことをお知らせします。今回のパートナーシップ拡大で、両社は、クライアントに今後5年間で150億米ドルの新たな成長の機会をもたらすことを目指しています。これを実現するために、両社は、協働して新たなソリューションやプラットフォームの立ち上げに注力し、企業がデジタル変革を通じてビジネス上の課題や社会的課題を広く解決できるよう支援します。   この戦略的パートナーシップの下で、両社は、クライアントのバックオフィス業務の変革と、金融サービス、エネルギー、ヘルスケア、政府・自治体、製造などの主要規制セクターの革新に重点的に取り組みます。この他に、ビジネス変革を促進するマネージドサービスの創出や、潜在的価値の活用、業界初となる信頼性のある企業規模のデータ...more
カテゴリー:

ユニステラとニコン、eVscope 2で一般消費者向け天文学を刷新 圧倒的な画像とスリリングな科学的発見を指一本で楽しめる - 09月14日(火)15:00 

ユニステラ(Unistellar)は、ニコンとのパートナーシップによって生まれた、世界で最も高性能な一般ユーザー向けデジタル望遠鏡の新製品「eVscope 2」を発表します。本日より、ユニステラ社サイト(https://unistellaroptics.com/evscope2/)にて、先行予約を開始します。また、10月よりニコンダイレクト(ニコン直営オンラインショップ)からも予約開始予定です。販売価格は529,800円(税込み)。「eVscope 2」は、従来の「eVscope」に新開発の最先端技術を搭載し、さらにニコンの電子接眼レンズ・テクノロジーを採用しています。この「eVscope 2」では、深宇宙の美しさや秘密を、これまで以上に速く、鮮明に体験することができます。また、ユーザーフレンドリーなデイリー観測キャンペーンを通して、科学者たちと一緒に、知識の限界にチャレンジすることもできます。ユニステラの「eVscope2」の詳細はunistellaroptics.com/evscope2をご覧ください。宇宙があなたを待っています。ニコンとのパートナーシップによって生まれた、この世のものとは思えない、素晴らしいビジュアルの天体観測体験eVscope 2の最大の特徴は、ニコンが開発した驚くほど鮮明な接眼レンズです。世界の最先端を行くニコンの光学技術によって開発されたレンズを採用する...more
カテゴリー:

SABIC、150度C高温対応車載コンデンサにおけるELCRES(tm) HTV150誘電体フィルムの検証結果をPCIM ASIA 2021展で発表 - 09月06日(月)14:00 

日本・東京、2021年9月6日 - 化学業界のグローバルリーダーであるSABIC(日本法人:SHPPジャパン合同会社、東京都千代田区)は、9月9日から11日まで中国・深圳で開催される「PCIM Asia 2021」に出展(ブース#E19)し、2つのプレゼンテーションを実施することを本日明らかにした。同展でSABICは、ハイブリッド自動車、プラグイン・ハイブリッド自動車、電気自動車(xEV)の主機インバータなど、高電圧、高温への対応が求められるプロフェショナル・グレードのコンデンサ用途における顧客ニーズに応えて開発された誘電体フィルム「ELCRES(tm) (エルクレス)HTV150」を展示紹介する。この革新的なソリューションは、135度Cから150度Cの動作温度範囲において、既存フィルム製品を上回る電圧および温度性能を発揮し、炭化ケイ素(SiC)をベースとした次世代インバータ技術への移行に寄与する。またSABICでは、コンデンサの製造と性能をサポートするフィルムの導入に向け、バリューチェーン全体に渡る継続的な取り組みについても紹介する。同展においてSABICは、9月10日(金)12:25~14:00(中国現地時間)に開催されるAutomotive Power Electronics(自動車用パワーエレクトロニクス)のセッションにおいて、テクノロジー&イノベーション部門チーフサイエン...more
カテゴリー:

ユニコーン(UNICORN)の評判は?メリット・デメリットや投資の始め方も - 09月04日(土)01:35 

将来性のあるベンチャー企業に投資をする方法として、株式投資型クラウドファンディングサービスが注目されています。株式投資型クラウドファンディングは、投資を求める企業や企業に関する情報を探しやすいのが特徴で、中でも上場企業が運営する「ユニコーン(UNICORN)」は、人気のAI関連の案件も多く、未上場の成長企業に投資できるサービスとして話題になっています。 そこでこの記事では、「ユニコーン」の特徴やメリット・デメリット、評判について詳しく解説します。ベンチャー企業に投資をしたい方、AI分野の未上場株式を取得したい方は参考にしてみてください。 ユニコーンのウェブサイトを見る ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 株式投資型クラウドファンディング「ユニコーン(UNICORN)」とは 1-1.未上場の成長企業に投資できる 1-2.上場企業によるサービス運営 1-3.人気のAI案件を中心に提供 ユニコーンのメリット 2-1.成長企業の株主になれる 2-2.経済的なリターンが期待できる 2-3.有望なビジョンを持つ企業を応援できる ユニコーンのデメリット 3-1.好きなタイミングで現金化できない 3-2.株式の価値は保証されていない 3-3.1...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる