「景気後退」とは?

関連ニュース

【米株オワタ】120年で一度しか間違ったことのない景気後退シグナルが点灯中 - 04月11日(木)16:12  poverty

過去120年で一度しか間違ったことのない、景気後退を示す警戒すべき兆候が現れている。 「ECRI景気先行指数」はこの1年で低下し始めていると、トップエコノミストのラクシュマン・アチュータンが語っている。 GDP成長率や雇用市場も特定の分野で弱くなっており、これはアメリカにとってトラブルにつながる可能性があるという。 トップエコノミストによると、アメリカ経済は過去120年で一度しか間違ったことのない景気後退を示す典型的な警告を点滅させているという。 景気循環の専門家であり、経済循環研究所(ECRI)の共同設立者...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】「新NISA民」、120年間1度しか間違ったことがない景気後退シグナルが点灯し始めて騒めき出すwww - 04月10日(水)11:39  poverty

120年で一度しか間違ったことのない景気後退シグナルが点灯中(海外) https://news.yahoo.co.jp/articles/76f47cc42675f338c9a4c2c3496fddc5131be12d 過去120年で一度しか間違ったことのない、景気後退を示す警戒すべき兆候が現れている。 「ECRI景気先行指数」はこの1年で低下し始めていると、トップエコノミストのラクシュマン・アチュータンが語っている。 GDP成長率や雇用市場も特定の分野で弱くなっており、これはアメリカにとってトラブルにつながる可能性があるという。 トップエコノミストによると、アメリカ経済は過去...
»続きを読む
カテゴリー:

アルゼンチン大統領「中国はクソ!バイバイ!」→「やっぱ無理でした…」 現実知り方針転換 wwwww - 04月06日(土)09:10  news

無政府資本主義者のアルゼンチン大統領、中国を前に現実主義に転換 世界の途上国は貿易や財政、安全保障の問題で頼る相手として米国と中国のどちらを選ぶべきかという選択を迫られている。アルゼンチンほどそうした判断の難しさに直面している国はない。 276%のインフレ率や国債デフォルトの歴史、過去10年間に6回のリセッション(景気後退)により、アルゼンチンは中南米の他のどの国よりも中国に依存している。 ハビエル・ミレイ氏は8カ月前、自身が大統領に就任すれば、中国との関係を抑制すると公約。「暗殺者と取引する...
»続きを読む
カテゴリー:

またもや最高値更新の「金」、不動産危機におびえる中国人投資家が買う(Forbes JAPAN) - 04月04日(木)10:30 

米国の景気後退リスクが取り沙汰されることもなくなり、S&P500などの株価指数が過去最高を更新、そしてビットコインのようなリスクの高い投資先も史上最高値を記録する中、最古の投資先の1つである金(ゴール
カテゴリー:

2008年の景気後退を予測したローゼンバーグ氏、S&P500の下落を再度警告…その根拠となる3つのテクニカル指標とは - 03月25日(月)06:30 

「1年前も懐疑的でしたが、今はもっと懐疑的になっています」とデビッド・ローゼンバーグ氏は述べています。
カテゴリー:

ベテラン投資家「何が起こるかわからないときは何が起こるかわからないと言っている人が正しい」 - 04月11日(木)16:05  poverty

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、2023年の振り返り、2024年の見通しを投資家にあてて書いている。 私の経験では投資環境には2種類ある: 投資家が将来起こることをわかっていると感じている時と、そうでない時だ。 私は将来のマクロ予想はできないとの懐疑を抱いており、人が何が起こるかわからないと言っている時こそ正しい場合が多いと考えている。 マークス氏が投資家にあてた4日付「Memo」で、経済市場の不確実性について語った。 一例として2016年末からのトランプ・ラリーを紹介している。 当時の《...
»続きを読む
カテゴリー:

120年で一度しか間違ったことのない景気後退シグナルが点灯中 - 04月10日(水)11:00 

ほぼ完璧な実績を持つ景気下降指標が、アメリカ経済に赤信号を点滅させています。
カテゴリー:

アルゼンチン大統領「中国はクソ!バイバイ👋」→「中国無しじゃ無理です…」 現実知り方針転換 wwwww - 04月06日(土)08:56  poverty

無政府資本主義者のアルゼンチン大統領、中国を前に現実主義に転換 世界の途上国は貿易や財政、安全保障の問題で頼る相手として米国と中国のどちらを選ぶべきかという選択を迫られている。アルゼンチンほどそうした判断の難しさに直面している国はない。  276%のインフレ率や国債デフォルトの歴史、過去10年間に6回のリセッション(景気後退)により、アルゼンチンは中南米の他のどの国よりも中国に依存している。  ハビエル・ミレイ氏は8カ月前、自身が大統領に就任すれば、中国との関係を抑制すると公約。「暗殺者と取引...
»続きを読む
カテゴリー:

景気後退懸念が消えた今、株式投資で注目すべき5つのセクターとは。モルガン・スタンレーのポートフォリオ・マネージャーが語る - 04月02日(火)06:40 

アメリカ経済は2022年の景気後退から回復しつつあると、モルガン・スタンレーのアンドリュー・スライモン氏は述べています。 景気循環(景気敏感)セクターのバリュー株は、市場平均を上回ると予想されています。 一方、景気の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は、経済が好調に推移すると期待されるなか、出遅れる可能性が高くなっています。
カテゴリー:

こんなの見てる