「映画ファン」とは?

関連ニュース

【映画】洋画はどうして「ダサい邦題」が付けられるのか?★2 - 01月19日(土)00:40  mnewsplus

1/18(金) 6:10配信 ビジネス+IT https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00035768-biz_plus-bus_all&p=1  洋画が日本公開される際、その題名が独自の邦題になったとたん、「ダサく」感じる。映画のプロモーションも、映画と直接関係があるとは言い難いタレントが使われることがある。そんな風に感じたことはないだろうか。こうした批判はこれまで何度も繰り返されてきたが、「ファンの声」は“無視”され続けている。これは一体なぜなのだろうか? 今回も素朴な疑問の答えを調べた。 ●なぜ邦題はダサいのか  洋画...
»続きを読む
カテゴリー:

「ダサい邦題」「タレントでPR」、熱心な映画ファンが“無視”される事情 - 01月18日(金)06:10 

洋画が日本公開される際、その題名が独自の邦題になったとたん、「ダサく」感じる。映画のプロモーションも、映画と直接関係があるとは言い難いタレントが使われることがある。そんな風に感じたことはないだろうか。こうした批判はこれまで何度も繰り返されてきたが、「ファンの声」は“無視”され続けている。これは一体なぜなのだろうか? 今回も素朴な疑問の答えを調べた。
カテゴリー:

十文字映画祭、2月9日開幕 テーマ多彩、12作品上映 - 01月13日(日)11:48 

 「第28回あきた十文字映画祭」が2月9日から3日間、秋田県横手市十文字町の十文字文化センターで開かれる。県南の映画ファンでつくる実行委員会(小川孝行代表)の主催。邦画やアジア映画の新作を中心に12作…
カテゴリー:

「人間は頑強さではなく、欠点が美しい」米映画祭に登場したティモシー・シャラメのコメント全文を掲載 - 01月08日(火)08:30 

アカデミー賞最優秀脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメ。映画界だけでなくファッション界においても今一番ホットな俳優であるティモシーが出演する新作『ビューティフル・・・
カテゴリー:

映画.comが目撃した、2018年の舞台挨拶での美しき涙 - 12月28日(金)12:00 

 2018年の日本映画界、実にさまざまな“事件”が起こった。これまで数多くの作品に出演してきた名優たちの逝去、製作費300万円の「カメラを止めるな!」が興行収入30億円を突破する大ヒット、「クイーン」のフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ「ボヘミアン・ラプソディ」の社会現象といっても過言ではないムーブメントは記憶に新しい。そして、封切り初日に行われる舞台挨拶、完成披露試写会などでは、人気の俳優や女優が撮影時に思いを巡らせ、サプライズで読み上げられた予期せぬ手紙に、思わず涙を流す光景が多く見られた。映画.comでは、取材で目撃した“美しき涙”を通して、1年を振り返る。 ・【写真特集】舞台挨拶で涙を流した俳優・女優  新年早々の1月9日に涙をこぼしたのは、「未成年だけどコドモじゃない」の大ヒット御礼舞台挨拶に立った平祐奈。晴れ着姿で登壇したが、作品への“愛”を語るうち目を真っ赤にしながらも、懸命に客席へ思いを伝えた。続いて1月27日、阿部寛が主演する「新参者」シリーズの完結編「祈りの幕が下りる時」の初日舞台挨拶では、溝端淳平が阿部への8年越しの感謝の気持ちを涙ながらに伝えれば、感極まった田中麗奈がもらい泣きするひと幕も見られた。  初々しい、爽やかな涙も多く流れた。2月17日に行われた「パンとバスと2度目のハツコイ」初日舞台挨拶では、銀幕デビューを主演で飾った深川麻衣が、メガ...more
カテゴリー:

【映画】洋画はどうして「ダサい邦題」が付けられるのか? - 01月18日(金)22:38  mnewsplus

1/18(金) 6:10配信 ビジネス+IT https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00035768-biz_plus-bus_all&p=1  洋画が日本公開される際、その題名が独自の邦題になったとたん、「ダサく」感じる。映画のプロモーションも、映画と直接関係があるとは言い難いタレントが使われることがある。そんな風に感じたことはないだろうか。こうした批判はこれまで何度も繰り返されてきたが、「ファンの声」は“無視”され続けている。これは一体なぜなのだろうか? 今回も素朴な疑問の答えを調べた。 ●なぜ邦題はダサいのか  洋画...
»続きを読む
カテゴリー:

『サスペリア』美と狂気の“マダム・ブラン”日本限定ステッカーを10名様にプレゼント - 01月13日(日)12:00 

 『君の名前で僕を呼んで』で女性を中心に映画ファンを虜にしたルカ・グァダニーノ監督が1977年のホラー映画の傑作をリメ…
カテゴリー:

【配信サイト】日本初!ホラー映画専門の動画配信サービス「OSOREZONE」2月誕生 - 01月08日(火)15:52  mnewsplus

[映画.com ニュース]  映画情報サイト「映画.com」が、日本初となる、ホラー映画に特化した定額見放題の動画配信サービス「OSOREZONE(オソレゾーン)」を2月にスタートする。 同サービスでは、国内外から集めたホラー映画・ドラマが、月額500円(税別)で見放題。PCのブラウザ、スマートフォンアプリ(iOS、Android)でストリーミング視聴に対応する。サービス開始時にはゾンビ映画の大量配信などを予定している。 ここ数年、世界の興行マーケットではホラー映画が存在感を示しており、2017年には「IT イット “それ”が見えたら...
»続きを読む
カテゴリー:

【CS・BS 今週の狙い撃ち】まだまだ若いイーストウッドをじっくり堪能 「ブロンコ・ビリー」 - 01月08日(火)07:30 

 今の若い映画ファンにとってのクリント・イーストウッドといえば、良質な作品を次々と撮っていく映画監督というイメージが強いかもしれません。
カテゴリー:

「映画ファン」の画像

もっと見る

「映画ファン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる