「明治維新」とは?

関連ニュース

小栗旬の龍馬、ついに登場 青木祟高の顔芸も話題の『西郷どん』新章突入 - 07月16日(月)11:22 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の26話が7月15日に放送され、SNS上は小栗旬演じる坂本龍馬の初登場に熱狂した。【写真】写真で振り返る! 幕末の英雄続々登場で新展開『西郷どん』26話フォトギャラリー 徳之島、沖永良部島に流されて1年半、吉之助(鈴木亮平)が薩摩に戻ってきた。藩主・茂久(長田成哉)は、父・久光(青木祟高)の意向に反し、京へ上れと命令する。 かねてから吉之助の“上京”を要請していた一蔵(瑛太)は、その知らせをある人物に告げに行く。それが岩倉具視(笑福亭鶴瓶)であった。さらに吉之助の噂は、勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)の耳にも入る。 吉之助が入った京では、朝廷、幕府、有力諸藩がともに政治を行う「参預会議」が行われていた。だが、慶喜(松田翔太)は考えをころころと変え、周囲を困惑させるばかり。話が決裂した久光は、「もうええって! 無理無理無理! 一蔵帰っど! おいはもう帰る! 帰る帰る」とだだをこねて立ち去ってしまう。そんな状況の中、一蔵は吉之助に「薩摩を救ってくいやい」と懇願する。彼の答えは……。 今回から「革命編」がスタートし、明治維新でおなじみの志士たちが登場した。その中でも以前から期待の大きかった坂本龍馬演じる小栗旬に対する反響が大きく、「小栗龍馬キターーーーーー!!!」「小栗旬かっこいいぜよ」とSNS上が熱狂した。 前半を盛...more
カテゴリー:

「僕と小栗さんの関係が、西郷さんと坂本龍馬に似ていると思いながら演じています」鈴木亮平(西郷吉之助)【「西郷どん」インタビュー】 - 07月15日(日)20:50 

 吉之助が島から召還され、物語が大きく動き始めた大河ドラマ「西郷どん」。京に上った吉之助は、坂本龍馬(小栗旬)、勝海舟(遠藤憲一)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、桂小五郎(玉山鉄二)といった英傑たちと出会い、明治維新に向かって突き進んでいく。通称“革命編”と呼ばれる新章のスタートに合わせて、主演の鈴木亮平が見どころを語ってくれた。 -革命編では、新たに4人の英傑たちが登場します。彼らと西郷の交流が大きな見どころですが、お芝居の面で変化はありますか。  魅力的な方ばかりなので、彼らをより輝かせるためにはどうしたらいいのか。それを一番に考えています。これまでは、吉之助がどう考えているかを中心に演じてきましたが、今は彼らが何を考えているか、彼らに自分がどう翻弄されるのか。そういう“受け”のお芝居を意識しています。 -その理由は?  吉之助のキャラクターはこれまで十分に描かれてきたので、これからは彼らの影響を受けて吉之助が変わっていく様子をうまく見せられれば…と思っています。これまでは吉之助自身が動くことが多かったので、あまり“受け”のお芝居をする機会はありませんでしたが、今はその辺を意識しながら演じています。 -そういう意味で、彼らの見どころは?  今までとは違う一面を楽しんでいただけるはずです。まずは皆さん、初めて出会うシーンが面白いので、ぜひ注目していただきたいです。それぞれの見どこ...more
カテゴリー:

【明治維新に学ぶ】「近代国家・日本」実現へ かつての敵も要職に登用したワケ - 07月15日(日)10:00 

 戊辰戦争後、1つになった日本を統治することになった明治政府は1869(明治2)年、全国の諸藩が所有する土地(版)と民(籍)を朝廷に返還する「版籍奉還」を、71(同4)年には、藩を廃止して「府」と「県」とする「廃藩置県」を行った。これによって全国の藩がなくなり、約200万人の武士の特権がなくなった。
カテゴリー:

高知の魅力、“志士”がPR 土佐海援隊、14日大河ドラマ館でショー 鹿児島市 - 07月14日(土)06:30 

 高知県の観光をPRするため現代によみがえった幕末の志士ら6人でつくる「土佐おもてなし海援隊」が14日、鹿児島市の西郷どん大河ドラマ館でステージショーをする。明治維新で主導的役割を担った薩摩と土佐の縁をつなぎ、魅力をアピールする。
カテゴリー:

【明治維新に学ぶ】数々のドラマを生んだ戊辰戦争 私利私欲ではなく公のために戦った志士たち - 07月13日(金)15:30 

 幕府が倒れ、新政府誕生を面白く思わない者もいた。
カテゴリー:

夏トクキャンペーンも実施!佐賀県「肥前さが幕末維新博覧会」 - 07月16日(月)06:00 

幕末維新記念館(佐賀県佐賀市)では来年1月14日(月・祝)まで、「肥前さが幕末維新博覧会」を開催している。 【写真を見る】幕末維新期の佐賀の偉業や偉人を、迫力ある映像や演出で紹介する「幕末維新体感シアター」 「薩長土肥」の“肥前”として明治維新で大きな役割を果たした佐賀。明治維新から150年となる節目に、幕末維新期の佐賀を体感できる「肥前さが幕末維新博覧会」を約10カ月にわたって開催。 幕末維新記念館(市村記念体育館)をメインパビリオンとし、幕末維新期の佐賀の偉業や偉人を「“幕末維新”体感シアター」「“技”からくり劇場」といった迫力ある映像や演出で紹介する。また、大隈重信や江藤新平を輩出した藩校をテーマにした「リアル弘道館」では、グラフィックパネルや音声ガイドでその学びを体感できる。 また、7月は「夏トクキャンペーン」を実施。7月21日(土)から9月2日(日)の期間は、子どもと一緒に家族で来場すると大人の入場料が割引される。ほかにも、7月23日(月)~8月31日(金)は、平日に幕末維新記念館に来場した先着200名にアイスクリームがプレゼントされるキャンペーンが行われる。 さらに7月1日(月)から9月2日(日)の期間中は、浴衣や和装で来場すると幕末維新記念館・リアル弘道館・葉隠みらい館の入場料が無料に。夏休みだけの特別展など、イベント盛りだくさんの肥前さが幕末維新博覧会。ぜひ、家族で...more
カテゴリー:

『西郷どん』陰の主役!? 坂本龍馬を演じる小栗旬の特別扱いぶりがスゴい - 07月15日(日)12:00 

 鈴木亮平(35)が主演を務める、大河ドラマ『西郷どん』(NHK)が実に攻めている。というのも、通常の放送をわざわざ中断して特番を放送しているのだ。しかも先週で2回目。新視聴者獲得に向けた動きに、だいぶ力が入っているようだ。  7月8日放送の『西郷どんスペシャル~いざ革命へ! 西郷と4人の男たち』は、フットボールアワーの後藤輝基(44)と関ジャニ∞の横山裕(37)を司会に迎え、後半の見どころとキーマンを紹介した。番組名の副題にも入っている4人とは坂本龍馬(小栗旬/35)、桂小五郎(玉山鉄二/38)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶/66)、勝海舟(遠藤憲一/57)と明治維新期に活躍した偉人たちのこと。これら豪傑を演じる役者たちの豪華さに、心を掴まれた視聴者も多いはずだ。  この日は『西郷どん』に出演しているハリセンボンの近藤春菜(35)が坂本龍馬役の小栗旬を絶賛し、「生の“ぜよ”、聞いたときに鳥肌立ちましたよ」と語っていた。実際に演技を目にしている彼女が言うのだから、小栗の龍馬は相当よかったのだろう。これまでも大河ドラマの坂本龍馬は、時代を代表する俳優が演じてきた。まず思い出されるのは2010年の『龍馬伝』。当時から人気絶頂だった福山雅治(49)が主役を演じるということもあり、大いに話題になった。  また、2008年の『篤姫』で玉木宏(38)が演じた龍馬も、玉木のハマり役として人気...more
カテゴリー:

『西郷どん』革命編へ!鈴木亮平の眼光も鋭く「新生・西郷吉之助を目撃してもらえるはず」 - 07月14日(土)12:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。7月15日は、第26話「西郷、京へ」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(=吉之助/鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第26話「西郷、京へ」では、薩摩に戻った吉之助(鈴木)は、一蔵(瑛太)の求めに応じ京へ。そんな中、勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、そして岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が、西郷の噂話に花を咲かせていた。京では、朝廷と幕府、そして雄藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、一橋慶喜(松田翔太)はころころと意見を替え、島津久光(青木崇高)を徹底的に愚弄し、会議は決裂。事態を打開するため、吉之助は慶喜との再会を果たすが……。 公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「いよいよ、革命編です。島での時間を経て、『天命』と『人への愛』に気づいた吉之助は、さらに異国が攻めてくる恐怖に触れた人間として、はっきりと政治的意図を持って動き始めます。それは、異国に負けない強い国を作りながら、いかに戦争を起こさないかということ。一蔵さんとも同じ方向を向いて走りだします」とコメント。さらに、「いろんな意味で、“新生・西郷吉之助”を目撃してもら...more
カテゴリー:

愛用の帽子メーカー、麻生氏「職人芸維持して」 再建中 - 07月13日(金)15:52 

■麻生太郎財務相(発言録) (愛用するイタリアの老舗帽子メーカー「ボルサリーノ」が経営再建を進めていることについて)明治維新の前だな、1850年代にできた会社。イタリアのアレッサンドリアか、あそこでで…
カテゴリー:

『西郷どん』革命編へ!鈴木亮平の眼光も鋭く「新生・西郷吉之助を目撃してもらえるはず」 - 07月13日(金)15:27 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。7月15日は、第26話「西郷、京へ」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(=吉之助/鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第26話「西郷、京へ」では、薩摩に戻った吉之助(鈴木)は、一蔵(瑛太)の求めに応じ京へ。そんな中、勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、そして岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が、西郷の噂話に花を咲かせていた。京では、朝廷と幕府、そして雄藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、一橋慶喜(松田翔太)はころころと意見を替え、島津久光(青木崇高)を徹底的に愚弄し、会議は決裂。事態を打開するため、吉之助は慶喜との再会を果たすが……。 公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「いよいよ、革命編です。島での時間を経て、『天命』と『人への愛』に気づいた吉之助は、さらに異国が攻めてくる恐怖に触れた人間として、はっきりと政治的意図を持って動き始めます。それは、異国に負けない強い国を作りながら、いかに戦争を起こさないかということ。一蔵さんとも同じ方向を向いて走りだします」とコメント。さらに、「いろんな意味で、“新生・西郷吉之助”を目撃してもら...more
カテゴリー:

もっと見る

「明治維新」の画像

もっと見る

「明治維新」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる