「旭川市」とは?

関連ニュース

やつらは白飯を盗んでいきました! 全国の「飯泥棒グルメ」を追跡した - 05月24日(木)06:00 

「飯泥棒」と言っても、別に食い逃げとかご飯時に家に上がり込んでご飯を食べて帰っていく面倒な客人のことではなく、ご飯のおかずの話である。記者にとって最高の飯泥棒は、亡き祖母が漬かりすぎて酸っぱくなった大根の糠漬けを鷹の爪などと煮ものにしたもので、とんでもなくご飯が進んだ覚えがある。もはや同じ味を賞味することはかなわないので、幻の泥棒だ。個人のレシピはさておき、おいしいおかずは全国に存在する以上、飯泥棒系商品も全国各地にあるのではないだろうか。味噌系の強さが目立つ一口に飯泥棒と言っても、実は意味が大きく2つあると思われる。まず、なんらかのおかずがご飯のお供としてポテンシャルが高すぎるので、「(自分の)ご飯が泥棒されていくように食べ過ぎてしまう」という意味。ご飯を盗んでいる犯人は自分もしくはおかず、つまり「犯人は語り部タイプ」だ。昨今ネットでもよく見かける言い回しで、褒め言葉として商品やレシピを称賛する際に使用される場合が多い。一方、そのおかずで自分のご飯を食べつくしてしまい、「余所からご飯を盗んででも食べたい」という意味の飯泥棒もある。これは酒の肴の定番「酒盗」などにも通じる、ある意味で正統派だ。ご飯の量を見誤った「もっと炊いておけばよかったタイプ」としよう。ニシンの一種である「サッパ」を岡山などでは「まま(ご飯)を借りるほどうまい」ということで「ママカリ」と呼ぶのは、「もっと炊いてお...more
カテゴリー:

雑誌販売禁止の仮処分決定 名誉毀損認める、札幌高裁 - 05月23日(水)19:59 

月刊誌「北海道経済」の記事で名誉を傷つけられたとして、北海道旭川市のバス会社の男性社長=職務停止中=が同誌の販売禁...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【北海道】10日に起きた4人死傷ライトバン衝突事故 無免許運転の16歳少年を無免許過失運転致死傷の疑いで逮捕 - 05月13日(日)05:45  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180512/4655481.html 05月12日 18時41分 旭川市でライトバンが道路脇にある鉄製の柱に衝突し、乗っていた少年4人のうち1人が死亡、3人がけがをした事故で、車を運転していた滝川市の16歳の会社員の少年が無免許で運転して事故を起こしたとして、無免許過失運転致死傷の疑いで逮捕されました。 旭川市忠和の国道12号線で10日、ライトバンが道路の左わきにはみだし、電光掲示板の鉄製の柱に衝突しました。 車にはいずれも滝川市内に住む16歳と17歳の会社員の少年4人が乗ってい...
»続きを読む
カテゴリー:

【北海道】運転手”無免許”16歳だった 衝突事故で同乗の17歳死亡、3人重傷…旭川市 - 05月10日(木)17:54  newsplus

運転手”無免許”16歳だった 早朝の衝突事故 同乗の17歳死亡 3人重傷 北海道旭川市 2018年5月10日15:18 5月10日朝早く、北海道旭川市の国道で無免許の16歳の男性会社員が運転する乗用車が 道路脇の柱に衝突し、一緒に乗っていた17歳の男性が死亡、運転手を含む3人が重傷です。 10日午前4時50分ごろ、旭川市忠和7条2丁目の国道12号線で、無免許の16歳の男性が運転する 乗用車が道路左側の縁石に乗り上げ、そのまま電光掲示板の柱に衝突しました。 車には16歳と17歳の男性4人が乗っていて、この事故で助手席に乗っていた 滝川市の...
»続きを読む
カテゴリー:

【工事現場】バリケードのキャラクター全盛 元祖は旭山動物園のサル - 05月05日(土)17:45  newsplus

 工事現場にサルやカエル、くまモンも--。動物や乗り物、キャラクターなどが鉄の棒を上下で支え、一列に並ぶ様子を目にすることは多い。歩行者や車、作業者の安全のため、工事エリアを示すもので、「単管バリケード」というそうだ。キャラクターのおどけた姿が、殺風景になりがちな現場を明るくしている。しかしなぜ保安資材が“デコレーション”されたのか? 発端は旭山動物園(北海道旭川市)だった。【江刺弘子】  「まさか、こんなに広がるとは思いませんでした」。こう振り返るのは、保安用品の販売・レンタル会社「仙台銘板」...
»続きを読む
カテゴリー:

旭山動物園・意外! マル、横長、縦長、よく見ると違う動物の「目」 - 05月23日(水)20:00 

目の中にある黒目の部分を「瞳孔」といいますが、私たちヒトの目って、この瞳孔が丸いんですよね。ちなみに、黒目の周りにある色の付いた部分(茶色など)は「虹彩」といって、伸びたり縮んだりして光の量を調節する役目を持っています。 旭山動物園/「こども牧場」で飼育されている天売島のネコ「ひじき」/(C)旭川市旭山動物園 「いきなりなんの話?」と思われるかもですが、この黒目=瞳孔、動物によって違うって知ってました? 今回は、旭山動物園にいる動物たちのいろんな「目」を紹介しますよ! まずは、ネコ。ネコの目が縦長の細いスリット状になるのは、なんとなーく見覚えがあるのでは? 実は、北海道のマスコットキャラクター的動物・キタキツネの目も、同じ縦長の瞳孔をしてるんです。 一方、瞳孔が横長の形をしている動物といえば、ヤギ。ヤギの目ってなんとなーく怖いイメージがありません? 「悪魔的なイラストのモチーフで使われたりするのも、この怪しげな目のせいなのか!?」なんて思ったりしますが……。草を食んでいる姿は、このうえなくほのぼのとした気持ちになるんですけどねぇ。 そして、同じく「第2こども牧場」にいるヒツジも、ヤギ同様に横長の瞳孔をしています。 「ね、動物園で動物の目だけ見にいこうよー」なんて風に出掛けないので気づかないんですけど、アップで見るとかなりの迫力。 お次は「カバ」。よーく見ると、カバも横長の瞳孔をして...more
カテゴリー:

旭山動物園・原始的なワオキツネザルは日が当たるとコレをする! - 05月16日(水)20:00 

旭山動物園・東門側のほうにあるサル舎。ここには、ワオキツネザル、アビシニアコロブス、ブラッザグェノンの3種類のサルが、左から順に進化の過程が分かるよう展示されています。 旭山動物園/ワオキツネザル(2017年8月撮影)/(C)旭川市旭山動物園 その一番左側にいるのが、ワオキツネザル。3種類のなかで一番原始的なサル、ということになりますが、「サル=ニホンザル」をイメージしちゃうと、その風貌の意外さに戸惑うこと間違いなし。 鼻面が長く尖っていて、「サルっていうか、キツネじゃない?」と思わず言いたくなる見た目。体より長い、縞模様の尾も目立ちます。ちなみに、名前を漢字で書くと「輪尾狐猿」。白と黒の輪が尾にありますもんね、WAO!じゃないんですよね。長く尖った鼻先はイヌのように湿っていて、視覚より嗅覚が発達しているそう。 大きく2つに分類されるサルの仲間のうち、この不思議な見た目のワオキツネザルが属するのは原始的な特徴を持つ「原猿」。一方、ニホンザルやシロテテナガザルが属しているのは「真猿」。ヒトも「真猿」になります。 もともと、オス・メス・仔で群れを作って生活するワオキツネザルですが、現在、旭山動物園ではオス6頭、メス3頭の計9頭を展示。彼らは原始的ゆえ体温調節機能が発達していないため、日が昇って太陽の光がサル舎に当たるようになると、日光浴をするんです。 座ったまま両腕、両足をがばっと広げ...more
カテゴリー:

【NHK】“減反廃止”でコメは値下がりする? - 05月11日(金)07:48  bizplus

NHK NEWS WEB 5月10日 15時45分 https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0510.html (2018年のコメ作付け見通し) 田植えの季節を迎えましたが、コメの政策はことしから大きく転換し、半世紀近く続いた「減反政策」が 廃止されました。「減反」はコメ余りを防ぐため、国が生産を抑制する仕組みでした。このため、 廃止されれば生産が増え、高値が続くコメが値下がりするのではないか、という期待も出ていますが、 実際はどうなのでしょうか。 (経済部記者 楠谷 遼) 廃止された減反政策 昭和46年度から本...
»続きを読む
カテゴリー:

【街のry】無免許16歳運転のプロボックス、電光掲示板の鉄柱の衝突。同乗の村上蒼空(17)が死亡。 - 05月10日(木)17:04  news

運転手”無免許”16歳だった 早朝の衝突事故 同乗の17歳死亡 3人重傷 北海道旭川市 2018年5月10日15:18 5月10日朝早く、北海道旭川市の国道で無免許の16歳の男性会社員が運転する乗用車が道路脇の柱に衝突し、一緒に乗っていた17歳の男性が死亡、運転手を含む3人が重傷です。 10日午前4時50分ごろ、旭川市忠和7条2丁目の国道12号線で、無免許の16歳の男性が運転する乗用車が道路左側の縁石に乗り上げ、そのまま電光掲示板の柱に衝突しました。 車には16歳と17歳の男性4人が乗っていて、この事故で助手席に乗っていた滝川市の会社員...
»続きを読む
カテゴリー:

エー・アイ・エス(北海道)が研磨機を韓国ハンコックタイヤに納入へ 「高い技術力をアピールしたい」 - 05月03日(木)13:04  news

 機械設計のエー・アイ・エス(AIS、北海道旭川市、松井隆社長)は、自動車のタイヤ研磨装置を、韓国最大手のハンコックタイヤに納入する。 研磨装置は車の走行でタイヤが偏って摩耗する「片減り」を修正し、耐久性を維持する。 海外に技術力をアピールして、販路開拓につなげていく。  新商品「けんま君Labo」を、6月末に納入する。タイヤを回転させながら表面を研磨ベルトで削る装置で、価格は450万円、同社にとって初… AISの研磨装置新商品、韓国タイヤ最大手に納入 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3009...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「旭川市」の画像

もっと見る

「旭川市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる