「旧優生保護法」とは?

関連ニュース

「恥ずかしいこと」 50年、誰にも話さず生きてきた 不妊手術国賠訴訟、16日に初弁論 - 07月14日(火)19:38 

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権などを侵害されたとして、共に聴覚障害のある福岡市の夫婦が国に計2000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、福岡地裁で開かれる。夫は結婚直前に何の説明もないまま不妊手術を受けさせられていた。手話で取材に応
カテゴリー:

旧優生保護法を問う:旧優生保護法訴訟で原告側控訴 国に3000万円賠償求め - 07月10日(金)18:43 

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都の北三郎さん(77)=活動名=が国に3000万円の賠償を求めた訴訟で、原告側は10日、請求を棄却した東京地裁判決(6月30日)を不服として東京高裁に控訴した。
カテゴリー:

強制不妊訴訟判決 実態と乖離してないか - 07月03日(金)05:15 

旧優生保護法により不妊手術を強制されたとして、77歳男性が国に3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は手術について「憲法で保護された、子を持つかどうか決める自由を侵害した」としながらも、請求を退けた。最大の争点となったのは、不法行為から20年経過すると賠償請求権が消滅する「除斥期間」の適否だった。 手術は1957年、14歳ごろに施された。男性が訴訟を提起したのは2018年。
カテゴリー:

14歳で強制不妊手術の原告「国は間違ったのに、なぜこんなにつらい判決に」(東京新聞) ★3 - 07月01日(水)15:32  newsplus

 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る国家賠償請求訴訟で、東京地裁は30日、東京都内の男性(77)の訴えを退けた。中学生のときに無理やり手術を受けさせられてから63年。「国は間違ったことをした。なぜ、こんなにつらい判決を受けなくてはいけないんですか。国に謝ってほしいだけなのに」。小さな背中を震わせた。(小野沢健太) ◆有無を言わさず病院に連れ出される  本名を名乗れず「北三郎」の仮名で訴訟に臨んだ男性。午後二時すぎ、東京地裁で裁判長が「請求を棄却する」と言い渡すと、ぼうぜんとした表情を浮かべた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

旧優生保護法訴訟で東京地裁判決は原告敗訴としま.. - 07月01日(水)10:30 

旧優生保護法訴訟で東京地裁判決は原告敗訴としました。大きな壁として立ち塞がった「除斥期間」。勝機はどこにあるのでしょうか。
カテゴリー:

強制不妊手術、原告控訴 1審東京地裁は請求棄却 - 07月10日(金)20:28 

旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして東京都の男性(77)が国に3000万円の損害賠償を求めた訴訟で、男性側は10日、請求を棄却した東京地裁判決を不服として…
カテゴリー:

強制不妊、視覚障害者提訴 浜松の女性「精神的苦痛」 - 07月03日(金)11:02 

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、視覚障害のある浜松市の武藤千重子さん(71)が3日、国に3300万円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁浜松支部に起こした。
カテゴリー:

強制不妊訴訟 「こんな結果とは」仙台出身の原告「命ある限り闘う」 - 07月01日(水)17:31 

旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都の男性(77)が国に3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は6月30日、請求を棄却した。 裁判長が請求棄却の主文を言い渡すと、原告男性は肩を
カテゴリー:

14歳で強制不妊手術の原告「国は間違ったのに、なぜこんなにつらい判決に」(東京新聞) ★2 - 07月01日(水)10:51  newsplus

 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る国家賠償請求訴訟で、東京地裁は30日、東京都内の男性(77)の訴えを退けた。中学生のときに無理やり手術を受けさせられてから63年。「国は間違ったことをした。なぜ、こんなにつらい判決を受けなくてはいけないんですか。国に謝ってほしいだけなのに」。小さな背中を震わせた。(小野沢健太) ◆有無を言わさず病院に連れ出される  本名を名乗れず「北三郎」の仮名で訴訟に臨んだ男性。午後二時すぎ、東京地裁で裁判長が「請求を棄却する」と言い渡すと、ぼうぜんとした表情を浮かべた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

男(77)「旧優生保護法下で63年前に強制不妊手術を受けた!!」裁判所「はい時効」 - 07月01日(水)08:59  poverty

旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る国家賠償請求訴訟で、東京地裁は30日、東京都内の男性(77)の訴えを退けた。 中学生のときに無理やり手術を受けさせられてから63年。 「国は間違ったことをした。なぜ、こんなにつらい判決を受けなくてはいけないんですか。国に謝ってほしいだけなのに」。小さな背中を震わせた。(小野沢健太) ◆有無を言わさず病院に連れ出される 本名を名乗れず「北三郎」の仮名で訴訟に臨んだ男性。午後二時すぎ、東京地裁で裁判長が「請求を棄却する」と言い渡すと、ぼうぜんとした表情を浮かべた。...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「旧優生保護法」の画像

もっと見る

「旧優生保護法」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる