「日韓両国」とは?

関連ニュース

インド、邦人の観光・出張ビザ制限=新型肺炎防止 - 02月27日(木)22:57 

 【ニューデリー時事】インド政府は27日、日韓両国民に対し、インド到着時のビザ発給停止を決めた。28日から実施する。また、日韓とイラン、イタリア国民に対し、ネット経由でのビザ発給もやめた。観光客や出張者の訪印を制限し、新型コロナウイルス侵入を防ぐ。 在印日本大使館によると、駐在や留学などで、在日インド公館で書面申請するビザは通常通り。 【時事通信社】
カテゴリー:

弱小プロ野球チームを支えた悲運のエース 韓国に渡り、燃え尽きた在日コリアン選手を追った映画 - 02月25日(火)14:36 

1980年代、産声を上げたばかりの韓国のプロ野球のチームに、日本で活躍した在日コリアンの選手たちが入団し、韓国野球のレベル向上に貢献した。その中の一人、故・福士敬章投手(韓国名・張明夫)の生涯を、武蔵野美術大学の韓国人留学生、李泳坤(イ・ヨンゴン)さん(26)が、卒業制作のドキュメンタリー映画「玄界灘の落ち葉」にまとめた。弱小チームで30勝を挙げたが、4年で燃え尽き、薬物事件で韓国を追われた幻のヒーロー。「福士選手の話だけじゃない、その背景に潜んでいる日韓関係の問題や、その中で苦しむ在日という存在についても、多くの人に見て、考えてもらいたい」と話す。巨人から韓国に渡り、3年間で計54勝をあげて日本球界に復帰した新浦壽夫投手(韓国名・金日融)や、日韓両国で監督を務めた白仁天氏らの活躍を覚えているのも、韓国ではもはや40代後半以上。20代の李さんはなぜ、福士投手に光を当てようと思ったのだろうか。 ■投げて、投げて、年間30勝その前に「玄界灘の落ち葉」や当時の資料をたどりながら、福士投手の生涯を振り返ってみたい。日本生まれの在日コリアン2世で、鳥取西高から「松原明夫」の名で1968年秋に巨人に入団。のちに「福士」姓となり、1982年までに南海、広島の3球団で通算91勝84敗9セーブを挙げた。82年秋に渡韓、創立2年目の三美(サンミ)スーパースターズに加わった。当時32歳。1億ウ...more
カテゴリー:

日韓輸出管理政策対話、3月10日にソウル開催で合意=経産省 - 02月21日(金)17:21 

経済産業省は21日、日韓の輸出管理政策対話を3月10日にソウルで開催することで合意したと発表した。日韓両国は、21日に局長級の準備会合を開いた。
カテゴリー:

大韓航空青森-ソウル線運休3月8日からに - 02月26日(水)20:06 

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が国内外で拡大していることを受け、韓国の大韓航空は26日、青森-ソウル(仁川)線の運休開始を3月8日からに前倒しすると発表した。今月20日の時点では、予約状況などを考慮して3月29日から5月31日までのおよそ2カ月間、運休する計画だったが、開始を3週間前倒しし運休期間を3カ月近くに延ばした。大韓航空青森支店の担当者は「当初の予想より日韓両国で感染が拡大した」と前倒しに踏み切った理由を説明、6月の再開に向けては「新型肺炎の状況を見極めながら、関係機関の協力を得…
カテゴリー:

新型コロナ、韓国で新たに123人感染 - 02月23日(日)12:17 

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、韓国では感染者が新たに123人と大幅に増加しています。  韓国の保健福祉省は、23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに123人増えて556人になったと発表しました。このうち死者は23日、1人増えあわせて4人となっています。すでに231人の感染者を出している南東部・大邱(テグ)の宗教団体の関係者の感染は新たに75人が確認されたということです。  また、中国本土での死者は22日、新たに97人確認され、あわせて2442人になり、感染した人の数は648人増えあわせて7万7000人に迫っています。  こうした中、アメリカの国務省は22日、日本と韓国への渡航警戒レベルについて4段階中の下から2番目にあたるレベル2の「注意の強化」に引き上げました。警戒レベルの引き上げで国務省は、高齢者や持病のある人に対しては日韓両国への不要不急の旅行は延期を検討するよう求めています。  また、IMF=国際通貨基金は22日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ことし2020年の世界経済の成長率の見通しを先月の予想から0.1ポイント低い3.2%に引き下げています。(23日11:23)
カテゴリー:

建国記念の日集会、日韓関係考える/青森 - 02月12日(水)08:43 

市民や教育・宗教関係者でつくる「2・11集会を成功させる各界連絡会」は11日、青森市のアピオあおもりで「建国記念の日を考える集会」を開いた。建国記念の日にあらためて日韓両国の歴史を学ぼうと、韓国出身で山形大学教授の高吉嬉(コウキルヒ)氏を招き、「日韓関係の過去・現在・未来を考える」をテーマに講演を行った。日韓社会科教育が専門の高氏は、慰安婦や徴用工、韓国向け半導体材料の輸出規制など日韓両国を取り巻く問題について説明。友好関係を築くため、日本は真実と向き合う勇気を持ち、東アジアの構造的な変化を理…
カテゴリー:

「日韓両国」の画像

もっと見る

「日韓両国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる