「日米関係」とは?

関連ニュース

「食」から見える日米交渉の舞台裏とは… 国際ジャーナリストの堤未果さん - 09月12日(木)15:28 

 会員制の講演会組織「琉球フォーラム」(主宰・玻名城泰山琉球新報社長)の9月例会が11日、那覇市の沖縄ハーバービューホテルで開催され、国際ジャーナリストの堤未果氏が「日本が売られる~未来を選ぶ自由を守れ~」と題して講演した。堤氏は「日米関係の情報分析は第1次産業が一番リアルに表れるところだ」と述べ、...
カテゴリー:

【書評】アメリカが軍幹部に指導している日本にとって衝撃の事実 - 09月02日(月)19:56 

日米安保条約がある限り、アメリカは日本を何があっても守ってくれる…、というのは大きな誤解のようです。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが取り上げているのは、親密になった元米軍将校からの言葉に衝撃を受けたという著者が、「知りたくない」と叫ぶほどの現実を綴った一冊。そこには表立って語られないアメリカの「本音」が綴られています。 偏屈BOOK案内:江崎道朗『知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと』 『知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと』 江崎道朗 著/KADOKAWA 2016年、米国大統領選挙投票日の1か月前、世界中のマスコミがクリントン当選を予測する中、著者はトランプ当選の可能性を指摘する本を出版し、冷笑、揶揄されたが、当選が決まるや「トランプの台頭を正確に分析した数少ない言論人の一人」として知られるようになり、とくに経済人からの講演依頼が多くなった。おかげで、著者は評論家として仕事ができるようになったという。 著者は学者でも、ジャーナリストでも、ビジネスパーソンでもない、特異な経験を踏まえて、マスコミではほとんど報じられることのない「現実」を論ずる。その「現実」は日本人にとって、きわめて耳障りなものである。現に米軍では「国益のため...more
カテゴリー:

「日米同盟強化に取り組む」 茂木外相、直近課題は日米貿易交渉 - 09月12日(木)11:39 

 【東京】茂木敏充外相は11日の就任会見で、日米関係について「北朝鮮情勢はじめ地域の安全保障環境が一層厳しさを増す中で、日米同盟の重要性は一層高まっている」と指摘し、さらなる「日米同盟の強化」に向けて取り組む姿勢を示した。直近の課題として日米貿易交渉に全力を尽くすと述べた。  日米同盟については「...
カテゴリー:

【福岡】日系人初の米連邦議員・故ダニエル・イノウエ氏 父の古里、八女にルーツ 井上家が火元の火事の弁償費稼ぐため一家渡米 - 08月28日(水)01:42  newsplus

1960年、八女市上陽町を訪れたイノウエ氏(右から4人目)と当時10歳の松崎保元さん(同5人目)=松崎さん提供 日本刀を手にするイノウエ氏(松崎さん提供)  米ハワイ州のホノルル国際空港の正式名称は「ダニエル・K・イノウエ国際空港」。地元選出の日系上院議員ダニエル・イノウエ氏(1924~2012)の名にちなむ。実は、イノウエ氏のルーツは八女市にある。その人生をひもといた。  「左手で上手に箸を使っていたことや、プレゼントされた日本刀を感慨深げに眺めていた姿が今も記憶に残っている」。八女市上陽町下横山の農業...
»続きを読む
カテゴリー:

「日米関係」の画像

もっと見る

「日米関係」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる