「日米同盟」とは?

関連ニュース

安保関連法成立4年 新任務実施で日米同盟強化も、まだ途上 - 09月18日(水)23:28 

 安全保障関連法が成立して19日で4年。この間、自衛隊は同法に基づく新任務の米軍艦艇・航空機の防護などの実績を着実に積んできた。有事には直面していないが、平時における新任務を通じ、日本が守られるばかりだった日米同盟は新たな段階に進んでいる。
カテゴリー:

産経「民主主義を知らなかった民主党政権。米国を怒らせていけない。政治は官僚なくして動かないと知らなかったことだ」 - 09月16日(月)11:54  poverty

【主張】民主党政権10年 現実的な安保政策をとれ 平成21年8月の衆院選で308議席を得た民主党を中心とする鳩山由紀夫内閣が発足してから、16日で10年を迎えた。 政権交代の高揚感に包まれて船出した民主党政権だったが、悲惨な結末を迎えた。3人の首相が交代したが、失敗が重なり国民の支持を失った。 3年余り後の24年12月の衆院選で自民、公明両党に政権を奪い返されたのである。 民主党は立ち直れず、もはや存在していないが、その系譜を引く立憲民主党と国民民主党は野党第一、二党として安倍晋三政権への...
»続きを読む
カテゴリー:

河野防衛相、有志連合「総合的に判断」 - 09月12日(木)08:14 

 河野防衛大臣は就任後の会見で、アメリカが日本などに参加を求めている中東・ホルムズ海峡などでの「有志連合」について、外交の動きを見ながら総合的に判断する考えを示しました。  「きのうまでイランとフランスと、この問題で外交的にどうするかという話をしていたのが、一夜明けて自衛隊をどうするかという質問を受ける側になって、やや驚いておりますが」(河野太郎防衛相)  河野大臣は、アメリカが呼びかける、ホルムズ海峡などで安全を確保するための「有志連合」に参加するかどうかについて、日本が輸入する原油の8割がホルムズ海峡を通過するエネルギー安全保障上の現実があること、イランとの伝統的な友好関係、そして日米同盟の3点を挙げて、「総合的に判断して物事を決めていきたい」と述べました。  そのうえで、今月下旬の国連総会に合わせたアメリカやイランとの首脳会談を念頭に、「外交的なものの動きを見ながら判断するしかない」として、時期を区切らず、外交努力を見守る考えを示しました。また「日本関連の船に対する攻撃はない」と指摘していて、慎重な姿勢もうかがえます。  一方、河野氏は、10日に北朝鮮が発射した飛翔体について、短距離弾道ミサイルだったという分析結果を明らかにしました。先月24日に発射されたミサイルと同系統のものだとしていて、「明確な国連安保理決議違反であり、日米でしっかり協力し対策を考えていく」と強調していま...more
カテゴリー:

河野新防衛相 辺野古「唯一の解決策」 地位協定改定は「所管外」 - 09月12日(木)05:00 

 【東京】河野太郎防衛相は11日の会見で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について「唯一の解決策」だと説明し、従来の政府方針を堅持する考えを示した。一方、日米地位協定に関しては、防衛省の所管外だとして答えなかった。  河野氏は「沖縄の思いは真摯(しんし)に受け止めながら、日米同盟...
カテゴリー:

菅長官、ボルトン米大統領補佐官に謝意 - 09月11日(水)12:55 

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日の記者会見で、トランプ米大統領がボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したとツイッターで発表したことに関し、「ボルトン氏は日米同盟の強化や北朝鮮問題の対応を含むインド・太平洋地域と国際社会の平和と安定に尽力した。これまでの貢献に感謝したい」と述べた。
カテゴリー:

菅長官「地域の平和と安定に寄与」安保関連法成立4年を前に - 09月18日(水)12:51 

 菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、19日で成立から4年を迎える安全保障関連法について「日米同盟による抑止力が向上して地域の平和と安定に寄与している。効果的に運用して、いかなる事態があっても国民の命と平和な暮らしを守るべく対応したい」と強調した。
カテゴリー:

「日米同盟強化に取り組む」 茂木外相、直近課題は日米貿易交渉 - 09月12日(木)11:39 

 【東京】茂木敏充外相は11日の就任会見で、日米関係について「北朝鮮情勢はじめ地域の安全保障環境が一層厳しさを増す中で、日米同盟の重要性は一層高まっている」と指摘し、さらなる「日米同盟の強化」に向けて取り組む姿勢を示した。直近の課題として日米貿易交渉に全力を尽くすと述べた。  日米同盟については「...
カテゴリー:

河野太郎新防衛相「辺野古移設が唯一の解決法」 - 09月12日(木)08:09  news

【東京】河野太郎防衛相は11日の会見で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について「唯一の解決策」だと説明し、従来の政府方針を堅持する考えを示した。 一方、日米地位協定に関しては、防衛省の所管外だとして答えなかった。 河野氏は「沖縄の思いは真摯(しんし)に受け止めながら、日米同盟の抑止力、普天間基地の危険性除去を考えると、辺野古移設が唯一の解決策だろうと思う」と話した。 早い段階で沖縄を訪問し、玉城デニー知事と会談したい意向も示した。 一方で、日米地位協定改定の必要性がある...
»続きを読む
カテゴリー:

【トランプ米大統領】ボルトン大統領補佐官を解任 「もう必要ない」ツイッターで発表 ★4 - 09月11日(水)14:11  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20190911/k00/00m/030/011000c トランプ氏、ボルトン補佐官解任 「もう必要ない」ツイッターで発表 毎日新聞 2019年9月11日 01時48分(最終更新 9月11日 01時50分)  トランプ米大統領は10日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したとツイッターで発表した。9日夜に「もう必要ない」と本人に伝え、10日朝、正式に辞意が示されたという。  トランプ氏はツイッターで「彼の提案の多くに全く同意していなかった。政権内の他の人たちもそう感じていたので辞任するよう求めた」と説明...
»続きを読む
カテゴリー:

【トランプ米大統領】ボルトン大統領補佐官を解任 「もう必要ない」ツイッターで発表 ★3 - 09月11日(水)06:09  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20190911/k00/00m/030/011000c トランプ氏、ボルトン補佐官解任 「もう必要ない」ツイッターで発表 毎日新聞 2019年9月11日 01時48分(最終更新 9月11日 01時50分)  トランプ米大統領は10日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したとツイッターで発表した。9日夜に「もう必要ない」と本人に伝え、10日朝、正式に辞意が示されたという。  トランプ氏はツイッターで「彼の提案の多くに全く同意していなかった。政権内の他の人たちもそう感じていたので辞任するよう求めた」と説明...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日米同盟」の画像

もっと見る

「日米同盟」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる