「日産本社」とは?

関連ニュース

【日産】社外取動く、西川社長の外堀埋めた退任劇 - 09月11日(水)16:57  newsplus

https://jp.reuters.com/article/nissan-ceo-idJPKCN1VW0IH 社外取動く、日産・西川社長の外堀埋めた退任劇 [東京 11日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)の辞任劇の背景には、取締役会のガバナンス(企業統治)不全に対する、社外取締役らの強い警戒感があった。今後の焦点は後任選びへと移るが、短期間で相次いだトップ交代劇に、市場の見方は一段と厳しくなっている。 <西川社長、即時辞任に抵抗> 9日の取締役会は午後3時、日産本社で始まった。複数の関係者によると、午後...
»続きを読む
カテゴリー:

日産西川社長 役員報酬不正受領で辞任不可避、検察審査会の判断にも影響は必至 - 09月06日(金)09:16 

日産自動車の西川廣人社長が、株価に連動する役員報酬制度(SAR)について、社内規定に違反して不当に数千万円を上乗せして受け取ったことが、社内調査の結果で判明し、9月4日に開かれた監査委員会で報告されたと報じられている(【(日経)日産の西川社長、報酬数千万円上乗せか 社内規定に違反】【(朝日)日産・西川社長ら、報酬巡り不正の疑い 調査結果報告へ】)。今年6月10日発売の『文藝春秋7月号』に掲載されたグレッグ・ケリー前代表取締役のインタビュー記事【西川廣人さんに日産社長の資格はない】で、株価に連動した報酬を受け取る権利の行使日を変更し、当初より4700万円多い利益を得たとの疑いが指摘されていたが、その事実が、社内調査の結果で確認されたということだろう。当時、このケリー氏のインタビュー記事に関して、私は、『文春オンライン』で、西川氏が、カルロス・ゴーン前会長の事件について、どのような発言し、どのような対応を行ってきたのかを振り返り、詳しく解説した(【日産・ケリー前代表取締役が明かした「西川廣人社長の正体」】)。この記事を、是非、改めて読んで頂きたい。ここでも述べているように、そもそも、世界に衝撃を与えた日産自動車会長ゴーン氏の事件は、逮捕直後、西川社長が日産本社で記者会見を開き、「社内調査の結果、本人の主導による重大な不正行為が大きく3点あった」と述べ、検察当局に社内調査の結果を報告した...more
カテゴリー:

「日産本社」の画像

もっと見る

「日産本社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる