「日本銀行」とは?

関連ニュース

本日のスケジュール - 最新株式ニュース - 10月15日(火)06:30 

[本日のスケジュール]<国内>10:10 営業毎旬報告(10月10日現在、日本銀行)13:30 鉱工業生産(8月)  -1.2%13:30 設備稼働率(8月)  1.1%13:30 第3次産業活動指数(8月) 0.6% 0.1%  黒田日銀総裁が支店長会議であいさつ  地域経済報告(さくらリポート、10月)公表(日本銀行)  国債買い入れオペ(残存1-3年、残存3-5年、残存5-10年)(日本銀行
カテゴリー:

【経済】「日本が財政破綻」するとどうなるのか? - 10月13日(日)18:16  bizplus

財政破綻というのは、いくつかある「テールリスク」の一つにすぎません。 テールリスクとは、発生する確率は低いものの、実際に発生してしまうと、非常に大きな損失をもたらすリスクのことです。財政破綻や金融危機のほか、予測し得ない天変地異や大規模なテロ、暴動なども、テールリスクといえます。 発生する可能性は低いとはいえ、過去にはロシア危機やリーマン・ショックのように、テールリスクが現実のものとなった例はいくつもあります。絶対に起こらないわけではない以上、万一日本が財政破綻したとき、私たちの身にどんなこ...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄県内、73カ月「拡大」 日銀景況8月 個人消費、観光好調 - 10月12日(土)13:54 

 日本銀行那覇支店(桑原康二支店長)は11日、8月の県内金融経済概況を発表した。個人消費や観光が好調に推移し、公共投資も底堅いことから、73カ月(6年1カ月)連続で県内景気は「全体として拡大している」と判断した。  桑原支店長は今後の県経済の見通しについて「日韓関係の悪化や香港の混乱、消費増税の影響など...
カテゴリー:

スルガ銀が過去の日銀考査で虚偽報告 会議議事録で - 10月11日(金)19:25 

 日本銀行は11日、金融機関の経営状況を調べる考査の際に、スルガ銀行(静岡県沼津市)から提出された会議の議事録の一部に虚偽の情報が掲載されるなどの違反行為があった、と発表した。経営管理の態勢を改善して…
カテゴリー:

コラム:日銀緩和の終わらせ方、保有株は年金資産に=木野内栄治氏 - 10月10日(木)12:44 

[東京 10日] - 日本銀行による量的・質的金融緩和をいつ、どのように終わらせるか。その「出口」戦略にはインフレ期待に働きかけるという本来の政策効果を減殺しかねないリスクがある。日銀はとるべき方策を語らず、議論は封印されている印象すらある。
カテゴリー:

休息11時間が義務 北日本銀行・10月から - 10月14日(月)05:11 

 ㈱北日本銀行(岩手県盛岡市、柴田克洋頭取)は今月、勤務間インターバル制度を導入した。社員に対し、終業時間から翌日の始業時間の間に11時間の休息取得を義務付ける。  同社の所定労働時間は8時40分~17時10分。前日の退勤時刻が21時40分を過ぎた場合、翌日の出勤時刻を繰り下げる。  制度は、健康増進やワーク・ライフ・バランスの実現を狙ったもの。…[続きを読む]
カテゴリー:

現預金の残高は増えているけれど…家計の「貯蓄」は減っている? - 10月12日(土)19:30 

日本銀行が四半期ごとに公表する「資金循環統計」によれば、家計の2019年6月末の金融資産は1860兆円と2018年6月末と比較して金額にして2兆円、率にして0.1%のわずかながら減少となりました。米中…
カテゴリー:

スルガ銀、考査で日銀に虚偽報告 - 10月11日(金)21:08 

 日本銀行は11日、平成26年12月と30年2~3月にスルガ銀行に実施した考査で、事実と異なる虚偽の内容が含まれた議事録の提出があったと発表した。契約違反に当たるとして、スルガ銀に経営管理体制の改善策を報告するよう要請した。具体的な虚偽内容は明らかにしていない。
カテゴリー:

【経済】余ったお金がさらに集まる「富の一極集中」が先進国を疲弊させている - 10月11日(金)17:13  bizplus

「金余り」ということが言われて久しいが、筆者の周辺でよく聞くのは 「金余りっていうけど、私のところには全然やってこないよ!いったいどこに行っているの?」 という話である。 たしかに、「上場企業が空前の利益を稼ぎ出し、内部留保が記録的な金額になっている」とか、日本銀行が「異次元緩和で、ほぼ無尽蔵の資金供給をしている」などというニュースを聞くと、「自分のところにも『おこぼれ』がやってこないかな……」と思うのが人情だが、それは世間の大多数に人々に対しては起こらない。 なぜかといえば、大量に供給され...
»続きを読む
カテゴリー:

金融庁の氷見野良三氏とCFTCのブライアン・クインテンツ氏が10月25日に東京で開催されるISDA日本総会で基調講演 - 10月08日(火)20:51 

--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は、2019年10月25日金曜日に東京で年次日本総会を開催します。 基調講演:氷見野良三氏(金融庁、金融国際審議官)(金融庁) 基調会談:ブライアン・D・クインテンツ氏(米国商品先物取引委員会委員) 来賓講演:山岡浩巳氏(フューチャー株式会社取締役、金融ビジネス・フィンテック戦略担当兼金融経済研究所所長) 他の講演者は次のとおりです。 アマギ・ユタカ氏(ISDA理事、三菱UFJ銀行、国際市場企画部部長) 青崎稔氏(金融庁、国際室、国際銀行規制課長) 藤井健司氏(みずほ証券常務執行役員、取締役、グローバルリスク管理部門責任者) 泉原智史氏(金融庁、国際室、国際資本市場規制課長補佐) 松浦太郎氏(三菱UFJ銀行、経営企画部部長、日本円金利ベンチマークに関する異業種連携委員会委員長) 野々村茂氏(ISDA理事、野村證券、グローバル・マーケッツ・ジャパン部門金利取引共同責任者) 大竹弘樹氏(日本銀行、金融市場局市場企画課長) 総会には次のセッションが含まれます。 LIBORの移行と新しい無
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本銀行」の画像

もっと見る

「日本銀行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる