「日本銀行」とは?

関連ニュース

【おかね】出逢えたらちょっと幸せ。でも最近見かけない。みんな大好き「ギザ10」はどこへ消えたのか。造幣局に問い合わせてみた - 04月20日(土)06:03  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00010001-tvtplus-life 側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。最近、見なくないですか? 10年ほど前は1年に1度は、お釣りなどで出会えたのですが、ここ最近は4年に一度ほど。オリンピック並みに出会えていません! いったいギザ10はどこへ消えたのでしょうか?ギザ10の行方を追跡します。 そもそもギザ10とは? 「ギザ10」とは昭和26年(1951年)から昭和33年(1958年)にかけて製造された10円硬貨です。 表面と裏面のデザインは現在製造されている10円と変わり...
»続きを読む
カテゴリー:

【警告】日本銀行に爆弾仕掛けた - 04月19日(金)20:46  livejupiter

、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

自民党「6月の景況次第では消費税上げるの延期しま~す」 朝三暮四の猿のかいぬしより酷 - 04月18日(木)13:55  poverty

 自民党の萩生田光一幹事長代行は18日のインターネット番組で、10月の消費税率10%への引き上げについて、 6月の日本銀行の企業短期経済観測調査(短観)が示す景況感次第で延期もあり得るとの見方を示した。  萩生田氏は「6月の(短観の)数字をよく見て、この先危ないと見えてきたら、崖に向かって皆を連れて行くわけにはいかない。違う展開はある」と指摘。  消費増税を延期する場合、「国民の信を問うことになる」と述べた。  夏の参院選に合わせて衆院選を行う「衆参同日選」の可能性については、6月に大阪で...
»続きを読む
カテゴリー:

米国発の財政拡大論「MMT」 利用する動きに懸念 自民議員「自国通貨でお金をどんどん出していけば、日本政府は絶対に破綻しない」★3 - 04月17日(水)22:43  newsplus

※夜の政治 インフレにならない限り、財政赤字を気にしなくてよい――。異端の「現代金融理論」(MMT)をめぐる論争が日米で熱い。「巨額債務を抱えるのにインフレも金利上昇も起きない日本が実例だ」。MMTの提唱者、米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授はそう語るが、日本の金融界はどう受け止めるのか。  日本はGDPの約2倍もの公的債務を抱えながらも低インフレが続く。MMTで「成功例」とされているが、日本国内では消費増税を前に財政拡大を支える論に対して冷ややかな声が目立つ。  日本の低金利...
»続きを読む
カテゴリー:

米国発の財政拡大論「MMT」 利用する動きに懸念 自民議員「自国通貨でお金をどんどん出していけば、日本政府は絶対に破綻しない」★2 - 04月17日(水)17:26  newsplus

※たまたまスレ インフレにならない限り、財政赤字を気にしなくてよい――。異端の「現代金融理論」(MMT)をめぐる論争が日米で熱い。「巨額債務を抱えるのにインフレも金利上昇も起きない日本が実例だ」。MMTの提唱者、米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授はそう語るが、日本の金融界はどう受け止めるのか。  日本はGDPの約2倍もの公的債務を抱えながらも低インフレが続く。MMTで「成功例」とされているが、日本国内では消費増税を前に財政拡大を支える論に対して冷ややかな声が目立つ。  日本の低...
»続きを読む
カテゴリー:

【 日銀】GDP成長率見通しの下方修正を検討、輸出・生産減速で - 04月20日(土)02:32  newsplus

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-19/PQ6QC46K50XS01 日銀がGDP成長率見通しの下方修正を検討、輸出・生産減速で 日高正裕、藤岡徹 2019年4月19日 12:25 JST →18、19年度見通しを1月時点の0.9%増から小幅下方修正へ →コアCPI前年比の見通しは修正しても小幅にとどまる公算 日本銀行は輸出と生産の減速を背景に、実質国内総生産(GDP)成長率の見通しを下方修正する公算が大きい。事情に詳しい複数の関係者への取材で分かった。   日銀は24、25両日に金融政策決定会合を開き、四半期に一度の...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像あり】今から日本銀行の金庫に潜入する - 04月19日(金)17:00  livejupiter

今扉の前にいる ...
»続きを読む
カテゴリー:

不動産融資がバブル期並みに「過熱」 日銀が指摘 - 04月18日(木)01:03 

 金融機関による不動産業向け貸し出しが1980年代後半のバブル期並みに「過熱」している、と日本銀行が17日に発表した「金融システムリポート」で指摘した。今後の不動産市場の動向が銀行に与える影響を注視し…
カテゴリー:

「ギザ10」はどこへ消えた? - 04月17日(水)19:42 

側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。最近、見なくないですか?10年ほど前は1年に1度は、お釣りなどで出会えたのですが、ここ最近は4年に一度ほど。オリンピック並みに出会えていません!いったいギザ10はどこへ消えたのでしょうか?ギザ10の行方を追跡します。そもそもギザ10とは?「ギザ10」とは昭和26年(1951年)から昭和33年(1958年)にかけて製造された10円硬貨です。表面と裏面のデザインは現在製造されている10円と変わりませんが、違いは側面がギザギザしていること。▲右がギザ10。側面がギザギザ!なぜ側面がギザギザしているのかと言うと、発行された昭和26年当時は10円が最高額面の硬貨であったため、最高額面の硬貨として識別するため、側面をギザギザにしようとなったんです。その後、昭和30年(1955年)に50円硬貨が、昭和32年(1957年)に100円硬貨が、製造され、高額硬貨でなくなったため、昭和34年に現在のようなギザなしの10円となりました。造幣局に問い合わせたところ...?さてギザ10が消えた理由について、造幣局の広報さんに問い合わせたところ...(理由1)ギザ10のコレクターがいて、その人たちの手元にあるため流通が止まっているのでは?(理由2)年数が経つと、ギザ10が擦り減ってしまい、自販機で使えなくなってしまうため、使用できない貨幣として日本銀行に回収さ...more
カテゴリー:

米国発の財政拡大論「MMT」 利用する動きに懸念 自民議員「自国通貨でお金をどんどん出していけば、日本政府は絶対に破綻しない」 - 04月17日(水)15:19  newsplus

※たまたまスレ インフレにならない限り、財政赤字を気にしなくてよい――。異端の「現代金融理論」(MMT)をめぐる論争が日米で熱い。「巨額債務を抱えるのにインフレも金利上昇も起きない日本が実例だ」。MMTの提唱者、米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授はそう語るが、日本の金融界はどう受け止めるのか。  日本はGDPの約2倍もの公的債務を抱えながらも低インフレが続く。MMTで「成功例」とされているが、日本国内では消費増税を前に財政拡大を支える論に対して冷ややかな声が目立つ。  日本の低...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「日本銀行」の画像

もっと見る

「日本銀行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる