「日本銀行」とは?

関連ニュース

経済縮小、リスク融資は「おのずと限界に」 山形銀頭取 - 06月18日(火)11:00 

 日本銀行が大規模な金融緩和で行っている「マイナス金利政策」。金融機関の貸出金利の低下を促し、企業の投資や住宅購入の拡大などにつなげる政策ですが、景気の勢いは弱いまま。むしろ金融機関が金利収入の減少で…
カテゴリー:

米の利下げ姿勢注視…株安・金利上昇も 18日からFOMC - 06月17日(月)19:35 

 米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)と日本銀行の金融政策決定会合が18日以降、相次いで開かれる。月末に見込まれる米中首脳会談を控え、どちらも政策を維持するとの見方が強いが、市場関係者は貿易摩擦の悪化で7月に開かれる次回FOMCでは政策金利の引き下げが行われると織り込んでおり、会合後の声明次第で株式・債券市場が動揺する恐れがある。
カテゴリー:

米FRBの利下げに打つ手ほぼなく 「何もできない」日銀の憂鬱 - 06月16日(日)11:08 

【経済インサイド】世界経済に強い影響を与える米連邦準備制度理事会(FRB)が中国などとの貿易摩擦激化を背景に政策金利の引き下げを辞さない姿勢を示し、日本銀行が大…
カテゴリー:

本日のスケジュール - 最新株式ニュース - 06月14日(金)06:30 

[本日のスケジュール]<国内>13:30 設備稼働率(4月)  -0.4%  国債買い入れオペ(残存5-10年)(日本銀行)<海外>11:00 中・固定資産投資(都市部)(5月) 6.1% 6.1%11:00 中・鉱工業生産指数(5月) 5.5% 5.4%11:00 中・小売売上高(5月) 8.2% 7.2%11:00 中・調査失業率(5月)  5.0%11:00 中・不動産投資(5月)  11.
カテゴリー:

武田教授が暴露。NHKが流した「子供に借金を残すな」という大嘘 - 06月13日(木)04:30 

先日掲載の「『日本は借金大国』の嘘。国債発行で国民の預金が増えている事実」では、消費増税の言い訳にされる国債についての「基礎知識の入り口」を記してくださった中部大学教授の武田邦彦さん。今回はさらに進んで、日本が無税の国家になり得る「お金の創造の仕組み」を、メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で明らかにしています。 【関連記事】● 「日本は借金大国」の嘘。国債発行で国民の預金が増えている事実 「国の借金」の大ウソ。あなたは消費税増税の本当の理由を知っているか 先回の「『日本は借金大国』の嘘。国債発行で国民の預金が増えている事実」では、政府の借金といわれる1,300兆円は、同時に国民の預金900兆円にもなっていることを書きました。借金ともいえるし、預金とも言えるのでややこしいのですが、これが消費税増税の理由になっているのですから、理解しないわけにもいきません。 先に進みます。 日本銀行の株券の55%は財務省(政府)が保持していますから、日本銀行は政府の子会社です。そして、日本銀行は10年位前までは、国債などの5%ぐらいを保有していましたが、アベノミクスの「量的緩和政策」で市中銀行からお金を出して国債などを買い続けたので、今では46%も所有しています。現在、国債の金利はほぼゼロ%ですが、もしかすると将来、金利が上昇することも考えられます。 日本銀行は国債を買ったので...more
カテゴリー:

青森県内大型連休の人出22%増 日銀青森支店 - 06月17日(月)21:02 

日本銀行青森支店は17日までに、今年の大型連休(4月27日~5月6日)の青森県内の観光動向調査結果をまとめた。天候に恵まれたことや、改元に伴い10連休というまとまった休みとなったことなどから、各地の桜・春まつりの人出は計413万4100人で、前年を22.3%上回った。主要観光施設の売上高は前年比29.9%増となり、人出・売上高ともに2010年以降で最も高い水準となった。「弘前さくらまつり」の人出は前年比17.5%増の289万人。次いで「はちのへ公園春まつり」が同57.5%増の44万3千人、五所…
カテゴリー:

最近ガチで景気回復してるよな - 06月16日(日)22:34  poverty

米FRBの利下げに打つ手ほぼなく 「何もできない」日銀の憂鬱 世界経済に強い影響を与える米連邦準備制度理事会(FRB)が中国などとの貿易摩擦激化を背景に政策金利の引き下げを辞さない姿勢を示し、日本銀行が大規模な金融緩和策を手じまいする「出口」がまさに閉じかけている。 米国の利下げが重なれば日米の金利差縮小で円を買う動きが強まり、円高ショックが日本を襲いかねない。ただ、日銀の手元には有効な防衛策が少なく、市場では「どうせ何もできない」と早くも諦めの声が上がっており、真価が問われる局面となる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

値上げの春はもう息切れ 日銀には逆風 消費者には朗報 - 06月15日(土)14:34 

 今年の春以降、消費者の生活に密着した商品での値上げが相次いでいる。4月の物価上昇率は価格変動が大きい生鮮食品とエネルギーを除いたベースでみると、2年10カ月ぶりの高さだった。ただ、専門家の間では物価上昇の勢いが今後も続くとの見方は少ない。春の値上げラッシュはすでに一巡し、今後は携帯電話料金の値下げも見込まれるからだ。物価上昇は企業の収益増や賃上げにつながる好循環の出発点である可能性もあり、値上げの春の息切れは物価上昇率2%を目指す日本銀行には逆風。ただしそもそも賃上げ機運に乏しい日本経済の現状をみれば、消費者にとってはやはり朗報ともいえる。
カテゴリー:

米国発の金利低下で日銀板挟み - 06月13日(木)05:00 

米連邦準備制度理事会(FRB)の早期利下げ観測を背景にした米国発の金利低下で日本銀行が板挟みに陥りそうだ。金利低下による景気刺激を優先すれば金融機関の収益力悪化…
カテゴリー:

米国発の金利低下で日銀板挟み - 06月12日(水)21:56 

 米連邦準備制度理事会(FRB)の早期利下げ観測を背景にした米国発の金利低下で日本銀行が板挟みに陥りそうだ。金利低下による景気刺激を優先すれば金融機関の収益力悪化など大規模金融緩和の副作用が拡大し、逆に金利を上げようと手を打てば日米の金利差縮小で円高が進みかねない。これまで以上に慎重な手綱さばきを求められる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本銀行」の画像

もっと見る

「日本銀行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる