「日本美」とは?

関連ニュース

人生100年時代協議会とスターティアラボ(ごきげんビジネス出版)が連携し、データ蓄積による特性分析を視野に入れた「自分史」事業を開始。 ~著者一人目は、国際魅力学会会長・マダム路子氏~ - 07月11日(木)15:30 

人生100年時代協議会とスターティアラボ(ごきげんビジネス出版)が連携し、データ蓄積による特性分析を視野に入れた「自分史」事業を開始。~著者一人目は、国際魅力学会会長・マダム路子氏~ 当社連結子会社であるスターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:北村健一)は、シニアマーケティングの第三者機関として、人生後半を楽しむためのメディア『AGE100PRESSTM』を運営する一般社団法人 人生100年時代協議会(本社所在地:東京都千代田区、代表理事:濱畠太、略称:AGE100TM)と連携し、日本人の「生き方」「死生観」を蓄積し、特性の導出を視野に入れた「自分史」事業を2019年7月11日(木)より開始いたします。 スターティアラボ株式会社では、コンシューマー向け電子書籍出版事業である「ごきげんビジネス出版」を運営し、これまでに400以上もの書籍を出版してまいりました。 一方、一般社団法人 人生100年時代協議会では、シニアの「本音・現実」に耳を傾け、人生後半に訪れる不安やお困りごと、そこに関わる社会課題の解決に寄与することを目的に、人生後半を楽しむためのメディア『AGE100PRESSTM』の運営などを行っております。 高齢社会白書(厚生労働省:平成29年版)によると、2040年に65歳以上の人口はピークを迎え、全人口の35.3%(3,920万人)になり、また、近年、終活という言...more
カテゴリー:

日本美食、タウンWiFiと連携した訪日観光客向けフリーWi-Fiサービス「TakeMe Wi-Fi」の販売を開始 - 07月11日(木)10:00 

[日本美食] [画像1: https://prtimes.jp/i/22842/42/resize/d22842-42-800222-0.png ] (左)日本美食株式会社 代表取締役社長 董路、(右)株式会社タウンWiFi CEO 荻田剛大 インバウンドの課題を解決するソリューショ...
カテゴリー:

自民党の友好団体がやばすぎる 利権の塊だろ - 07月09日(火)11:59  poverty

法務系 日本行政書士政治連盟・日本司法書士政治連盟・全国土地家屋調査士政治連盟・日本公認会計士政治連盟・全国社会保険労務士政治連盟 嗜好品系 日本酒造組合連合会・日本蒸留酒酒造組合・ビール酒造組合・日本洋酒酒造組合・全国卸売酒販組合中央会・全国小売酒販政治連盟・全国たばこ販売政治連盟・全国たばこ耕作組合中央会 教育系 全私学連合会・全日本私立幼稚園連合会・全国専修学校各種学校総連合会・全日本教職員連盟(全日教連)・日本私立中学高等学校連合会・ 社団法人全国教育問題協議会・全国ゴルフ関連団体...
»続きを読む
カテゴリー:

「春の院展」倉敷展の秀作に感動 日本画ファン堪能、7日まで - 07月06日(土)09:12 

 倉敷市立美術館(同市中央)で開催中の「第74回春の院展」倉敷展(倉敷市、市文化振興財団、市教委、日本美術院、山陽新聞社主催)は会期が7日まで。現代日本画壇をけん引する作家たちの秀作を目当てに、5日も...
カテゴリー:

美味しく楽しくしっかり食べてキレイになれる食事法を提唱する「食の協会」による「食べて美しく痩せるダイエット」無料メルマガ配信サービス開始! - 06月30日(日)22:57 

[一般社団法人日本美食脳アカデミー協会] 今回配信する無料メルマガサービスは、当協会が提唱する「食の教養」を取り入れた全国の女性たちが実際に取り組んだ食の考え方や、実際の成功事例などを紹介しています。 [画像1: https://prtimes.jp/i/28178/15/...
カテゴリー:

タウンWiFi、日本美食と連携した訪日観光客向けフリーWiFiサービス「TakeMe Wi-Fi」の販売を開始 - 07月11日(木)10:00 

[株式会社タウンWiFi] [画像1: https://prtimes.jp/i/32572/16/resize/d32572-16-587043-1.jpg ] 背景 2020年までに年間4,000万人の訪日観光客獲得を目指す日本では、訪日観光客がストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備が求めら...
カテゴリー:

累計来場者数31万人を誇る文化財でのあかりアート展 アートイルミネーション「和のあかり×百段階段2019」 - 07月09日(火)17:00 

[株式会社目黒雅叙園] 2018年12月に、創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京(運営:株式会社目黒雅叙園/所在地:東京都目黒区)では、2019年9月1日(日)まで、館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段...
カテゴリー:

同人・井手氏ら作品の魅力解説 「春の院展」倉敷展 - 07月07日(日)10:41 

 「第74回春の院展」倉敷展(倉敷市、同市文化振興財団、同市教委、日本美術院、山陽新聞社主催)を開催中の倉敷市立美術館(同市中央)で6日、日本美術院同人の井手康人・愛知県立芸術大准教授(56)=瀬戸内...
カテゴリー:

日本美術会をリードし続ける画家が、心の中に「置いて」いるもの - 07月01日(月)20:45 

芸術家として生きていくというのは大変なことで、才能があるにもかかわらず、将来に不安を覚えその道をあきらめるという人も多いのではないでしょうか。東京芸術大学の名誉教授で洋画家の絹谷幸二さんも、若いころには葛藤した一人。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、そんな絹谷さんと筑波大学名誉教授の村上和雄さんの対談を通して、強い気持ちを持つことの大切さを紹介しています。 安定の道を捨てた先に掴んだもの 力強い色彩をもって圧倒的な迫力で迫ってくる作品群で多くのファンを魅了する画家・絹谷幸二さん。画家として40年以上にわたって日本の美術界をリードしてこられましたが、若い頃は画家の道に進むべきかで煩悶の日々を繰り返したといいます。 絹谷さんは、どんな決意をもって画家の道に身を投ぜられたのでしょうか? 生命のメッセージ 絹谷幸二(画家)×村上和雄(筑波大学名誉教授) 絹谷 「画家として順風満帆だったかというと、必ずしもそうでもなくて、自分は画家としてやっていけるだろうかという悩みは常にありましたね。 例えばイタリア留学中のことですが、文化庁からの依頼で高松塚古墳の壁画保存対策委員に就任することが決まり、ローマ国立中央修復研究所で技術を学ぶことになりました。実際に修復技術を学んでみると、まるで探偵小説を読むかのようで、科学的な世界が広がっていて非常に面白いんです。 ところが修復の世...more
カテゴリー:

同人がアマ画家にアドバイス 倉敷で院展開幕に合わせ講評会 - 06月29日(土)22:09 

 「第74回春の院展」倉敷展の開幕に合わせて29日、日本美術院の同人がアマチュア日本画家の作品にアドバイスを送る公開講評会が倉敷市立美術館(同市中央)で開かれた。 西田俊英、小田野尚之、井手康...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本美」の画像

もっと見る

「日本美」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる