「日本最高」とは?

関連ニュース

COVID-19に負けずに今年もやりますエイガワールドカップ。 高校生制作映画全国コンクール「高校生のためのeiga worldcup2020」 の作品募集を始めます。 - 06月02日(火)13:00 

その年の高校生が制作した映画のナンバーワンを競う大会として全国の高校生たちの目標となっている「高校生のためのeiga worldcup2020」(エイガワールドカップ2020)ですが、主催者のNPO法人映画甲子園(事務局所沢市、理事長白川洋次郎)では、6月1日に、ことしの開催を行うことを決定しました。COVID-19新コロナの影響で、運動部系だけでなく文科部系の全国大会の多くが、今年の開催を中止する中、夢と希望を持ち続けてもらうためにも高校生たちの目標となるこの大会を継続して行うことにしました。6月より作品募集を始めます。今年から、応募方法を変えて、(1)テーマが自由の自由部門と(2)地域をテーマにした規定部門のどちらでも応募ができるようになりました。1作品でも応募を受け付けます。力のあるところは、もちろん自由部門、規定部門の両部門に応募もできます。そして今年の規定部門(地域がテーマ)の参考テーマとして「COVID-19新コロナと私たち」を取り上げました。作品応募の締め切りは10月20日。最終審査発表と表彰式は、12月26日(土)に、昨年と同じ東京工芸大学中野キャンパスで行います。(http://www.eigakoushien.com/)この大会は、映画制作を行っている高校生たちが頂点を目指して全国から応募する日本最大規模の映画コンクールです。そのグランプリ作品は、次年度の全米学...more
カテゴリー:

AI人材育成プログラムの外部提供を開始/実践的なスキルが身につくデータサイエンティスト育成支援サービス - 05月25日(月)08:30 

2020年5月25日 株式会社ALBERT 【ALBERT】AI人材育成プログラムの外部提供を開始 ~実践的なスキルが身につくデータサイエンティスト育成支援サービス~ 株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下ALBERT)は、これまでパートナー企業のみに提供していた「データサイエンティスト育成支援」プログラムを、2020年5月25日より広く外部向けのサービスとして提供を開始します。 ■国内のデータサイエンティスト不足に対応 ビジネス・アナリティクス市場規模は年平均 13.8%で成長するなか*1、AI 人材の不足数は 2030 年には 14.5 万人にまで拡大する見込み*2と言われており、ビッグデータを適切に収集・分析し、ビジネスに活用できる人材の育成が急務となっています。 ALBERTでは、社内におけるデータサイエンティストの育成で培ったノウハウを活用し、実践的なプログラムをパートナー企業に提供してきました。また、当社のデータサイエンティスト養成講座は経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」に認定されています。 このたび、拡大するAI人材需要を受け、取引先企業におけるデータサイエンティストの内製化を支援することで、当社及びクライアント双方の事業推進・発展にも寄与すると考えられることから、従来はパートナー企業に...more
カテゴリー:

【サッカー】小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」 - 05月15日(金)22:24  mnewsplus

最も思い入れのある選手を挙げるなら  4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、日本最高峰の天才MF、小野伸二(琉球)の“マイベストイレブン”を紹介しよう。  2年前にも同様の企画で答えましたが、その時と顔ぶれは変わりませんね。選びたい選手はたくさんいるので悩みましたが……やっぱりこの11人になる。改めて僕が考えるベス...
»続きを読む
カテゴリー:

フード×ワインテックベンチャー「sanmi」のモダンアートジャパン、FUNDINNOで5月30日募集開始 - 05月26日(火)10:44 

会員制レストラン「sanmi(サンミ)」を手掛けるModern Art Japan(モダンアートジャパン)株式会社は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で5月30日、投資申込みの受付を開始する。期限は6月1日、目標金額1607万2千円、上限募集額 6428万8千円。1口9万8千円、1人5口まで。 同社は「虎ノ門ヒルズ」を拠点に、年会費12万円のサンミと「sanmi Lab(サンミラボ)」というワインバー兼グラスワイン専門のオンラインショップを展開、実験的なアプローチを試みた料理や83種以上のグラスワインを会員特別価格で提供している。 店名の由来でもある「酸味」の概念に注目した独自の料理体験とワインペアリングの世界観で話題となり、購入型クラウドファンディング「マクアケ」では飲食店部門において日本最高額を集めたサンミラボの会員数は600人を超え、LINE@の公式アカウント登録者数は2300人とこちらも好調。今回の資金調達で、D2Cブランドとしての拡張・プロダクトの展開・店舗に依存しない「ファントムレストラン」を各地に展開することを目指す。 D2Cブランドとして本格的に拡張していくためのプロダクトは、月額3933円(税抜)からのサブスクリプションモデルで、毎月4~6種のグラスワイン(70㎖)を自宅に届ける。グラスは、独自の味覚分析アンケートに...more
カテゴリー:

「日本最高」の画像

もっと見る

「日本最高」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる