「日本外交」とは?

関連ニュース

【日本外交と政治の正体/孫崎享】ウクライナ戦争.. - 12月02日(金)06:20 

【日本外交と政治の正体/孫崎享】ウクライナ戦争でロシアの「完全敗北」がなくなった背景
カテゴリー:

高市早苗「安倍総理の写真を拝見し、世界の真ん中で咲き誇る日本外交を実現された偉大さ、日本を守るべく闘っておられたことを思い…」 - 11月29日(火)18:58  newsplus

高市早苗 @takaichi_sanae http://twitter.com/takaichi_sanae/status/1596399965630124034 関西に講演に向かう前でしたが、念願だった「不屈の政治家 安倍晋三写真展」(産経新聞社)に行く時間が確保できました。東京タワー1階で12月1日まで開催中です。数多くの素晴らしい写真に解説も添えられており、感動の時間でしたが、改めて喪失感の大きさを噛みしめています。 高市早苗 @takaichi_sanae http://twitter.com/takaichi_sanae/status/1596401251247222784 安倍総理の写真を拝見して、その表情から一つ一つの公務に心を込めて...
»続きを読む
カテゴリー:

中国の挑発は続くのか。3年ぶりの日中首脳会談、.. - 11月25日(金)21:34 

中国の挑発は続くのか。3年ぶりの日中首脳会談、両国の思惑は? #日テレNEWS #日本外交 #中国 #尖閣 #海警局 #ロシア
カテゴリー:

岸田文雄「コロナ対策もうちょっと緩めてくださいよぉ~…w」習近平「…?(誰こいつ)」緩和懇願するも無視されていた - 11月24日(木)08:52  poverty

首相、習氏に「防疫措置厳しすぎ」 会談で改善要望 https://news.yahoo.co.jp/articles/1d319b6098f8143ffe52ede85abe0a73f704d8db 【北京古田夏也】岸田文雄首相が17日にタイ・バンコクで行った中国の習近平国家主席との首脳会談で、 今後の日中経済交流を続けていく上で「防疫措置が厳しすぎる」と改善を要望していたことが分かった。 日本外交筋が22日、明らかにした。 中国では現在、入国時に自宅観察を含めた計8日間の隔離を義務付けている。 首相は会談で、日本の経済関係者から「自由な往来もできず、今後の経済活動...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本外交と政治の正体/孫崎享】米国は信頼する.. - 11月18日(金)06:20 

【日本外交と政治の正体/孫崎享】米国は信頼する指導者を持てぬ国になった 近年まれにみる混戦が意味するもの
カテゴリー:

高市早苗「安倍総理の写真を拝見し、世界の真ん中で咲き誇る日本を実現された偉大さ、その為に闘っておられたことを思い…」 😭 - 11月29日(火)19:51  poverty

高市早苗 @takaichi_sanae 関西に講演に向かう前でしたが、念願だった「不屈の政治家 安倍晋三写真展」(産経新聞社)に行く時間が確保できました。東京タワー1階で12月1日まで開催中です。数多くの素晴らしい写真に解説も添えられており、感動の時間でしたが、改めて喪失感の大きさを噛みしめています。 高市早苗 @takaichi_sanae 安倍総理の写真を拝見して、その表情から一つ一つの公務に心を込めて臨んでおられたこと、世界の真ん中で咲き誇る日本外交を実現された偉大さ、子供が大好きだったこと、子供達の未来の為に日本の名...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】高市早苗「安倍総理の写真を拝見し、世界の真ん中で咲き誇る日本外交を実現された偉大さ」 - 11月27日(日)00:30  poverty

安倍元首相写真展 昭恵夫人が訪問「多くの人に見てほしい」 https://news.yahoo.co.jp/articles/2272f4b782b0635f736162d78c90634a206c1088 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本外交と政治の正体/孫崎享】「ポーランド着.. - 11月25日(金)07:35 

【日本外交と政治の正体/孫崎享】「ポーランド着弾ミサイル」をめぐるゼレンスキー大統領の嘘
カテゴリー:

ポーランド「ミサイル落下」騒動で判明。西側の“エゴ”が生んだ世界の分断 - 11月21日(月)05:00 

2019年の大阪以来、2年ぶりの対面開催となったG20サミット。なんとか首脳宣言の採択にこぎつけ2日間の日程を終えましたが、識者はこの国際会議をどう評価するのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田さんが、「世界の分断が一層決定的になった」としてそう判断せざるを得ない理由を解説。さらにウクライナ紛争停戦を巡るさまざまな動きがあるものの、その会合の場にウクライナの関係者が不在、もしくは声もかけられていないという国際情勢の裏側を明かしています。 この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ初月無料で読む   ポーランドのミサイル落下問題で浮上、「ウクライナの武器管理」と世界の分断を明確にしたG20 「なんだかとんでもないことになってきたな」 「国際情勢の緊張度も一段階上がったかな?」 ロシア製のミサイルがポーランドとウクライナ国境の村に落下し、2人が死亡したとポーランド政府が発表した際、私はそう感じました。 その後、様々な憶測が専門家によってもたらされ、G20首脳会議のためバリ島に集っていた各国首脳たちも情報収集と分析に追われていたようです。 G20首脳会議そっちのけで、NATO加盟国とG7の首脳たちは緊急会合を開き、concerted actionsを約束しましたが、その間、他のG20首脳は放置されていたようで...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる