「日本マイクロソフト」とは?

関連ニュース

取れなかった有給休暇を僧侶が供養するイベント、大阪で開催される - 12月13日(金)14:32 

Anonymous Coward曰く、大阪市で、取れなかった有給休暇を「供養」する「有給浄化」なるイベントが開催されたそうだ(なんば経済新聞)。皆様も取れなかった有給が残っているのではないでしょうか、皆で供養しましょう。# 休日出勤の代休が溜まっていって有給に手を付けられないAC有給休暇を取れなかったことを後悔するメッセージを灯籠に書き、僧侶による読経などで供養したという。 すべて読む | idleセクション | ニュース | 変なモノ | idle | 関連ストーリー: 日本マイクロソフト、週休3日で生産性が約4割向上 2019年11月06日 年5日の有給休暇の取得義務化、4月からスタート 2019年03月24日 Microsoft、有給の出産・育児休暇を従業員に提供するよう米国内のサプライヤーに義務付ける計画 2018年09月04日 有休消化率の世界ランキング、日本が今年もワースト1位を達成 2017年12月14日 有給をとりにくい理由、最も多いのは「職場の雰囲気」 2017年08月02日
カテゴリー:

ブレインパッド、山口FG傘下の3銀行のデータをクラウド上で一元収集・活用する統合データベースを構築 - 12月13日(金)11:00 

株式会社ブレインパッドは、株式会社山口フィナンシャルグループ(山口FG)傘下の3銀行(山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行)の顧客情報などを一元的に収集・活用する「統合データベース」を、日本マイクロソフト株式会社とともに「Microsoft Azure(マイクロソフト アジュール)」上に構築したことを発表いたします。なお、複数の銀行のデータを統合し、パブリッククラウドのPaaS(*1)を活用したデータ活用基盤の構築は、地方...
カテゴリー:

レッドハットがOpenShiftマネージドサービスで、日本独自のパートナープログラムを発表 - 12月12日(木)18:30 

レッドハットは、マネージドサービスを提供する企業を対象とした日本独自のパートナープログラム「Red Hat Managed Practice Program」を発表した。また、日本マイクロソフトはこれに合わせ「Azure Red Hat OpenShift」を提供開始すると発表した。
カテゴリー:

リモートワーク最前線:PCスマホで、どこででも マイクロソフト25歳社員の働き方とは - 12月11日(水)13:28 

 日本マイクロソフト(東京都港区)は、IT技術を活用して時間や場所にとらわれず働く「テレワーク(リモートワーク)」を推進してきた。同社で営業を務める池上さくらさん(25)は、リモートワーク(テレワーク)を上手に取り入れながら働いている。ノートパソコンとスマートフォンさえあれば時間や場所には縛られない
カテゴリー:

「育休社員の穴、誰が埋めるの?」マイクロソフトの秘策、リターンシップって何ですか。 - 12月10日(火)08:18 

男性の育休取得が進まない。法律では男女ともに休んでよいとされているのに、どうして?難色を示す側の声としてよく聞こえてくるのは、本人が休むときにその仕事を引き継いだり、フォローしたりする現場の体制が整わないということだ。たしかに、企業としては急にマンパワーを増やせるわけではない。「現場でうまくやり繰りを」と言われても、それぞれ抱えている自分の仕事もある。もちろん、女性の産・育休にも共通することではあるのだが……気合いと配慮だけで乗り切れない課題であることは間違いない。男性にも育休2週間を必須としている、日本マイクロソフト執行役員で人事本部長の杉田勝好さんに聞いてみた。マイクロソフトはこの夏の「社員全員週休3日」導入でも話題になった。すると、その打開策になるかもしれない「リターンシップ制度」という新しい取り組みに触れることができた。(聞き手は、男性の育休取得などを推進する「みらい子育て全国ネットワーク」代表の天野妙さん、執筆・編集:加藤藍子、泉谷由梨子) 「最低2週間」でも大騒ぎ?天野:御社では、子どもが生まれた男性社員に、育休を必須で取得させる制度を実践していると聞きました。杉田:「ファミリーフレンドリー休業制度」ですね。マイクロソフトのグローバル各国で導入されていて、子供が生まれたり養子を迎えた社員は6週間、100%の給与支給で休業できます。し...more
カテゴリー:

山口FG傘下の3銀行、顧客情報などを一元的に活用する「統合データベース」をAzure上に構築 | IT Leaders - 12月13日(金)12:28 

山口フィナンシャルグループ(山口FG)傘下の3銀行(山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行)は、顧客情報などを一元的に収集・活用する「統合データベース」をMicrosoft Azure上に構築した。システムを構築したブレインパッドと日本マイクロソフトが2019年12月13日に発表した。ベンダー2社によると、複数の銀行のデータを統合し、パブリッククラウドのPaaSを活用してデータ活用基盤を構築した事例は、地方銀行では国内初である。
カテゴリー:

マイクロソフト、12月中に「Azure Red Hat OpenShift」一般提供開始 - 12月13日(金)06:53 

日本マイクロソフトは12月12日、「Azure Red Hat OpenShift」の日本における一般提供を12月中に開始することを発表した。Azure Red Hat OpenShift は、Microsoft Azureサービスとして展開されるRed Hat OpenShiftのマネージドサービス。
カテゴリー:

「はじめてIT活用」1万社プロジェクト 中小IT支援に向けSansan・マイクロソフトなど8社と提携 - 12月11日(水)17:57 

2019年12月11日 東京商工会議所 「はじめてIT活用」1万社プロジェクト  中小IT支援に向けSansan・マイクロソフトなど8社と提携  東京商工会議所(三村明夫会頭)は中小・小規模事業者のIT活用支援を進めるべく、2019年11月から《「はじめてIT活用」1万社プロジェクト》を展開していますが、この取り組みをさらに強力に進めるため、このたび、Sansan株式会社(寺田親弘社長)や日本マイクロソフト株式会社(吉田仁志社長)など8社と提携しましたので、お知らせします。  提携各社が取扱う、人手不足や働き方改革への対応・生産性向上など中小・小規模事業者が抱える経営課題の解決に役立つITツール・サービスを当所会員企業向けに「優待プラン」として提供するほか、各社ツール・サービスの活用セミナーの実施や体験ブースを設置します。  今後もITベンダーや関係機関との提携を拡大させ、経営課題の解決に役立つIT活用の提案力を強化し、中小企業のIT実装に繋がる取り組みを順次展開してまいります。 《「はじめてIT活用」1万社プロジェクト》とは?  IT未活用・低関心層の60~70代の中小・小規模事業者の経営者をメインターゲットに直接アプローチし、ITを「試してみる」「聞いてみる」ことをおすすめし、商売・業務での「はじめてIT活用」を応援する、東京商工会議所のプロジェクトです。  開...more
カテゴリー:

メモリ2GBのWin7マシンをWin10にアップグレードし職場で配備、人道上許されないの声 - 12月10日(火)14:56 

来年1月のWindows 7の延長サポート終了に向け、Windows 7マシンをWindows 10にアップグレードする動きがあるようだが、メモリが2GBしか搭載されていないような貧弱なマシンが大量にあり、それにWindows 10をインストールするという現場もあるという(Togetterまとめ)。なお、Windows 10のシステム要件 によると、メモリは32ビット版の場合1GB、64ビット版の場合2GBとなっている。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Windows | 関連ストーリー: 日本マイクロソフト曰く、「4年前のPC1台あたり34万9,983円の損失」 2018年10月19日 ドン・キホーテ、19,800円のノートPCを発売。 2017年11月28日 PCのメモリ、何GB積めば十分? 2015年08月20日
カテゴリー:

Windows診断データの提供について考える - 阿久津良和のWindows Weekly Report - 12月09日(月)12:09 

日本マイクロソフトは公式ブログにて、Windows診断データ(旧テレメトリーデータ)に関する詳細を解説している。PCやWindowsのエラーなどをMicrosoftに提供する仕組みだが、個人情報や組織情報は送信されない。改めて整理しておくことをおすすめしたい。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本マイクロソフト」の画像

もっと見る

「日本マイクロソフト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる