「日中首脳会談」とは?

関連ニュース

【写真まとめ】レンズがとらえた2022年11月 - 11月30日(水)08:00 

 閣僚の辞任ドミノなど混迷が続く政局、3年ぶりに開催された日中首脳会談、強豪ドイツを破り日本中が歓喜に沸いたサッカーのワールドカップ(W杯)――。この1カ月を写真で振り返ります。
カテゴリー:

岸田政権「嫌中」に頼る危うさ - 11月22日(火)09:00 

岸田文雄首相が2022年11月17日、バンコクで中国の習近平・国家主席と3年ぶりの日中首脳会談を行い、悪化する関係の「仕切り直し」に入った。岸田氏の対中改善には、嫌中世...
カテゴリー:

ポーランド「ミサイル落下」騒動で判明。西側の“エゴ”が生んだ世界の分断 - 11月21日(月)05:00 

2019年の大阪以来、2年ぶりの対面開催となったG20サミット。なんとか首脳宣言の採択にこぎつけ2日間の日程を終えましたが、識者はこの国際会議をどう評価するのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田さんが、「世界の分断が一層決定的になった」としてそう判断せざるを得ない理由を解説。さらにウクライナ紛争停戦を巡るさまざまな動きがあるものの、その会合の場にウクライナの関係者が不在、もしくは声もかけられていないという国際情勢の裏側を明かしています。 この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ初月無料で読む   ポーランドのミサイル落下問題で浮上、「ウクライナの武器管理」と世界の分断を明確にしたG20 「なんだかとんでもないことになってきたな」 「国際情勢の緊張度も一段階上がったかな?」 ロシア製のミサイルがポーランドとウクライナ国境の村に落下し、2人が死亡したとポーランド政府が発表した際、私はそう感じました。 その後、様々な憶測が専門家によってもたらされ、G20首脳会議のためバリ島に集っていた各国首脳たちも情報収集と分析に追われていたようです。 G20首脳会議そっちのけで、NATO加盟国とG7の首脳たちは緊急会合を開き、concerted actionsを約束しましたが、その間、他のG20首脳は放置されていたようで...more
カテゴリー:

「日中首脳会談」直接対話の継続が肝要だ - 11月19日(土)09:43 

経済の相互依存が高まりながら、異なる価値観を掲げて独裁体制を固め、軍事的な威圧を繰り返す隣国と、いかに向き合っていくのか。約3年ぶりとなった首脳会談は、途絶えていたパイプを開ける一定の意義があった一方で、関係改善へ困難さも浮き彫りにした。 岸田文雄首相は中国の習近平国家主席と会談、関係安定化へ協力する方針で一致し、安全保障分野などでの意思疎通を図ることを確認した。ただ、冷え込んだ日中関係の立て直しに向けようやくスタートラインについたに過ぎず、言葉だけでなく、双方の具体的な行動が求められる。
カテゴリー:

尖閣・台湾巡り深い懸念伝える 3年ぶり日中首脳.. - 11月18日(金)18:47 

尖閣・台湾巡り深い懸念伝える 3年ぶり日中首脳会談 #FNNプライムオンライン #沖縄テレビ
カテゴリー:

中国の挑発は続くのか。3年ぶりの日中首脳会談、.. - 11月25日(金)21:34 

中国の挑発は続くのか。3年ぶりの日中首脳会談、両国の思惑は? #日テレNEWS #日本外交 #中国 #尖閣 #海警局 #ロシア
カテゴリー:

習近平主席の笑顔の裏にある思惑とは? 日中首脳.. - 11月21日(月)18:01 

習近平主席の笑顔の裏にある思惑とは? 日中首脳会談に見る“中国の本音”と日中関係の今後 #FNNプライムオンライン
カテゴリー:

弱まる日本の立場、避けては通れぬ台湾問題…日中国交正常化50周年も課題は山積み? | ananweb - マガジンハウス - 11月19日(土)19:30 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「日中国交正常化50周年」です。50年の間に刻々と変化した力関係。直接対話を求む。9月29日、日中国交正常化50周年を迎えました。習近平主席は非常に平和的、友好的なメッセージを打ち出し、日本側も中国の覇権主義に対して一定の重しをかけながらも、両国の発展のために協力し合っていきたいというメッセージを送りました。国際社会でロシアが孤立するなか、世界の信用を得ようとするあたりは、習近平主席のしたたかさが垣間見られた印象です。文化大革命を経て集団指導体制をとっていた中国でしたが、近年は永久国家主席を狙っているのではないかと推察されるほど、習近平主席に権力が集中しています。“一つの中国”を掲げ、香港の自由を奪い、次のターゲットが台湾であることは間違いありません。これまでに日本と中国は4つの政治文書を交わしてきました。1972年に田中角栄首相と周恩来首相の間で日中共同声明を。1978年には福田赳夫首相と鄧小平党中央委員会副主席との間で日中平和友好条約を結び、互いの領土を尊重し合うことを確認。これを機に日本は中国に政府開発援助(ODA)を大胆に入れていきました。1998年には小渕首相と江沢民主席の間で日中共同宣言を交わしました。このときは中国への侵略行為に反省を示し、日中の関係を調整しまし...more
カテゴリー:

習氏 想定外の「友好モード」 - 11月19日(土)05:00 

【バンコク時事】約3年ぶりに実現した17日の日中首脳会談で、岸田文雄首相と習近平国家主席は、安全保障分野の意思疎通を強化することで一致した。経済協力や人的交流の...
カテゴリー:

中国が日中関係で「5つの共通認識」 対日重視、協力姿勢鮮明に - 11月18日(金)17:30 

 17日にタイのバンコクで開かれた日中首脳会談を受けて、中国外務省は18日、関係の安定・発展に関する五つの共通認識に達したとする声明を発表した。「ハイレベル交流を強化し、政治面の相互信頼を増進する」と…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる