「旅客便」とは?

関連ニュース

全日空、東芝などと共同で二酸化炭素を原料にした燃料開発へ 2020年代後半の実用化を目指す - 12月02日(水)18:03  news

全日空 東芝などとCO2から燃料開発 2020年代後半 実用化目指す 航空大手の全日空は、工場などから排出される二酸化炭素を原料にした、航空機の燃料の開発に取り組むことになりました。東芝などと共同で2020年代後半の実用化を目指し、航空業界をめぐる世界的な二酸化炭素の排出規制に対応するねらいです。 二酸化炭素を原料にした新たな燃料の開発は、全日空や東芝、東洋エンジニアリング、出光興産などが連携して進めます。 東芝や東洋エンジニアリングがもつ特殊な技術を使い、工場などから排出された二酸化炭素を化学処理する...
»続きを読む
カテゴリー:

成田空港民営化後初の赤字 中間決算、コロナ影響 - 11月26日(木)12:14 

 成田国際空港会社(NAA)は26日、令和2年9月中間連結決算で、最終損益が424億円の赤字だったと発表した。同社によると、平成16年の民営化後、中間期として初の赤字となった。新型コロナウイルスの感染拡大で、旅客便が大幅に減ったことが主因としている。前年同期は183億円の黒字だった。
カテゴリー:

アシアナ航空、福岡〜ソウル/仁川線の運航継続 12月28日まで週1便で - 11月21日(土)17:28 

アシアナ航空は、11月23日より再開する福岡〜ソウル/仁川線の運航を、12月28日まで週1便で継続する。 3月9日より韓国発の旅客便の到着空港が東京/成田・大阪/関西の2空港に制限されていたものの、11月17日から福岡で […] 投稿 アシアナ航空、福岡〜ソウル/仁川線の運航継続 12月28日まで週1便で は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ZIPAIR Tokyo、東京/成田〜バンコク線を1日1便に 12月1日から - 11月20日(金)11:46 

ZIPAIR Tokyoは、東京/成田〜バンコク/スワンナプーム線を12月1日より1日1便に増便する。 当初は5月14日から1日1往復で旅客便の開設を予定していたものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うタイ政府による乗 […] 投稿 ZIPAIR Tokyo、東京/成田〜バンコク線を1日1便に 12月1日から は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

新型コロナで航空貨物業界に好機 真価が問われる“強力な市場”の関空 - 11月13日(金)14:11 

 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている航空業界では、貨物輸送にスポットライトがあたっている。旅客便需要が冷え込んだままなのに対して、経済活動を支える貨物便は荷物を満載。行き場をなくす荷物も出始めるほどだ。関西国際空港では大型の貨物専用機も登場。さらに今後はワクチンなど医薬品の輸送増も見込まれており、航空貨物ビジネスの好機をうまく捉えられるかが、関空の浮上のためのカギにもなりそうだ。
カテゴリー:

【国際】 コロナ抗体保有率が乗客全員同じ・・・ロシアの検査で不正か、中国行きフライトがキャンセルに - 11月28日(土)21:38  newsplus

ロシア・モスクワから中国河南省鄭州に向かう旅客便で、乗客190人が提出した新型コロナウイルスの抗体検査に 不正疑惑が持ち上がり、運航がキャンセルになった。在ロシア中国大使館が26日発表した。 中国大使館によると抗体検査は、運航するロシアのイカル航空が手配。 本来ばらつきがあるはずの抗体保有率の数値が乗客全員、まったく一緒だったのを不審に感じた中国側の問い合わせに、 検査したとする病院は合理的に説明できなかったという。中国大使館は「信頼性がない」と判断、便の運航を拒否したもようだ。 モスクワで...
»続きを読む
カテゴリー:

福岡空港に韓国からの旅客便 8カ月ぶりに到着 #.. - 11月23日(月)20:10 

福岡空港に韓国からの旅客便 8カ月ぶりに到着 #西日本新聞
カテゴリー:

LCCジップエア 来月から成田~ハワイ旅客便の運航.. - 11月20日(金)16:30 

LCCジップエア 来月から成田~ハワイ旅客便の運航開始へ #nhk_news
カテゴリー:

ティーウェイ航空、福岡〜ソウル/仁川線の運航再開 12月5日から週1便で - 11月19日(木)14:49 

ティーウェイ航空は、福岡〜ソウル/仁川線の運航を12月5日より再開する。 3月9日から運休していたものの、11月1日から日本と韓国での入国制限が緩和され、11月17日からは福岡への国際線旅客便の到着を認めたことから、運航 […] 投稿 ティーウェイ航空、福岡〜ソウル/仁川線の運航再開 12月5日から週1便で は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

新型コロナで航空貨物業界に好機 スペース不足、専用機の大型化も - 11月13日(金)10:35 

 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている航空業界では、貨物輸送にスポットライトがあたっている。旅客便需要が冷え込んだままなのに対して、経済活動を支える貨物便は荷物を満載。行き場をなくす荷物も出始めるほどだ。関西国際空港では大型の貨物専用機も登場。さらに今後はワクチンなど医薬品の輸送増も見込まれており、航空貨物ビジネスの好機をうまく捉えられるかが、関空の浮上のためのカギにもなりそうだ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「旅客便」の画像

もっと見る

「旅客便」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる