「方針転換」とは?

関連ニュース

“税理士への手数料”批判から方針転換…途絶えかけ.. - 12月06日(金)06:31 

“税理士への手数料”批判から方針転換…途絶えかけた伝統「黒七輪」を繋ぐ“ふるさと納税” 
カテゴリー:

サポート終了目前のWindows 7、方針転換であらゆる企業が「延長サポート」購入可能に - 12月04日(水)15:40 

Windows 7のサポートは2020年1月14日に終了し、それ以降もセキュリティパッチの提供を受けるには、マイクロソフトとボリュームライセンス契約を結んだ企業のみが延長サポートを有償で購入できる、というのが、これまでのマイクロソフトの方針でした。
カテゴリー:

京大のiPS備蓄事業、国が方針転換 来年度からの.. - 12月03日(火)08:08 

京大のiPS備蓄事業、国が方針転換 来年度からの支援打ち切り伝達
カテゴリー:

【政府】iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に ★4 - 12月02日(月)08:11  newsplus

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。  国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。  山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年のノーベル医学生理学賞を受賞。政府は再生医療の産業化を目指し、22年度までの10年間で1100億円以上を研究開発に投じると決めた。文部科学省は山...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に ★3 - 12月02日(月)00:11  newsplus

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。  国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。  山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年のノーベル医学生理学賞を受賞。政府は再生医療の産業化を目指し、22年度までの10年間で1100億円以上を研究開発に投じると決めた。文部科学省は山...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相とマルチ商法「ジャパンライフ」を結んだ政治家の実名 - 12月06日(金)05:00 

さまざまな「疑惑」が噴出し続けている総理主催の「桜を見る会」ですが、マルチ商法で多くの被害者を出したジャパンライフの元会長に対し、「総理枠」での招待状が発送されていたことが大きな話題となっています。首相は「個人的なつながりは一切ない」としていますが、果たしてその言は信頼に値するのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんは今回、自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、明らかとなっている事実をもとに総理と元会長の関係を改めて洗い出すとともに、説明責任を果たそうとしない首相の姿勢を批判的に記しています。 悪徳商法と政界の腐れ縁の象徴となった「桜を見る会」招待状 実体のない事業を、あるように見せかけて、カネを集める悪徳商法は、いつか自転車操業の資金繰りが限界に達して破綻する。それを見越したうえ、隠し口座などにだまし取ったカネをためておき、幕引きの直前に“最後の荒稼ぎ”をするのが詐欺師の常套手段らしい。 磁気ネックレスなどの預託という詐欺商法で破綻したジャパンライフの山口隆祥元会長などはその典型といえよう。“最後の荒稼ぎ”にとって格好の宣伝材料になったのが、2015年の3月、「内閣総理大臣 安倍晋三」から送られてきた「桜を見る会」への招待状だった。 この招待状については昨年1月30日の衆院予算委員会でも、政界とジャパンラフの不透明な関係という文脈で問題視されていたが、今回の騒動で、...more
カテゴリー:

【サッカー】名門の凋落。J1を死守できなかった磐田、2度目の降格を招いた最大の要因 - 12月03日(火)18:55  mnewsplus

ジュビロ磐田にとって2度目のJ2降格が決まった。 11月30日、本拠地ヤマハスタジアムに名古屋グランパスを迎えた崖っぷちの一戦。 FW大久保嘉人の今季初ゴールが決勝点となり、2-1で今季初の連勝を遂げたものの、16位湘南ベルマーレも勝利したため、1試合を残して今季の17位以下が決まってしまった。 降格を招いた要因 この結果を招いたのは、大きな転換期を感じ取れず、改革を先延ばしにしてしまったクラブの見極めの甘さが理由の1つに挙げられる。 小野勝社長は「昨年の(シーズン)中盤以降、勝ち点を積み上げられなかった。ケ...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に ★5 - 12月02日(月)13:00  newsplus

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。  国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。  山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年のノーベル医学生理学賞を受賞。政府は再生医療の産業化を目指し、22年度までの10年間で1100億円以上を研究開発に投じると決めた。文部科学省は山中...
»続きを読む
カテゴリー:

【2番じゃダメなんですか?】iPS細胞の備蓄、当初22年までの支援の予定を来年から即打ち切り 日本政府 - 12月02日(月)06:08  news

iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に 12/1(日) 20:34配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000046-jij-soci 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。 国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、 事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。 山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年の...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に ★2 - 12月01日(日)22:18  newsplus

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。  国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。  山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年のノーベル医学生理学賞を受賞。政府は再生医療の産業化を目指し、22年度までの10年間で1100億円以上を研究開発に投じると決めた。文部科学省は山中...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「方針転換」の画像

もっと見る

「方針転換」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる