「方向転換」とは?

関連ニュース

フローティング・ポインツが語る「日本のこと」「自身のルーツ」「『Crush』のテーマ」 - 10月19日(土)22:00 

10月18日、ついにFloating Points(フローティング・ポインツ)のニューアルバム『Crush』が発売された。サミュエル・シェパードがクリエイトする音楽は、ダンスミュージックにカテゴライズされるものだけど(実際に踊れるし)、それ以上の魅力があると思う。とっても知的で洗練されていて、クレイジーでもある。それはサム自身のパーソナルな部分が関係しているのかもしれない。電子音楽家であり、DJであり、彼は神経科学のサイエンティストであり、そして陽気でおしゃべりな人でもあります(音だけ聞いてると寡黙な人だと思うよね?)。つまり、とても興味深い人物だ。サマーソニック出演のために来日していたフローティング・ポインツことサミュエル・シェパードにインタビュー!「日本でのライブは、他の国と違う」〜サマーソニックを終えて〜ベンサマーソニックの出演、お疲れ様!フェス自体の感想から聞きたいな。サム最高だった。めちゃくちゃいいイベントだったよ、とくにサカナクションが印象に残ってる。何について歌っているのかわからないブラジルの曲を聞くときみたいに、歌詞が全く理解できない曲聞くのは僕にとってエキサイティングなことなんだ。ただ、周囲の日本人に聞いてみたんだけど、サカナクションの歌詞はすごくいいらしいね。難解というより、意味が深いってみんなが言っているのを聞いて、より興味を持ったよ。ベンは日本語ができるんだ...more
カテゴリー:

諦めろ日本。「団塊ジュニア」の出産ラッシュ終了で少子化急加速 - 10月17日(木)21:43 

先日、2019年の出生数が、予定より2年も早く90万人割れする見通し、と報道されました。若年層の「未婚化」が加速するなか未だに経済成長を追い求める日本の姿に、メルマガ『虚構新聞友の会会報』の発行者で虚構新聞の社主UKさんが、かつて栄華を極め、その後衰退したイギリスの事例を紐解きながら「余計なプライドを捨てよ」と述べています。 もう後がない状態から出産を始めた「団塊ジュニア」 「日経新聞」などの報道によると、今年2019年の出生数は90万人を割ることがほぼ確実になったそうです。 ▼出生数90万人割れへ19年、推計より2年早くhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO50672490W9A001C1MM8000/ 記事によると「団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい」そうで、2016年に100万人を割ってから、たった3年でさらに10万人減らしました。このペースで減少が続けば、2046年には日本人が一人も生まれなくなる異常事態です。 上記記事について、少子高齢化を専門にする公益財団法人中部圏社会経済研究所研究部長の島澤諭さんが詳しく解説されています。 ▼少子化はもう止められない「出生数90万人割れ」へ少子化が加速する社会の課題とはhttps://news.yahoo.co.jp/byline/shimasawamanabu/2...more
カテゴリー:

ダイソンが電気自動車の開発を断念、全固体バッテリー製造に方向転換 - 10月11日(金)10:30 

Dyson(ダイソン)は電気自動車の開発を中止したことを発表した。商業的に実現可能な車を作ることができないと判断し、プロジェクトの買い手も見つからなかったためだ。 先進技術の掃除機と扇風機で知られる同社は、現地時間10月10日に発表した声明で「自動車チームは素晴らしい車を開発したがプロジェクトは中止することを決定した」と語った。ダイソンは同プロジェクトの引き取り手も探したがまだ見つかっていないとも書いている。 2017年9月、同社はバッテリー式完全電動駆動自動車を開発中で2020年までに発売すると発表した。2018年10月に同社の取締役会は、最新技術による自動車製造設備をシンガポールに建設することを承認した。2階建ての工場は2020年に完成する予定だった。 ダイソンは電気自動車関連技術から完全に手を引いたわけではなく、今もシンガポールに対して将来を約束している。同社は「全固体電池の製造およびセンシング技術、視覚システム、ロボティクス、機械学習/AIの開発に向けた25億ポンド(3356億円)の投資プログラムを継続する」と創業者のJames Dyson(ジェームズ・ダイソン)氏が声明で語った。 「我々のバッテリーは、ダイソンが新しい刺激的な方向へと向かう上で必ず役に立つものだ」と語り、同社の投資意欲は衰えることがなく、英国、シンガポールの両国で引き続き基盤を固めていくことを言い添えた。...more
カテゴリー:

日本初! 「中小企業人本経営(EMBA)プログラム1年コース」 ~千葉商科大学×人を大切にする経営学会 履修証明プログラム 共同開講のご案内~ - 10月10日(木)17:30 

人を大切にする経営学会(R)(会長:坂本光司(元法政大学大学院教授))は、千葉商科大学(学長:原科幸彦)大学院と連携・協同し、2020年度より、企業経営者や幹部社員、弁護士や税理士といった専門家等を対象とした履修証明プログラム「中小企業人本経営(EMBA)プログラム1年コース」を開設します。2019年8月に、米国の主要企業の経営者団体であるビジネス・ラウンドテーブルが「Statement on the Purpose of a Corporation」という声明を発表しました。「顧客」、「従業員」、「取引先」、「地域」、「株主」という5方向のステークホルダーすべてに対して価値を提供するという宣言であり、これまでの株主至上主義からの方向転換といえます。このように、米国や中国はもとより、世界各地で、「株主や業績を最重視する経営」を改め、社員やその家族、さらには顧客や地域社会の幸せを最重視する、「社員第一主義経営」「5方良し経営」にシフトする動きが高まりつつあります。こうした変化・動きを踏まえ、いい中小企業、いい経営者・企業人を養成・支援するための社会的枠組みの必要性が高まってきています。そのため、理念や志を同じくする「千葉商科大学」と「人を大切にする経営学会(R)」は、1年間の協議を踏まえ、2020年度から日本初となる「中小企業人本経営(EMBA)プログラム 1年コース(履修証明プログ...more
カテゴリー:

【10月前半】毎日の運勢を徹底解説! 暦生活で“時の運”を味方に | ananweb - マガジンハウス - 10月02日(水)21:00 

個人が社会で輝くためには、本人の運気だけでなく“時の運”を知ることも必要です。そしてそれを明らかにしてくれるのが暦。運命学研究家のC.I.さんに10月前半の暦を教えて頂きました。紹介するのは、今日の全体傾向、干支と九星です。干支(かんし)十干(甲・乙・丙…)と十二支(子・丑・寅…)が結びつくと、甲子、乙丑、丙寅のような60組の干支の組み合わせになります。人物や出来事の性質に関係するため、暦解説ではその日の干支から「今日の性質」を読み解いています。九星(きゅうせい)東洋的観点で数字を応用した術。「気学」としても有名。暦解説では時間単位で吉方位を載せています。例えば「6時の東」とあれば「6時の前後1 時間(できれば30分以内)に東へ向かうと吉」の意味です。方位は各45度でみます。10月1日(火)今日の全体傾向目標に向かって毎日地道に励むことの大切さを意識したい日です。それは仕事や勉強のように、結果が求められるものだけではありません。人間関係にしても、甘えや惰性に流されては発展性がなくなります。小さな進歩に楽しみを見出しながらステップアップしていきましょう。穏やかな日々を続けていくにも、努力は必要なのです。干支 今日の性質【辛未】気持ちのアップダウンに負けない自己管理能力が求められるとき。コンディションがどうであれ、今やれることに集中しましょう。九星 今日の吉方位【八白】4時の南、6時の...more
カテゴリー:

祝賀パレード来月10日に、台風対応で“方向転換” - 10月18日(金)19:59 

祝賀パレード来月10日に、台風対応で“方向転換”
カテゴリー:

希少疾患の治療法をAIで探るHealxが約61億円を調達 - 10月17日(木)12:15 

AIを使って希少疾患の新しい治療法を探るスタートアップであるHealx(ヒーレックス)が、シリーズB投資で5600万ドル(約61億円)を調達した。 このラウンドを率いたのは英国ロンドンに拠点を置くベンチャー投資企業Atomico(アトミコ)だ。そこに、 Intel Capital(インテル・キャピタル)、グローバル・ブレイン、btov Partners(ビートゥーヴィー・パートナーズ)が加わった。さらに、 前回投資を行ったBalderton Capital(バルダートン・キャピタル)、Amadeus Capital Partners(アマデウス・キャピタル・パートナーズ)、Jonathan Milner(ジョナサン・ミルナー)氏も参加している。 Healxは、今回調達した資金で同社内に治療法パイプラインを開発し、国際的なRare Treatment Accelerator(希少疾患治療アクセラレーター)プログラムを立ち上げたいと話している。このプログラムは、患者グループと手を組み希少疾患のための創薬の効率化を図るものだ。 さらに、新しい治療法を発見し「24カ月以内に」臨床試験に持ち込む体制を整えることも目指す。現状からすると驚くほどの短期間だ。しかも、希少疾患の多くは、治療法開発の目を向けられることすらない。 「世界には、7000種類の希少疾患があり、4億人が罹患しています(半数は...more
カテゴリー:

第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会の10月開催を前に常連出展企業が証言 - 10月10日(木)21:31 

中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会(2019年義烏博覧会)が、2019年10月21~25日に中国最大の小商品卸売市場である義烏市で開催されます。3600のブースを設置する2019年義烏博覧会では、9つの主要カテゴリーで展示が行われ、200カ国以上から15万人が来場予定です。 120カ国以上でスポーツバッグとレジャーバッグを販売する義烏市百納箱包有限公司は、過去24年間で23回この博覧会に参加しています。創業者の王曜暉氏は、次のように述べています。「当初、百納はバッグでなく玩具を生産していました。義烏博覧会のおかげで、私の業界動向への理解が向上しました。方向転換して「8848」ブランドを確立したことで、当社は競合他社に差をつけることができました。」今年、王氏は注文にはあまりこだわらず、義烏博覧会のプラットフォームを通じて自社ブランドの国際市場への影響を強化したいと考えています。 義烏市双童日用品有限公司の成功は、義烏博覧会なしでは不可能でした。楼仲平董事長は、次のように述べています。「1995年に、当社は
カテゴリー:

赤外線カメラのFLIRが、廃業したAria Insightsのドローン技術を買収 - 10月04日(金)09:45 

去る3月、ドローンのスタートアップ、Aria Insightsが突然廃業した。社名を変更し、技術中心へと方向転換する発表をしたばかりだったため、ニュースはちょっとした驚きで迎えられた。米国時間10月2日、サーマルカメラのFlirは閉鎖した同社から知的財産権と営業資産の一部を買収したことを発表した。 Flirは、赤外線カメラで最もよく知られているが、最近ドローン分野への投資にも力を入れており、業界最大手のDJIやParrotらと提携している。 「繋留無人ドローンシステムは、部隊防護、国境警備、重要インフラ保護などに不可欠になりつつある」とFlirのDavid Ray(デビッド・ライ)氏がリリース文で語った。「Ariaの革新的技術と知的財産によって、当社の能力を拡大し、この成長する市場で消費者に提供するソリューションの幅を広げることができる」。 同社は3月にも、iRobotをスピンオフした軍事スタートアップであるEndeavor Roboticsを買収している。Aria InsightsはiRobotとも強い結びつきがある。同社は2008年にiRobotの共同創業者のHelen Greiner(ヘレン・グレイナー)氏らによってCyPhy Worksとして設立された。しかしグレイナー氏が去った後、同社はドローンのハードウェアから データ収集へと方向転換した。廃業するわずか数カ月前のことだ...more
カテゴリー:

<社説>消費税が引き上げ 減税へ方向転換すべきだ - 10月01日(火)06:01 

 1日から消費税が10%に引き上げられた。私たち国民は今回の増税が本当に必要だったのか、いま一度立ち止まって考える必要がある。  今回の増税の特徴を国民目線で端的に言うと、混乱と負担増だろう。  混乱は既に始まっている。軽減税率の導入やポイント還元制度があまりにも複雑なため、消費者だけでなく事業者に...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「方向転換」の画像

もっと見る

「方向転換」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる