「新潮社」とは?

関連ニュース

東野幸治、YouTuberデビューをPR! 本音も吐露「気が狂いそうに…」 - 02月27日(木)21:56 

お笑いタレント・東野幸治が27日、著書『この素晴らしき世界』(新潮社)の発売を記念し、都内でテレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行氏とともにトークショーを開催。YouTuberデビューについて言及した。
カテゴリー:

東野幸治、佐久間Pとの対談でいとおしい芸人愛語る - 02月27日(木)21:02 

東野幸治(52)が27日、東京・八重洲ブックセンターで、著書「この素晴らしき世界」(新潮社)刊行記念イベントを開催し、テレビ東京佐久間宣行プロデューサー(44)を相手に対談した。 同著は「週刊新潮」の連載を1冊にまとめたエッセー。西川き…
カテゴリー:

立花隆「日本共産党の研究」は当然のように共産党から猛反発を受ける。リンチ共産党事件など、党として触れられたくない部分が… - 02月26日(水)07:29  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00608509-bookbang-life  今年の5月に80歳となる立花隆。その新著『知の旅は終わらない』は語り下ろしの自叙伝だ。副題の「僕が3万冊を読み100冊を書いて考えてきたこと」が示すように、立花隆はいかにして立花隆になったのかが明かされる。  本書の読み所は、優れたノンフィクション作品が生まれた背景と内幕だ。たとえば74年の「田中角栄研究―その金脈と人脈」では、現在の1000万円に相当する費用が投じられる。力のある書き手で取材班を編成し、入手可能な活字資料は全部集め...
»続きを読む
カテゴリー:

【埼玉県議会】「お茶出し専属職員」が廃止決定 その理由は…「ジュースも飲みたいから」 - 02月22日(土)15:25  newsplus

13日(2020年2月)、埼玉県議会は「お茶出し専属」の職員枠の廃止を決めた。お茶出し専属職員とは、県議会の常任委員会と特別委員会で、議員たちにお茶を出す臨時職員のことで、50~70代女性7人があたっていた。急須で茶葉から入れ、審議前に配り、審議中断のときにすかさず差し替え、審議終了後に湯のみを回収する。 いまどきこんな職員がいるとは、司会の小倉智昭も「信じられない」と驚く。「ほかの議会はどうなの?」と問われた元国会議員の若狭勝(弁護士)は、「国会では、後方に置いてある水を議員が自分でコップに入れて、...
»続きを読む
カテゴリー:

見せたがりのJK×脇フェチの少年が織りなすピュアラブコメがバンチで開幕 - 02月21日(金)14:14 

本日2月21日発売の月刊コミックバンチ4月号(新潮社)で、降本孟の新連載「見せたがりの露乃ちゃん」がスタートした。
カテゴリー:

東野幸治による“吉本バイブル”「陣内は嫌がっていた」 原稿修正依頼も - 02月27日(木)21:21 

お笑いタレント・東野幸治が27日、著書『この素晴らしき世界』(新潮社)の発売を記念し、都内でテレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行氏とともにトークショーを開催。
カテゴリー:

【サッカー】“名門”暁星学園サッカー部で暴行事件が起きていた 被害者には今も後遺症が - 02月26日(水)19:18  mnewsplus

 全国大会に出場した経験もある名門・暁星学園(東京都千代田区)の中学サッカー部で暴行事件が起きていた。被害者は一時意識を失い、現在も後遺症があるという。  *** “事件”が起きたのは1月31日の部活動中。中学2年生の部員二人が、ロッカーの取り合いが原因で喧嘩になったことがきっかけだった。二人は倒れこみ、 揉み合いに。やがてマウントをとられた被害者は顔面に大きな衝撃を受け、意識を失ったという。  さる部員の保護者は、その後についてこう話す。 「救急車で都内の病院に運ばれた被害者の部員は、その日の19時...
»続きを読む
カテゴリー:

ベストセラーランキング(2020/2/23) - 02月23日(日)12:45 

■くまざわ書店那覇店 (1)坂本綾子著、泉美智子監修「今さら聞けないお金の超基本 ビジュアル版」(朝日新聞出版・1320円) (2)宮口幸治著「ケーキの切れない非行少年たち」(新潮社・792円) (3)とがわ愛著、坂井建雄監修「はじめてのやせ筋トレ」(KADOKAWA・1320円) (4)島本理生著「Red」(中央公論新社・85...
カテゴリー:

『少女終末旅行』『シメジ シミュレーション』…漫画家つくみずの展示会を開催! - 02月21日(金)18:00 

今月2月28日(金)の『シメジ シミュレーション』コミックス第1巻の発売を記念して、デビュー作『少女終末旅行』(新潮社刊)、そして4コマ漫画誌『コミックキューン』で連載中の『シメジ シミュレーション』(KADOKAWA刊)の著者である、独創・・・
カテゴリー:

槇原敬之、名曲「世界に一つだけの花」を生んだ精神的・肉体的苦痛と前回逮捕時の悲哀 - 02月20日(木)19:30 

「『槇原敬之』元恋人が『愛憎』告白!『新しい男の出現で私は警察に…』」というタイトルの記事が「週刊新潮」(2月27日号、新潮社)に掲載された。この記事では、槇原容疑者と20年以上一緒に暮らし、個人事務所の社長も務めていた元恋人の男性が証言している。元恋人は、槇原容疑者に新しい彼氏...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「新潮社」の画像

もっと見る

「新潮社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる