「新潮社」とは?

関連ニュース

貯金ゼロから投資で1000万円作る方法とは? 失敗で「500万円失った」経験もある肉乃小路ニクヨさんに「お金の増やし方」を聞く - 02月27日(火)05:00 

昼は「金融エリート」、夜は「女装」という経歴を持つ肉乃小路ニクヨさん。証券会社、銀行、保険会社を渡り歩き、金融のプロとして投資の大切さを多数のメディアで発信しています。肉乃小路さんに、紆余曲折の人生を経て学び得た金銭感覚や株式投資の楽しみ方、投資初心者がやってしまいがちな失敗パターンを教えていただきました。こちらも読みたい>>新NISAは「オルカンかS&P500」「一括か積立」どっち?上手な活用方法とは? 元外資系金融エリート肉乃小路ニクヨさんに聞く老後資金2000万円問題に悩む人へ、肉乃小路ニクヨさんの5つのアドバイス肉乃小路さん正社員からワーキングプアに転落――元「金融エリート」だったということですが、慶應大学を卒業後、その道に進まれた経緯を教えていただけますか。「エリート」と紹介していただくことも多いんですが…、私自身は叩き上げだと思ってるんですよ。正社員からアルバイト、派遣社員、契約社員、管理職まで一通り経験し、ワーキングプアや引きこもり生活も経験しました。私のキャリアは大学卒業後、入社直前に急性肝炎に罹って入院し、証券会社を3カ月で退職するという挫折からの始まりだったんですね。入院中に勉強して証券外務員二種の試験に合格しました。でも、退院後、右も左もわからないまま支店に配属されて毎日が不安でしかない。早朝6時に出社して、就業後も飲み会に参加させられて「こんな生活続...more
カテゴリー:

死期を迎えた偉人たちがやってくる「最後のレストラン」連載13年の歴史に幕 - 02月21日(水)18:57 

藤栄道彦「最後のレストラン」が、本日2月21日発売の月刊コミックバンチ4月号(新潮社)で完結した。
カテゴリー:

伊東純也が「性加害騒動」で「潔白の逆転ゴール」決めた!?2億円訴訟の議論白熱。冤罪証明かスラップ訴訟か、松本人志5億裁判との相違点は? - 02月20日(火)19:08 

弊サイトでも既報の通り、『週刊新潮』により性加害問題が報じられたサッカー日本代表の伊東純也(30、仏スタッド・ランス所属)。 【関連】アジア杯サッカー日本代表8強敗退の「戦犯」は伊東純也か被害女性か『週刊新潮』か?「新証拠」「スラップ訴訟説」「爆破予告」とカオスに…窮地の森保ジャパン 昨年6月21日未明、飲み会の席で知人から伊東を紹介された2人の女性が、断る間もなく連れて行かれた高級ホテルで伊東と彼のトレーナーから性被害を受けたとして、1月18日に準強制性交罪等で刑事告訴し大阪府警が受理したと『週刊新潮』は伝えた。 【関連】サッカー日本代表・伊東純也が“性加害”で刑事告訴されていた 被害女性は「大量のお酒を飲まされて、気付くと彼が私の上に」 これを受け伊東の代理人を務める加藤博太郎弁護士は今月1日、「完全なでっち上げの事件」として虚偽告訴容疑で女性らを逆告訴していた。 【関連】【独占入手】伊東純也の “潔白” 証明する「LINE」と「動画」の中身…弁護士が性加害報道に徹底反論 また、「NEWSポストセブン」の記事では、伊東の代理人弁護士が「そもそも性行為自体なかった」と話したとも伝えられている。 【関連】伊東純也の性加害疑惑「逆告訴」で双方の主張は真っ向から対立、告発女性を特定しようとする“二次加害”が発生 そんな伊東サイドが件の女性2人に対して19日、性被害を虚偽告訴され名誉を傷...more
カテゴリー:

人気のブックレビューサイトが推薦! “今読んでほしい恋愛小説”9選 | ananweb - マガジンハウス - 02月18日(日)19:30 

最近出版された作品に加え、過去作にも名恋愛小説は多数。何か読みたいけれど、何を手に取っていいかわからない~。そんな迷える子羊たちに、2つのブックレビューサイトが今読むべき作品を推薦します。まずはここから読んでみて!人気のブックレビューサイトに聞きました。今読んでほしい恋愛小説、教えてください!好書好日朝日新聞出版が運営するサイト。今回は、サイトで書評を執筆しているライターの清繭子さんが選書を担当。心の奥にある本当の気持ちに気づかせてくれる作品たち。読み終わったときに恋する良さを改めて実感したり、辛い結末でも、悲恋だからこそ感じられる切なさがきちんと詰まっている。そんな恋愛哲学を持った5冊。1、『恋の幽霊』町屋良平 朝日新聞出版 1980円「自分を罵倒する年下上司とセフレ関係にある京は、大晦日、恋の限りを尽くした高校時代の3人の仲間に“みんなどうしてる?”とメールを送る。あの頃の〈触れたい〉〈わかりたい〉と思う切実な気持ち。思うままにならない世間と自分。友情も恋愛も混濁したまま、拙く寄り添い合った日々。私にもそんなときがあったと、自身の恋の幽霊を見つけるはず。そして大人になった今も、心のどこかであのややこしい恋に飛び込みたい自分に気づくだろう」2、『プリズム』著・ソン・ウォンピョン 訳・矢島暁子 祥伝社 1760円「失恋後の空白に我慢できず、すぐ次を探してしまうイェジン。悲しい過去が...more
カテゴリー:

「五十代は、まだ青年」一代で財を成した浅野セメント創業者・浅野総一郎の人生学 - 02月15日(木)15:02 

「また年をとってしまった」と嘆く人は老いぼれやすい? 浅野セメント、日本鋼管などの創業者・浅野総一郎氏が新潮社の創業者である佐藤義亮に語った、人生における年齢についての話題を、今回のメルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』が紹介しています。 浅野セメント創業者の訓言 月刊『致知』最新号の特集テーマは、「丹田常充実」です。 本特集のテーマに込める思いを綴った『致知』主幹による総リードの一部をお届けします。 ………………………………………………… 浅野セメント、日本鋼管などの創業者・浅野総一郎が新潮社の創業者である佐藤義亮にこう言ったという。 「大抵の人は正月になると、また一つ年を取ってしまったと言い、殊に年配になると正月がくるのを恐がるが、私は年なんか忘れてしまっている。  そんなことを問題にするから、早く年がよって老いぼれてしまう。この世は一生勉強していく教場であって毎年一階ずつ進んでいくのだ。  年を取るのは勉強の功を積むことに他ならない」 勉強とは学問だけでなく仕事を通じて自分を磨くことで、その勉強に真剣勝負の心構えで臨むことが必要、それを積み重ねて一年に達した時、人生学の教場の一学年を卒業させてもらえる、と言葉を重ね、浅野総一郎はこう結んでいる。 「私にとってはこの人生学の教場を卒業するのはまず百歳だろうとちゃんと腹に決めている。昔から“男の盛りは八十から”という。あなたは...more
カテゴリー:

坪田譲治文学賞 宮島さんに賞状 岡山で贈呈式、選考委員と対談も - 02月23日(金)18:57 

 第39回坪田譲治文学賞(岡山市主催)の贈呈式が23日、岡山芸術創造劇場ハレノワ(同市北区表町)であり、「成瀬は天下を取りにいく」(新潮社)で受賞した作家宮島未奈さん(40)=大津市=に賞状などが贈ら...
カテゴリー:

【サッカー】青汁王子・三崎優太氏、伊東純也の訴訟めぐり相手女性の偽住所情報で「全く信憑性ないじゃん」★2 - 02月20日(火)21:45  mnewsplus

 「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が20日、X(旧ツイッター)を更新。性加害疑惑で刑事告訴されているサッカー日本代表FW伊東純也(30=スタッド・ランス)と代理人弁護士らが、大阪地裁に相手側女性2人に対し、大阪地裁に民事訴訟を行ったことについてコメントした。  19日午前11時半過ぎに、伊東の代理人を務める加藤博太郎弁護士らが提出した訴状が受理された。伊東選手に関わる金額は2億円、トレーナーに関わるものが243万3131円という。加藤氏は2月初旬に民事訴訟の意向を示しながら提訴まで時間を要したことについては「先方...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】青汁王子・三崎優太氏、伊東純也の訴訟めぐり相手女性の偽住所情報で「全く信憑性ないじゃん」 - 02月20日(火)15:58  mnewsplus

2/20(火) 15:39配信 日刊スポーツ https://news.yahoo.co.jp/articles/26098b8e7bc278af1b7e16b7cf94776fb17d801b  「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が20日、X(旧ツイッター)を更新。性加害疑惑で刑事告訴されているサッカー日本代表FW伊東純也(30=スタッド・ランス)と代理人弁護士らが、大阪地裁に相手側女性2人に対し、大阪地裁に民事訴訟を行ったことについてコメントした。  19日午前11時半過ぎに、伊東の代理人を務める加藤博太郎弁護士らが提出した訴状が受理された。伊東選手に関わる金額は2億円、トレーナーに関わ...
»続きを読む
カテゴリー:

司書が選ぶ高校生へのイチオシ本 1位は「成瀬は天下を取りにいく」 - 02月16日(金)20:00 

 埼玉県内の高校図書館司書の有志が、過去1年間に出版された本の中から、高校生に読んでほしい本を選ぶ「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2023」(県高校図書館フェスティバル実行委員会)が16日発表された。1位には、宮島未奈さんの小説「成瀬は天下を取りにいく」(新潮社)が選ばれた。
カテゴリー:

硫黄島に「あったこと」知って 島民と芥川賞作家が語る会 2月17日に都内で【強制疎開から80年】 - 02月14日(水)21:30 

「ほとんどの人は、島に豊かな暮らしがあった、なんて知らないでしょうね」と、硫黄島生まれの奥山登喜子さん(90)は言う。「余すところなく伝えたい。硫黄島っていうところは、忘れちゃだめなんだよ」──2月17日に都内で開催される「硫黄島強制疎開80周年記念シンポジウム」(主催・明治学院大学国際平和研究所/全国硫黄島島民3世の会)に、島民3世で芥川賞作家の滝口悠生さんらと登壇する。奥山登喜子さんに画像を見せながら話す滝口悠生さん苛烈な戦いの前で「硫黄島」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、太平洋戦争末期の苛烈な地上戦かもしれない。日米あわせて約5万人が死傷。日本軍が全島要塞化を図り、総延長18キロに及ぶ地下壕をつくった硫黄島の戦いは、クリント・イーストウッド監督、渡辺謙さん、二宮和也さん出演の映画「硫黄島からの手紙」でも描かれ、強烈な印象を残した。島では今も1万人を超える戦没者の遺骨が見つかっていない。2023年には硫黄島沖で海底火山が噴火し、ニュースでも報じられた(気象庁によると、海上の表出部分は現在「岩程度」に縮小)。けれど、硫黄島がどんな歴史を辿ってきたのか、いつから、なぜ、この島に民間人が自由に立ち入れないのかについては、奥山さんが言うように、ほとんど知られていない。硫黄島=2023年3月開拓から半世紀 硫黄島にあった暮らし東京都心から南へ1250キロ先の太平洋に浮かぶ、小笠原諸島...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる