「新潟県」とは?

関連ニュース

曽我ひとみさん「悔しい、悲しい、心痛い」 横田滋さん宛て手紙全文 - 06月06日(土)18:54 

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、拉致被害者家族会の初代代表、横田滋さんが87歳で5日死去したことを受け、拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が6日、新潟県佐渡市の真野行政サービスセンターで報道陣の取材に応じ、横田さんに宛てて書いた手紙を読み上げた。手紙の全文(カッコ内を除き原文ママ)は次の通り。
カテゴリー:

横田滋さん、安らかに 眠るように旅立つ - 06月06日(土)18:33 

 5日に亡くなった拉致被害者・横田めぐみさんの父、滋さん。安らかに、眠るように旅立ったということです。 「(Q.滋さんは何が一番つらいと?)手とか硬いから柔らかくしてあげたいと思い、マッサージしているが、ちょっと眉にシワを寄せるから、『痛い?』と聞くと(滋さんは)『うん』と」(横田早紀江さん 去年12月)  おととし4月から入院していた横田滋さん。平日は妻の早紀江さん、週末は息子の拓也さんと哲也さんが欠かさず見舞いを続けていました。病室には、めぐみさんの写真が飾られ、新型コロナの影響で3月末から病院での面会が禁止となった以降もタブレット端末で病室の滋さんに話しかけると、ニコニコと笑顔を浮かべていたということです。「お父さん、大丈夫よ」と励まし続けた早紀江さん。滋さんは安らかに眠るように旅立ったということです。  滋さんの葬儀は週明けに家族葬で行われます。  「愛情のパワーで今まで突っ走ってこられた。なぜ会わせてあげることができなかったのかなと、繰り返し繰り返し、考えています」(拉致被害者 蓮池薫さん)  新潟県柏崎市の拉致被害者・蓮池薫さんは、「北朝鮮に対する憤りと歴代の日本政府に対してもどかしさを感じる」と話しました。また、佐渡市の曽我ひとみさんは、「私の人生を救ってくれたのに」と肩を落としました。  「私は何の恩返しもできませんでした。めぐみさんに会わせてあげたかった。悔しい、...more
カテゴリー:

国内最大級の野外音楽祭「フジロック」が中止 - 06月06日(土)13:03 

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、8月に新潟県湯沢町で予定されていた国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」が中止になった。海外ミュージシャンの招待が難しくなったことなどが理由とみられる。
カテゴリー:

「悔しい、悲しい、心が痛い」曽我ひとみさん、横田滋さん死去に - 06月06日(土)12:25 

 横田滋さん(87)の死去を受け、拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が6日、新潟県佐渡市内で報道陣の取材に応じ、横田さんに宛てて書いた手紙を読み上げる形で、「めぐみさんに会わせてあげたかった。悔しい、悲しい、心が痛い、さまざまな思いが頭の中をぐるぐる駆け回っている」と話した。
カテゴリー:

拉致被害者の曽我さん「悔しい」 横田滋さん死去に心境明かす - 06月06日(土)12:00 

 昭和52年11月に北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、拉致被害者家族会の初代代表、横田滋(よこた・しげる)さんの死去を受け、拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が6日、新潟県佐渡市内で報道陣の取材に応じ、横田さんに宛てて書いた手紙を読み上げる形で、「めぐみさんに会わせてあげたかった。悔しい、悲しい、心が痛い、さまざまな思いが頭の中をぐるぐる駆け回っている」と話した。
カテゴリー:

【朗報】埼玉県熊谷市で10分間に50mmの猛烈な雨 日本歴代1位に相当か - 06月06日(土)18:52  poverty

埼玉県熊谷市で10分間に50mmの猛烈な雨 日本歴代1位に相当か https://news.livedoor.com/topics/detail/18376715/ 2020年6月6日 17時45分 埼玉県の熊谷市で10分間の雨量が50mmに達する猛烈な雨が降った 雨は20分ほどで峠を越えたものの、わずかな時間で道路が冠水したとのこと 2011年に新潟県の室谷で観測した記録に並ぶ、日本歴代1位に相当するという ...
»続きを読む
カテゴリー:

生涯フリー、1日貸し切り…老舗遊園地がユニーク返礼品 - 06月06日(土)16:15 

 生涯フリーパスポート、1日貸し切り――。そんなユニークな「返礼」つきのクラウドファンディング(CF)を、コロナ禍で存続の危機に立たされている新潟県の老舗遊園地が始めた。「3世代で楽しめる遊園地をなく…
カテゴリー:

三浦瑠麗氏、横田滋さん訃報に「運命に翻弄」「素晴らしいお父さま」と“不遜”投稿し物議 - 06月06日(土)12:30 

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、滋さんが5日、死去した。当時13歳だっためぐみさんは1977年、新潟県で失踪。97年に脱北した亡命工作員の証言などによって、北朝鮮に拉致された疑いが浮上したことを受け、横田滋さんは全国の拉致被害者家族らと「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」を...
カテゴリー:

高校総体中止で新潟県ボクシングは独自策を模索 - 06月06日(土)12:08 

新潟県高体連は、新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校総体(インターハイ)に伴い、県高校総体も中止になったことで、代替大会の開催実施について各競技の専門部に開催可否の意向を調査している。6月中旬をめどに集約を進めるが、競技ごとの…
カテゴリー:

曽我ひとみさん、横田滋さん(87)の死去を受け「悔しい」「さまざまな思い頭に」 共同通信 - 06月06日(土)11:44  newsplus

◇ 曽我ひとみさん「悔しい」「さまざまな思い頭に」 横田滋さん(87)の死去を受け、拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が6日、新潟県佐渡市内で報道陣の取材に応じ、横田さんに宛てて書いた手紙を読み上げる形で、「めぐみさんに会わせてあげたかった。悔しい、悲しい、心が痛い、さまざまな思いが頭の中をぐるぐる駆け回っている」と話した。  また「私の人生を救ってくれたこと、心から感謝してもしきれません」と語るとともに、「この痛恨を力にかえて活動を続け、一日も早い解決に向かって頑張ります」と決意を新たにしていた。...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「新潟県」の画像

もっと見る

「新潟県」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる