「新型肺炎」とは?

関連ニュース

1日あたり20TB--中国の新型コロナ対策で活用されたデータ分析の実際 - 05月29日(金)06:45 

中国・武漢が震源地と目されているコロナウイルスの世界的大流行の初期段階で状況把握や抑制にデータ分析が活用された。中国政府は新型肺炎対策会議でAIによる医療診断支援や業務支援などの施策にテクノロジーの活用を決定した。
カテゴリー:

玉川徹「ルクセンブルクは一か月かけて国民全員に検査をやっている 一方日本は」 ←ルクセンブルクの人口は60万人 ★2 - 05月28日(木)22:14  poverty

玉川「ルクセンブルクでは一か月かけて国民全員に検査をやっている~日本は~」 玉川さんよ、ルクセンブルクの人口を知ってるのか?60万弱だぞ。そのルクセンブルクの 対策を取り上げて、1億人越えの日本に同じことをやれと言いたいのか? #新型コロナウィルス #新型肺炎 #モーニングショー #玉川徹 https://twitter.com/Tak89891/status/1264705103304388608 https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account) 玉川徹 「ルクセンブルクは一か月かけて国民全員に検査をやっている 一方日本は」 ←ルクセンブルクの人口は60万人 https...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型肺炎】ブラジル、看護師死亡が世界最多137人…防護装備不足で - 05月28日(木)16:58  newsplus

【サンパウロ共同】新型コロナの感染者が27日に40万人を超えたブラジルで、患者に接する看護師ら医療従事者の感染死が世界最多となり問題となっている。医療用マスクなど感染防止の装備が不足しているためで、関係者は早急な対策を政府に求めている。 ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。 https://this.kiji.is/638647347081135201 ...
»続きを読む
カテゴリー:

6/7から感染対策の規制緩和へ、国内感染56日連続ゼロなら - 05月28日(木)00:00 

台湾では27日まで、海外からの帰国者を除くと45日連続で新型コロナウイルスの新規感染者が出ていない。台湾で確認された感染者は累計441人で、うち死亡者7人となっている。こうした状況を受けて行政院(=内閣)は26日、今後の新型コロナウイルス対策の見直しについて話し合い、「水際対策は厳格管理、台湾内部は規制緩和」の原則を決めた。国内感染ゼロが続いた場合、6月7日に感染対策として実施していた規制を大幅に緩和する。新型コロナウイルスの潜伏期間を2週間と設定した場合、6月7日まで国内感染が出なければ、潜伏期間4回分(56日間)が経過したことになる。   中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当)の陳時中指揮官は27日午前にメディアの取材を受け、「一般的に連続28日間(潜伏期間2回分)国内感染が出なければ、市中は安全だと言うことができる。しかし、新型コロナウイルスはこれまでの感染症とは違うと指摘する声も多く、無症状の感染者、あまり症状がでない感染者も多く、抗体検査で陰性とされながらも再び陽性に転じる可能性もある。漏れが生じないように、こうしたケースを市中で『少し泳がせる』ことにした」と述べた。   陳時中指揮官によると、中央感染症指揮センターは4月30日の段階で最終目標を打ち立てており、まずは「防疫新生活運動(=感染対策のための新しい生活様式)」の開始を宣言し、規制緩...more
カテゴリー:

ボーイングとエアバス、機内のコロナ対策研究に本.. - 05月27日(水)02:30 

ボーイングとエアバス、機内のコロナ対策研究に本腰 #新型コロナウイルス #新型肺炎 #ボーイング #エアバス
カテゴリー:

中国「香港国家安全法」に声上げぬ、日本の国会議員や護憲派の愚 - 05月29日(金)04:45 

習近平政権が、またも「暴挙」に出るようです。中国政府は北京で開かれた全国人民代表大会において、香港の治安を守るために「香港国家安全法」を導入すると発表。香港の自治を脅かす恐れのあるこの中国の目論見に対しては、日本でも一部政治家や政党が声を上げたものの、「自由」や「人権」に敏感なはずのリベラルのほとんどがだんまりを決め込んでいると言っても過言ではない状況となっています。その理由はどこにあるのでしょうか。そして民主主義を踏みにじるような中国の独裁に対して、我々はどう対峙すべきなのでしょうか。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、香港問題の本質を解説するとともに、日本人がこの問題をどう捉えるべきであるのかについても考察しています。 ※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2020年5月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう) 1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 【...more
カテゴリー:

【新型肺炎】台湾、きょうも新規感染ゼロ! 入院中の患者は残り14人 - 05月28日(木)17:06  newsplus

(台北中央社)台湾では28日、新型コロナウイルスの新規感染者が確認されなかった。中央感染症指揮センターが発表した。感染者は7日間見つかっておらず、海外への渡航歴を持つ人を除いては46日連続。台湾内でこれまで確認された感染者は441人で、うち7人が死亡。420人の隔離が解除され、入院している患者は残り14人となった。 http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202005280005.aspx ...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナで一変する空の旅、トイレに挙手制も ロッ.. - 05月28日(木)09:45 

コロナで一変する空の旅、トイレに挙手制も ロックダウンが緩和される中、空港や航空会社はさまざまな安全措置を導入  #新型肺炎 #新型コロナウイルス
カテゴリー:

マスクの自由な販売と海外への郵送、6/1の解禁が決定 - 05月28日(木)00:00 

中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部)が27日の記者会見で、国産のマスク(感染予防に有効とされるもので、布製マスクは含まない)の国内外での販売を6月1日に解禁すると発表した。   記者会見に参加した経済部(日本の経産省に相当)の沈栄津部長(大臣)によると、今年1月31日に国産のマスクを全て政府が買い上げる措置を始めて以降、買い上げた数量は13億枚を超えた。現在では備蓄が2億枚から3億枚に達しているほか、台湾の人たちのマスクに対するニーズも減ると共に安定してきた。沈経済部長は、このためマスクの生産は今、感染対策としての短期的な任務から長期的な戦略物資としての産業へと転じる好機であると説明した。   27日の発表によると、軍によるマスクの生産支援やマスクの生産に向けた様々な奨励措置は6月1日に打ち切られ、国産マスクの政府による買い上げはこれまでの一括買い上げから毎日800万枚の買い上げに改める。メーカーがそれ以上生産した部分は国内外での販売を認める。同時に、台湾の人たちが海外にマスクを送る場合、受取人は海外で暮らす二親等以内の親族でなければならず、数量も2カ月ごとに30枚までとしていた制限も解除する。   ただ、政府による備蓄が1億枚を下回った場合は、1日の買い上げ数量を1,200万枚へと増やし、感染が再び広がった場合に国民に十分な数のマスクを供給でき...more
カテゴリー:

マスクの関税免除終了、消毒アルコールの課税半減は3ヶ月延長 - 05月27日(水)00:00 

新型コロナウイルス感染防止において、マスクやアルコール消毒液は重要な防疫物資だ。財政部(日本の財務省に相当)は2月27日から5月26日までの3ヶ月間、マスクや消毒用アルコール原料に対する関税を免除・減額することを発表した。これは、世界的に需要が高まることで原材料コストが高騰することが予想されたため、輸入コストを削減して業者の負担軽減を狙ったためだ。それと同時に、販売価格を抑え、市民が購入しやすいように配慮した。消毒用アルコール原料の関税は、20%から半分の10%に、マスクは7.5%の関税が免除となった。 行政院(内閣)は、マスクとアルコール原料に対する関税の免除・減額期限を迎えた26日夕方、消毒用アルコール原料の関税半減について、さらに3ヶ月間延長することを決めた。期間は8月26日までとなり、その後さらに延長するかどうかは状況を見て判断するとした。非課税だった輸入マスクについては、27日から従来の7.5%が課税される。 マスクの関税免除期間が終了したことに合わせ、27日から個人による郵送・国際スピード郵便での輸入や海外からの持ち込みについて、免税範囲(2,000台湾元=約7,150日本円)を越えた分は7.5%が課税される。なお、海外から持ち込む物品の免税範囲は、総額2万台湾元(約7万1,500日本円)まで。 そのほか、中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当)は先ごろ、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「新型肺炎」の画像

もっと見る

「新型肺炎」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる