「新国立劇場」とは?

関連ニュース

【欅坂46】「生粋のお嬢様」菅井友香が背後から荒々しく抱かれ胸をもまれる“艶技”披露!キスシーンも - 01月15日(水)09:23  mnewsplus

欅坂46・菅井友香(24)が14日、東京都内で初主演舞台「飛龍伝2020」(30日~2月12日、東京・新国立劇場)の公開稽古を行った。 劇作家、つかこうへいさんの代表作で、1970年代を舞台に全共闘の女性委員長と敵の機動隊隊長との恋を描く物語。 稽古では、全共闘作戦参謀役の俳優、味方良介(27)に背後から荒々しく抱きしめられるなど新境地となる“艶技”を披露。 胸をもまれたり、キスシーンもあり、欅坂の激しいダンス曲を引き合いに「『不協和音』と『ガラスを割れ!』がずっと続く感じ」とアピールした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ノンスタ石田「不倫と思われる」今泉佑唯にクレーム - 01月14日(火)16:18 

欅坂46のキャプテン菅井友香(24)が14日、都内で行われた主演舞台「飛龍伝 2020」(1月30日初日、東京・新国立劇場中劇場など)の公開稽古に出席した。共演のNON STYLE石田明(39)に、まさかの馬をおねだりする一幕があった。…
カテゴリー:

欅坂菅井が公開稽古で殺陣披露、共演石田明ら絶賛 - 01月14日(火)14:08 

欅坂46のキャプテン菅井友香(24)が14日、都内で行われた主演舞台「飛龍伝 2020」(1月30日初日、東京・新国立劇場中劇場など)の公開稽古に出席した。 原作の小説「飛龍伝」は、来年没後10年を迎える劇作家つかこうへいさんの代表作の…
カテゴリー:

史上最年少の“新国立”芸術監督 大抜擢の裏にあったのは「メソッド」 | ananweb - マガジンハウス - 01月09日(木)20:40 

昨年、新国立劇場に史上最年少の芸術監督が誕生した。当時、小川絵梨子さんは39歳。日本での本格的演出家デビューから10年足らずでの抜擢は衝撃的だった。“斬新な舞台ばかりでなく、ベーシックも必要なんです”「小さい時から演劇はよく観ていて、学生時代は演劇部でした。最初は俳優になりたかったんですが、高校3年生の時に演出をやったら楽しくて。私個人の表現より、いろんなセクションからのアイデアを吸い上げて舵取りするほうが性に合っていたんだと思います」そして20歳の時に旅行でNYを訪れたのをきっかけに、向こうで演劇を学びたいと留学を決意する。「その時はまだ、演劇を仕事にしようという強い意思ではなかったけれど、演劇をアカデミックに学びたかったんです。演劇の演出を専門に学べる学校が日本にはあまりないのと、全く知らない世界を体験してみたいという思いもあって、思い切って海外に出ました」NYでの日々は新鮮で楽しかったけれど、将来を考えると展望が見えずに落ち込んだ、とも。「日本で演出家になる方法がわからなかったし、アメリカで演出をやるには言語能力も、何より文化の理解度が足りない。私は、古典を斬新な解釈で再構築するより、戯曲を読み込んで地道に積み上げていくのが好きだしそれしかできないんです。でもそれには、根底にある文化の理解度が必要。例えば阿部定事件とか、ドラえもんとか縁側とか…日本人のなかに共通する原風景や想...more
カテゴリー:

A.B.C-Z戸塚祥太、舞台開幕!「母の作ったおせち」で英気養う - 01月09日(木)08:26 

 男性5人組、A.B.C-Zの戸塚祥太(33)が8日、東京・新国立劇場で舞台「阿呆浪士」の初日を迎え、共演する男性4人組、ふぉ~ゆ~の福田悠太(33)らと報道陣の取材に応じた。
カテゴリー:

欅坂・菅井友香、背後から荒々しく抱かれ胸をもまれる“艶技”披露 - 01月15日(水)08:39 

欅坂46・菅井友香(24)が14日、東京都内で初主演舞台「飛龍伝2020」(30日~2月12日、東京・新国立劇場)の公開稽古を行った。劇作家、つかこうへいさんの…
カテゴリー:

ノンスタ石田明、ロンブー亮に出演舞台を「見に来て」とラブコール - 01月14日(火)15:57 

お笑いコンビ、NONSTYLEの石田明(39)が14日、東京・西新宿の芸能花伝舎で行われた舞台「飛龍伝2020」(30日~2月12日、東京・新国立劇場など)の公…
カテゴリー:

舞台縦横ときどきナナメ:今だからこそ「人を思うちから」 新国立劇場が来季ラインアップを発表 - 01月11日(土)11:00 

 年明け早々、中東情勢が緊迫している。ギリシャ悲劇しかり、暴力は暴力しか生まないことを、人間は歴史の中で身をもって知っているはずなのだが。  折しも、新国立劇場の小川絵梨子・演劇芸術監督が2020/2021シーズンにおけるシリーズのタイトルを「人を思うちから」と銘打った。なんとも示唆的だ。
カテゴリー:

今敏「東京ゴッドファーザーズ」舞台化、2021年の東京で3人のホームレスが奔走 - 01月09日(木)13:03 

今敏が監督・原作・脚本を務める長編アニメ「東京ゴッドファーザーズ」の舞台化が決定。2021年5月に東京・新国立劇場で上演される。
カテゴリー:

戸塚祥太が主演舞台「やぼな役ですが楽しみたい」 - 01月08日(水)21:30 

A.B.C-Z戸塚祥太(33)主演の舞台「阿呆浪士」(24日まで)が8日、東京・新国立劇場で幕を開けた。 戸塚演じる魚屋の八(はち)が、赤穂浪士として討ち入りを果たすまでを泣き笑いで描くエンターテインメント時代劇。 戸塚は「笑いが絶えな…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「新国立劇場」の画像

もっと見る

「新国立劇場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる