「新ドラマ」とは?

関連ニュース

志田未来、“自信がない女性”はこう演じる「動きに特徴があるんです」 - 01月17日(木)15:27 

平成もカウントダウンに入り、セクハラやパワハラなど職場における問題が噴出した2018年。盛んに働き方改革が叫ばれるなか、日々職場で奮闘するビジネスパーソンは複雑な人間関係の中で不安や悩みを抱えているケースが少なくない。そんな働く者たちの悩みを、ある日若手の社員が驚きの方法で解決してくれるとしたら――。©テレビ朝日1月17日(木)21時からスタートする杉咲花主演のドラマ『ハケン占い師アタル』は、年齢や性別がばらばらなビジネスパーソンの悩みを次々解決し、職場の人たちを希望へ導く物語だ。今回同作の脚本を手掛けたのは、『GTO』(1998年)、『女王の教室』(2005年)、『家政婦のミタ』(2011年)などで斬新なキャラクターを誕生させてきた遊川和彦氏。主人公の杉咲花に加え、出演者は小澤征悦・板谷由夏・若村麻由美・及川光博など豪華俳優が並ぶ。2019年の働き方に確実に希望をもたらすこのドラマ。©テレ朝POST<撮影:石井明和>そこで今回、常に自分に自信が持てない入社3年目の正社員・神田和実役を演じる志田未来に、「自信がない女性の演じ方」や本作の注目ポイントを聞いた。◆志田未来「占いはまったく行かない」――今回は占い師が主人公のドラマですが、志田さんは占いに行かれますか?志田:「占いはまったく行かないです。私、いつも自己判断で決めることが多いんです。人に相談することもあるのですが、最終的に人...more
カテゴリー:

逮捕した犯人は冤罪だったのか…沢村一樹、記憶失う前の事件を再捜査【刑事ゼロ】 - 01月17日(木)11:11 

刑事拝命以来の20年間の記憶を失い、捜査テクニックも刑事としてのノウハウもすべてが消えてしまった“ゼロ状態”の男――。沢村一樹がそんな“異端のヒーロー”に挑む木曜ミステリーの新ドラマ『刑事ゼロ』。©テレビ朝日1月17日(木)に放送される同作の第2話で、時矢暦彦(沢村一樹)は別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)から7年前に担当した事件に冤罪の可能性があると知らされる。もしかしたら自分が冤罪を生んだのかもしれない…。時矢は、新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)と再捜査を開始。記憶を失う前の自分が解き明かせなかった密室トリックに挑む。◆第2話あらすじ©テレビ朝日かつては敏腕でスマート、現在は“記憶ゼロ状態”になってしまった京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は、別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)から、いきなりある書類を渡される。そこには、7年前に時矢が逮捕した犯人には冤罪の可能性があるとして、近々仮釈放されるのに合わせて再審請求の準備をしていると記されてあった。しかし、刑事拝命以来の20年間の記憶を失った時矢は元妻との出会いも別れも覚えておらず、もちろん7年前のこともすっかり頭から消え去っていた…。©テレビ朝日コンビを組んだ新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)によると、7年前の事件とは会社社長・逢沢省三が自身の別荘の階段から転落死したというもので、時矢は別荘を設計した建築士・芹野泰夫(中...more
カテゴリー:

“悲壮感あるアラサー”似あわない? 深キョン新ドラマ1話、視聴率8.6% 意外な評価の声も - 01月16日(水)18:00 

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の第1話が15日に放送され、平均視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。 持田あきによる同名...
カテゴリー:

深キョン、新ドラマが可愛すぎると反響 - 01月16日(水)11:29 

女優の深田恭子(36歳)が主演を務めた連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)が1月15日に放送され、反響を呼んでいる。
カテゴリー:

ひょっこりはん、バンドマン役に!主演の岡田結実は「なぜか本名で呼んでくる」 - 01月16日(水)09:56 

就職した途端、超過酷ロケで有名なバラエティー番組に配属されたポンコツな新人AD・一ノ瀬ひかり(岡田結実)。そして、彼女の前に突如現れた「妖精」を名乗るおじさん。どうやらひかりにしか見えていない陽気で毒舌で性格サイアクな妖精のおじさんとともに始まった珍妙なお仕事ライフを描く岡田結実主演の金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』。その第2話に、ひょっこりはんがゲスト出演する。©テレビ朝日昨年ブレークし、さまざまな番組に引っ張りだこだったひょっこりはん。そんなひょっこりはんが、テレビ朝日の連続ドラマに初登場。1月18日(金)放送の『私のおじさん~WATAOJI~』第2話で、岡田演じるひかりに大きな影響を与えることになる“バンドマン”を演じる。ひかりが“バンドマン”・ひょっこりはんと出会うのは、とあるコインランドリー。仕事のことだけでなく、友人たちにいまだに婚約破棄のことを言い出せていないことにも思い悩んでいたひかりは、コインランドリーで陽気に鼻歌を歌うバンドマンを「いいなぁ、悩みがなさそうで」と羨ましそうに眺める。©テレビ朝日携帯電話のグループメールに没頭するひかりに、あるひと言をつぶやくバンドマン。彼からの“アドバイス”が、後々ひかりに大きな影響を及ぼしていくことになる。ある意味、第2話の“キーパーソン”とも言えるポジションを担うひょっこりはん。彼が岡田演じるひかりにどんなア...more
カテゴリー:

杉咲花、志田未来に対し不可思議な言動…『ハケン占い師アタル』第1話が放送 - 01月17日(木)11:14 

杉咲花と人気脚本家・遊川和彦が初のタッグを組むことで話題のドラマ『ハケン占い師アタル』が1月17日(木)より放送される。©テレビ朝日杉咲演じる主人公・的場中(=アタル)が、職場での人間関係や仕事との向き合い方に悩む社員たちの心を“特殊能力”で救っていく同作。アタルが派遣されるイベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームの同僚に小澤征悦・志田未来・間宮祥太朗・志尊淳・野波麻帆、課長に板谷由夏、部長に及川光博、そして毎回登場する“謎の占い師”を若村麻由美が演じるなど豪華共演者が名を連ねる。第1話では、社会人経験のないアタルが派遣社員としてイベント会社で働き始めるところから物語がスタート。教育係の神田和実(志田未来)とかかわっていくなかで、アタルは“大きな悩み”を抱えている神田に不可思議な言動を取るようになる。◆第1話あらすじ©テレビ朝日イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームに、派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)が新しい仲間として入ってきた。社会人経験のないアタルは、教育係となった正社員・神田和実(志田未来)の下で、雑用から覚え始めることに…。その矢先、部長・代々木匠(及川光博)が厄介な指示を出してくる。Dチームが請け負っている新商品イベントに、クライアントの社長が50人の赤ちゃんを呼んで、笑顔の集合写真を撮影したがっているというのだ。しかし、イベント開催日はわずか1週間後。赤ち...more
カテゴリー:

木村多江、新ドラマで「脱・薄幸」を宣言 - 01月16日(水)20:00 

1月22日スタートの連続ドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系)の制作発表会見が16日におこなわれ、主演の木村佳乃のほか、高橋克典、木村多江、伊原剛志、泉谷しげる、原作者の黒川博行が登場した。 資産家の老人を狙って結婚 […]
カテゴリー:

木村佳乃&木村多江、ビンタ応酬のバトルシーンにぐったり「起きたら体中筋肉痛…」 - 01月16日(水)16:09 

1月22日からスタートする木村佳乃主演ドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の制作発表会見が16日、都内で行われ、主演の木村をはじめ、高橋克典、木村多江、伊原剛志、泉谷しげる、原作者の黒川博行が登壇した。資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う、後妻業。本作は、男をたぶらかす天性の才能を持ち、後妻業をなりわいとする武内小夜子(木村佳乃)と、結婚相談所の社長であり、実は後妻業の黒幕・柏木亨(高橋克典)、父親が後妻業のターゲットとなり、小夜子のライバルとなる中瀬朋美(木村多江)、朋美の大学時代の先輩で元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)の4人が巻き起こす痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマ。関西弁の悪女・小夜子役を演じる佳乃は、「最初は大変な役が来たと思いました」とオファーをもらった当初を振り返り、だけど、今ではすっかり小夜子のことが大好きになりました」とにっこり。多江は、小夜子とは舌戦やビンタを繰り広げる役どころだが、「今までにない木村多江を見てもらえると思います」と自信たっぷり。「昨日も一昨日もバトルのシーンがあったんですけど翌日はすっかり廃人」と照れ笑いも見せ、「何も手につかないくらいパワーを使ってやっています。佳乃ちゃんに負けないように頑張っています」とコメント。苦労もあるもののバトルシーンについては「面白いシーンになっていると思います。...more
カテゴリー:

TOKIO、V6、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP 特集は“真冬のくっつきジャニーズ”! 新ドラマの主人公が見どころも熱弁!『週刊ザテレビジョン』1/16発売 - 01月16日(水)11:00 

[株式会社KADOKAWA] [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/5420/resize/d7006-5420-641507-0.jpg ] 『週刊ザテレビジョン』最新号の特集は、 “くっつきジャニーズ-真冬のHOTギュッと写真集-” 。TOKIO、V6、嵐、...
カテゴリー:

木村佳乃主演ドラマ『後妻業』に直木賞作家・黒川博行が出演!自然な演技に現場は絶賛 - 01月15日(火)21:58 

直木賞作家・黒川博行が、木村佳乃主演ドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系、1月22日スタート毎週火曜21:00~)に出演することがわかった。資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う、後妻業。男をたぶらかす天性の才能を持ち、後妻業をなりわいとする武内小夜子(木村)と、結婚相談所の社長であり、実は後妻業の黒幕・柏木亨(高橋克典)、父親が後妻業のターゲットとなり、小夜子のライバルとなる中瀬朋美(木村多江)、朋美の大学時代の先輩で元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)。同ドラマは、この4人が巻き起こす痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマだ。ドラマの原作小説を執筆した黒川は、大阪在住ということもあり今回の大阪ロケの出演が決定。撮影を終えた黒川に「緊張したのではないか?」とたずねると「緊張したことがない」と一蹴。木村と高橋もあまりに自然な演技で驚いたと口をそろえ絶賛した。黒川は、「木村さんは小夜子のイメージにぴったり。高橋さんの柏木も悪い役なんですが、その役に味がある」と2人を絶賛。 最後にドラマのみどころについては「原作と脚本では内容が違う。テレビとしての面白さが出ていればいいですね」と語った。 関連リンク 木村佳乃、ウェディングドレスからヒョウ柄まで『後妻業』で七変化!「派手なんてもんじゃない」 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「新ドラマ」の画像

もっと見る

「新ドラマ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる