「料理店」とは?

関連ニュース

豚まんで熊本城再建を支援 神戸・仙台の店舗参加 - 01月17日(木)11:47 

2016年4月の熊本地震で被災した熊本城の再建を支援しようと、神戸市の豚まん店や仙台市の中華料理店など5店舗が17...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【ジャップメシは不味いのか?】中国人にとって、日本料理は一般的に1人前の量が少なく、味が淡泊で料理が冷めている - 01月16日(水)18:49  poverty

 あと1ヵ月足らずで春節(中国の旧正月)の大型連休。今年も訪日中国人観光客が大勢やってきそうだが、一部の中国人富裕層に取材をしてみたところ、日本旅行の際に食べる日本料理について、思いがけない“不満”があることがわかった。 それは、普通の日本人にとっては想像もできないような内容だったのだが……。 ● 中国人富裕層に 人気の日本の焼き肉 中略 ● わざわざ一番高いコースを頼む 意外な理由  この会社の系列の焼き肉店にも、中国人から来日前に「〇月×日の午後7時に4人でお願いします」と予約が入るそうだが、その際...
»続きを読む
カテゴリー:

渋谷・神山町にアメリカ料理店「クロウリーズ」 サンフランシスコ出身シェフが出店 - 01月16日(水)13:41 

カリフォルニアスタイルのアメリカ料理レストラン「CROWLEY’S(クロウリーズ)CALIFORNIA KITCHEN」(渋谷区神山町、TEL 03-6804-7530)が12月、渋谷・神山町にオープンした。 #シブヤ経済新聞
カテゴリー:

イタリアの都市ミラノ・ブレシアにて開催されたイベントに宝塚大学東京メディア芸術学部が出展!アートマガジン雑誌『ExtrART』file.19にレポートが掲載 - 01月16日(水)12:00 

宝塚大学東京メディア芸術学部の講師及び研究生がイタリアにて開催されたイベントに参加した様子をまとめたレポートが、2018年12月にアトリエサードから発売されたアートマガジン雑誌『ExtrART(エクストラート)』file.19にて、7ページに渡り掲載されています。紹介されたのは、ミラノ近郊にあるブレシアの日本人協会Fuji-kaiが主催するオープンデーでの大学紹介、作品展示、『ジョジョの奇妙な冒険』の作画監督などを務める芦谷耕平講師によるライブペインティングや、ミラノにある日本料理店での展示会に並んだ本学イラストレーション領域の北見隆教授らの「日本」をテーマにした作品、コミックショップでの展示・ワークショップの様子です。
カテゴリー:

都会から地方に転勤になるんやが、イタリア料理店って地方にあるんか? - 01月14日(月)20:29  livejupiter

ピザとかパスタとかってどこで食べるの?  ファミレス以外で ...
»続きを読む
カテゴリー:

下北6市町村巡り、著名人2人が体験ツアー - 01月16日(水)19:47 

東奥日報社は15~17日の日程で、青森県下北半島エリア6市町村の食の豊かさを首都圏にアピールするため、東京都から著名人2人を招き下北体験ツアーを開催している。参加者は東京・銀座のイタリア料理店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフ(71)と、写真家の福田栄美子さん(44)=東京都。16日は佐井村、大間町、風間浦村を視察し、新鮮なミズダコ、マグロ、アンコウなどに感嘆の声を上げた。風間浦村の駒嶺商店(駒嶺剛一社長)では、いけすの中の生きたアンコウや、出荷処理の様子を見学。下風呂漁港では、地元…
カテゴリー:

中国人が日本で高いコース料理を頼む理由は?「手を抜いてるんでしょう?中国ではそうだった」 - 01月16日(水)15:23  news

● わざわざ一番高いコースを頼む 意外な理由  この会社の系列の焼き肉店にも、中国人から来日前に「〇月×日の午後7時に4人でお願いします」と予約が入るそうだが、その際、彼らから 「できるだけ高いお肉や、珍しいブランド牛を食べたい」というリクエストが入るそうだ。  この女性によると、焼き肉だけではなく、他の日本料理店でも「いちばん値段の高い会席料理のコースをお願いします」というのが最も多いリクエストだとか。  そう聞くと、「富裕層は単にお金があるから、高いコースを選んで食べているだけでしょう?」...
»続きを読む
カテゴリー:

「牛久の英雄」エビチリ好きの横顔 稀勢、引退惜しむ声 - 01月16日(水)13:38 

 稀勢の里の引退決断に、地元や東京・両国国技館周辺のファンからは、引退を惜しむ声が寄せられた。 茨城県牛久市にある稀勢の里なじみの中華料理店「甲子亭」代表、池辺伊三男さん(72)は「残念としかいいよう…
カテゴリー:

“日本式カレー”がイギリスに挑戦!:未来世紀ジパング - 01月16日(水)10:01 

1月16日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時~)は、EU離脱を控え、その動向が注目される「イギリス」を取り上げる。日本とイギリスの意外な関係やイギリスの文化に戦いを挑む人の奮闘を伝える。イギリスの甘いカレーに絶句...。去年9月、イギリス・ロンドンに、一人の日本人の姿が。彼は、国内外あわせて1400店舗以上を展開する日本最大のカレーチェーン、ココイチことCOCO壱番屋の米田正人さん。ココイチはロンドンで、1号店の出店を計画していた。カレーは、イギリスでも人気の料理のひとつ。というのも、イギリスには9000軒ものインド料理店があるのだ。現在、アメリカ、中国など11の国と地域に出店しているココイチは、ヨーロッパでの初出店にロンドンを選んだ。そこには日本とイギリスの「意外な関係」があった。18世紀にイギリスの植民地だったインドからイギリスへ伝わったカレー。その後イギリスの会社が世界初となるカレー粉を発明。小麦粉でとろみをつけるなど独自に進化し、イギリス式カレーが誕生した。そしてそれが、明治時代、日英同盟で関係が深かったイギリス海軍から、日本の海軍へと伝わったのだ。イギリスはいわば、「日本式カレー」の発祥の地。ココイチのイギリス進出は、いわば日本カレーのルーツへの挑戦なのだ。現地で人気のカレー店に視察へ向かった米田さんが戸惑いの表情を見せる。一番人気だという...more
カテゴリー:

じんわりと温まる カレーいろいろ「スリランカ料理」ビュッフェ | ananweb - マガジンハウス - 01月14日(月)19:00 

フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『BANDARA LANKA(バンダラ ランカ)』のスリランカランチビュッフェです。ジャックフルーツにバナナの花。見慣れない食材がネームプレートに躍っている。店内の大テーブルには総勢10数種類のカレーやお惣菜がカラフルに並び、スパイシーな香りをふんわりと漂わせている。この幸せな光景に出合えるのは、スリランカ料理店の『バンダラ ランカ』。信濃町にほど近い現代アートギャラリー・アートコンプレックスセンターの1階に昨年10月にオープンし、現在はランチビュッフェとカフェのみの営業をしている。お皿の中心にタイ米とスリランカ米をよそい、その周囲を埋め尽くすように様々なカレーを盛り合わせていく。肉料理はだいたい1種類で食材は野菜がメイン。「スリランカの家庭では野菜のカレーをよく食べるんです。肉がなくても十分においしいですから」と、オーナーのバンダラさん。毎日食べても体に優しいカレーがバンダラ ランカの基本だ。とはいえきっちり辛味は効かせたり、モルディヴフィッシュやココナッツミルクを多用し、現地ならではの味わいを舌に広げていくお料理は見事。シェフはキャンディの名門ホテルで腕をふるってきた経験を持ち、「ホテルならではの技術と家庭的な優しさが溶けあった、珍しいけれど安心する味」を目指しているのだそう。食後のセイロンティー...more
カテゴリー:

もっと見る

「料理店」の画像

もっと見る

「料理店」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる