「斉藤由貴」とは?

関連ニュース

【ラジオ】出生数が少ない『1966年生まれ』にミュージシャンが多い理由とは? リリー・フランキー&斉藤和義が推察 - 09月18日(金)23:52  mnewsplus

https://tfm-plus.gsj.mobi/news/4Bj1HNHyIJ.html?showContents=detail 2020-09-18 リリー・フランキーが“スナックの店主”をつとめる、TOKYO FMの番組「リリー・フランキー『スナック ラジオ』」。9月12日(土)は、ゲストに斉藤和義さんがご来店。 ◆1966年生まれにミュージシャンが多い理由とは? リリー:俺が7年間MCを担当しているNHKの「The Covers」という番組の1回目のゲストが和義君でした。 斉藤:そうでした。それにしてもあの番組は、なんであんなに田島貴男ばかり出ているんですか? リリー:俺よりも回数多く出て...
»続きを読む
カテゴリー:

妻夫木聡主演『危険なビーナス』小日向文世、戸田恵子、麻生祐未ら出演決定 - 09月13日(日)23:09 

2020年10月からTBSの日曜劇場枠で放送開始する妻夫木聡主演の『危険なビーナス』。今回新たにキャストが発表され、小日向文世、戸田恵子、麻生祐未、斉藤由貴、坂井真紀、安蘭けい、田口浩正、堀田真由、栗原英雄、池内万作、結木滉星が出演することが明らかになった。妻夫木が日曜劇場で16年ぶりの主演、さらに初共演となる吉高由里子がヒロインを演じることでも注目を浴びている本作は、ベストセラー作家・東野圭吾による同名小説が原作。正義感が強く真面目な独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木)が、突然現れた「弟の妻」と名乗る謎の美女・矢神楓(吉高)と共に失踪した弟・明人の行方を追ううちに、30億もの遺産が絡んだある名家の争いに巻き込まれていく。そんな中で、伯朗は「弟の妻」である楓の魅力に翻弄されていく、壮大な謎と人間の欲望が絡み合う"危険"なラブサスペンスを描く。妻夫木、吉高の他、2人と深く関わることになる矢神家の養子・矢神勇磨役にディーン・フジオカ、矢神家の遺産相続権を持つ伯朗の弟・矢神明人役に染谷将太、伯朗が勤務する動物病院で助手を務める蔭山元美に中村アンの出演も決まっているが、さらに今回、この壮大な謎にかかわるキャラクターを演じる俳優陣が発表された。伯朗の叔父で、伯朗のよき理解者で、家で酒を酌み交わすこともある間柄である数学者の兼岩憲三役には小日向文世が決定。また、病気で寝たきりの当主に代わり矢神...more
カテゴリー:

妻夫木聡主演『危険なビーナス』に小日向文世、戸田恵子、麻生祐未、斉藤由貴ら出演 - 09月13日(日)12:00 

俳優の妻夫木聡が主演を務める10月スタートのTBS系日曜劇場『危険なビーナス』(毎週日曜21:00~)に、小日向文世、戸田恵子、麻生祐未、斉藤由貴、坂井真紀、安蘭けい、田口浩正、堀田真由、栗原英雄、池内万作、結木滉星が出演することが決定した。
カテゴリー:

松本まりか&高橋一生の抱擁シーンに「大人の色気溢れすぎ!」の声『竜の道』第7話 - 09月09日(水)11:10 

玉木宏主演のドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第7話が、9月8日に放送。松本まりかと高橋一生のあるシーンに絶賛の声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。同作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンスドラマ。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・矢端竜一を玉木が演じ、彼の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋、竜一と竜二の血のつながらない妹・美佐を松本穂香が演じる。竜一と竜二の敵である霧島源平(遠藤憲一)の妻・芙有子(斉藤由貴)が亡くなった。悲しみに打ちひしがれる中、霧島家に美佐がやって来る。霧島まゆみ(松本まりか)が「アンタの兄貴が、ウチの会社に復讐しようとしていたって疑っていたわけ?」と告げると、美佐は正直に疑っていたことを告白。竜二が復讐するために、まゆみと交際していると思っていたと明かした。そんな彼女にまゆみは、ITコンサルタントの和田猛(竜一)と交際することで、死んだ兄を忘れられるかもしれないと勧める。美佐は、和田と兄の竜一が、姿・形は違うのに、喋り方やしぐさが似ていると感じていた……。翌日、今度は竜二が霧島家にやって来た。「やっぱり(美佐は)上の兄貴が初恋らしいよ?」と笑顔で語りかけるも、竜二は「もう、俺...more
カテゴリー:

南野陽子、小泉今日子、斉藤由貴、松田聖子! 懐かしの80年代アイドル映画一挙放送 - 09月05日(土)12:00 

1980年代のアイドル映画を特集する企画「プレイバック!アイドル黄金時代 80年代アイドル映画Collection」が、日本映画専門チャンネルで放送中。南野陽子、小泉今日子、斉藤由貴らの出演作を...
カテゴリー:

TBS10月スタート日曜劇場『危険なビーナス』主演・妻夫木聡 ×ヒロイン・吉高由里子の危険なラブサスペンスに豪華キャストが集結 - 09月14日(月)17:13 

TBSでは、2020年10月スタートの日曜劇場枠で『危険なビーナス』を放送する。ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説が原作で、正義感が強い獣医の主人公・手島伯朗(てしま・はくろう)を妻夫木聡が演じる。伯朗の前に突然現れ「弟の妻」を名乗る謎めいたヒロイン・矢神楓(やがみ・かえで)役は吉高由里子。初共演となる妻夫木と吉高が、本作でどんなコンビネーションを見せるか注目を浴びている。伯朗が楓と共に、失踪した異父弟・矢神明人の行方を追ううちに、矢神一族の遺産争いに巻き込まれていくストーリー。2人と深く関わることになる矢神家の養子・矢神勇磨(やがみ・ゆうま)役にディーン・フジオカ、矢神家の遺産相続権を持つ伯朗の弟・矢神明人(やがみ・あきと)役に染谷将太、伯朗が勤務する動物病院で助手を務める蔭山元美(かげやま・もとみ)に中村アンの出演も決まっている。さらにこのたび、この壮大な謎にかかわるキャラクターとして、豪華俳優陣の出演が決定した。伯朗の叔父で、数学者の兼岩憲三(かねいわ・けんぞう)役は小日向文世。憲三は伯朗のよき理解者で、家で酒を酌み交わすこともある間柄だ。矢神家現当主の妹・矢神波恵(やがみ・なみえ)役は戸田恵子。病気で寝たきりの当主に代わり矢神家の遺産を管理しており、突然現れ明人の妻を名乗る楓を怪しんでいる。矢神家前当主である康之介の養女・矢神佐代(やがみ・さよ)役は麻生祐未。人の心の内を...more
カテゴリー:

妻夫木聡主演『危険なビーナス』追加キャストに小.. - 09月13日(日)12:01 

妻夫木聡主演『危険なビーナス』追加キャストに小日向文世、斉藤由貴ら #妻夫木聡 #小日向文世 #戸田恵子 #麻生祐未 #斉藤由貴 #坂井真紀 #安蘭けい #田口浩正 #堀田真由 #TBS #ドラマ #危険なビーナス @mayuhotta0402 @kikenna_venus
カテゴリー:

危険なビーナス:妻夫木聡主演「日曜劇場」に小日向文世、戸田恵子、麻生… - 09月13日(日)12:00 

 俳優の妻夫木聡さん主演で10月にスタートするTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「危険なビーナス」に、小日向文世さん、戸田恵子さん、麻生祐未さん、斉藤由貴さんらが出演することが9月1…
カテゴリー:

【映画】南野陽子、小泉今日子、斉藤由貴、松田聖子! 懐かしの80年代アイドル映画一挙放送 - 09月05日(土)17:21  mnewsplus

1980年代のアイドル映画を特集する企画「プレイバック!アイドル黄金時代 80年代アイドル映画Collection」が、日本映画専門チャンネルで放送中。南野陽子、小泉今日子、斉藤由貴らの出演作を視聴できる貴重な機会となっている。 【フォトギャラリー】「TAN TANたぬき」「ジュリエット・ゲーム」「愛・旅立ち」別カット 80年代は、松田聖子のデビューを皮切りに数多くのアイドルが登場し、社会現象のような「アイドルブーム」が巻き起こった時代。歌手が本業のアイドルたちの主演映画も次々に製作され、「アイドル映画」というジャン...
»続きを読む
カテゴリー:

「バラエティの最高峰」「まさかのオチに思いっきり脱力」『捜査一課長2020』最終話に驚きの声 - 09月04日(金)09:05 

ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの奮闘を描く木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系)の最終話が9月3日に放送され、その“オチ”にインターネット上が騒然となった(以下、ネタバレが含まれます)。連続ドラマとして、2年ぶりに木曜ミステリー枠に凱旋した本作も、途中“テレワーク捜査会議”を経て、ついに最終話。東京湾を周遊するレストランクルーズ船内で、アプリ開発エンジニア・中葉美智(鳥居みゆき)の遺体が見つかり、大岩たちは捜査を開始する。被害者の中葉の手にはなぜか“消しゴムはんこ”が握られており、傍らには凶器と思われるデザインナイフが落ちていた。捜査線上に浮かんだのは、若者に人気の消しゴムはんこ作家“ナルミ先生”こと、松代成実(島崎遥香)。彼女は中葉と同じアプリの開発チームのプログラマーで、船上に謎の男といたところを偶然にも写真に撮られていた。さらに、開発部長の根布則夫(東根作寿英)は、1か月前に成実と中葉が社内で言い争っていたことを証言。中葉には、成実が開発したアプリのプログラムを外部に持ち出した疑いがかけられており、一方、成実も同時期に社内の人事データを誤って消去しており、逆に中葉からスパイだと疑われていたという。成実は、捜査一課の平井真琴(斉藤由貴)から船上に男といた写真を突きつけられても、中葉とのことを聞かれても、「...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「斉藤由貴」の画像

もっと見る

「斉藤由貴」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる