「斉藤元章被告」とは?

関連ニュース

スパコン助成金詐欺 前社長に懲役8年求刑 - 12月03日(火)13:42 

 スーパーコンピューターの開発をめぐり国の助成金を不正に受給したとして、詐欺や法人税法違反などの罪に問われたスパコン開発会社「PEZY(ペジー) Computing(コンピューティング)」前社長、斉藤元章被告(51)の論告求刑公判が3日、東京地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。検察側は「積極的に犯行を主導し、責任は極めて重い」として懲役8年を求刑した。
カテゴリー:

【助成金詐欺】スパコン前社長に懲役8年求刑 東京地裁、詐欺罪など【PEZY Computing】 - 12月03日(火)13:03  bizplus

スーパーコンピューターの開発を巡り国の助成金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われたスパコン開発会社「ペジーコンピューティング」(東京)の前社長、斉藤元章被告(51)の公判が3日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役8年を求刑した。来年1月14日に弁護側が最終弁論して結審する予定。 検察側は論告で「負債の返済や会社の資金繰りのために助成金制度を悪用した利己的な犯行」と指摘。「公的な性質がある助成金を私物化した極めて悪質な事案で、制度の趣旨や目的をないがしろにした」と述べた。 起訴状によると、助成事業に...
»続きを読む
カテゴリー:

不正受給、前社長に懲役8年求刑 - 12月03日(火)13:20 

 スーパーコンピューターの開発をめぐり、助成金を不正受給したとして詐欺などの罪に問われている開発会社前社長の裁判で、検察側は懲役8年を求刑しました。  東京のベンチャー企業「ペジーコンピューティング」の前社長、斉藤元章被告(51)は、2014年、スーパーコンピューターの開発費を水増しし、経済産業省所管のNEDOから助成金およそ6億5300万円をだまし取った罪などに問われています。  3日の裁判で、検察側は「極めて高額な助成金をだまし取った責任は重大」「助成金の相当部分を個人の借入金の返済や株式の運用資金に使っていて、極めて利己的だ」と指摘し、斉藤被告に懲役8年を求刑しました。(03日11:30)
カテゴリー:

スパコン助成金詐欺、前社長に懲役8年求刑 東京地裁 - 12月03日(火)12:14 

 スーパーコンピューターの開発をめぐる国の助成金詐欺事件で、詐欺や法人税法違反(脱税)などの罪に問われたスパコン開発会社「PEZY Computing」前社長、斉藤元章被告(51)の公判が3日、東京地…
カテゴリー:

「斉藤元章被告」の画像

もっと見る

「斉藤元章被告」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる