「文藝春秋」とは?

関連ニュース

全英女子ゴルフ制覇・渋野日向子20歳の母が明かす「娘を変えた中1の夜」――文藝春秋特選記事 - 09月20日(金)05:30 

「文藝春秋」10月号の特選記事を公開します。(初公開 9月13日) AIG全英女子オープンで、日本人42年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた渋野日向子(20)。大舞台の重圧にも気負わず、笑顔で観客とハイタッ…
カテゴリー:

吉本興業、EXIT兼近大樹さんの人権救済を申し立て。前科を報道した「週刊文春」に抗議 - 09月19日(木)18:01 

吉本興業は9月18日、文藝春秋が発行する『週刊文春』が同社所属タレントの前科・前歴を報道したことについて、日本弁護士連合会に対して人権救済申し立てを行ったと発表した。同誌は9月12日発売号で、お笑いコンビのEXIT・兼近大樹さんが2011年に刑事処分を受けていたことなどを報じている。吉本興業は公式サイトで、「ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行為」とした上で、未成年時点での犯罪を実名報道するのは少年法にも反すると主張した。今回の申し立てまでの経緯を、改めてまとめる。「絶対にバレる」と思っていた。EXIT兼近が文春に語った過去の事実事の発端となったのが、9月5日に発売された『週刊文春』(9月12日号、以下文春)の記事だ。文春は、兼近さんが2011年頃に犯した罪について、3ページにわたり本人取材などに基づく内容を掲載した。兼近さんは文春の取材に対し、「正直、いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて」と告白。同誌が発売された当日にツイッターを更新し、自身の考えを綴った上で、以下のように謝罪していた。この度は、お騒がせしてご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。 吉本、相方、先輩、後輩達にもご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ないです。 兼近は過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もありません...more
カテゴリー:

あの戦士たちの活躍が1冊に!『合本 ウルトラ兄弟物語』9月20日(金)発売 - 09月19日(木)11:00 

文藝春秋コミック編集部では、9月20日(金)、かたおか徹治先生の『ウルトラ兄弟物語』全5巻をまとめた電子書籍『合本 ウルトラ兄弟物語』を発売します。 こちらは1998年~99年に双葉社から刊行された『ウルトラ兄弟物語』を電子復刻した作品。表紙は全巻、かたおか先生の描き下ろしです。 ※合本版も、表紙は全て収録しています。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193736/img_193736_1.jpg ■ 「人間くさい」...
カテゴリー:

【吉本興業】所属芸人の週刊文春報道で日弁連に「人権救済申立て」 未成年の時点で犯した罪について実名で報道★2 - 09月19日(木)01:00  mnewsplus

 吉本興業は18日、所属芸人についての「週刊文春」報道について、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行ったことを、同社ホームページで発表した。  声明文は次の通り。  * * *  この度、株式会社文藝春秋が発行する雑誌「週刊文春」において弊社所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、日本弁護士連合会に対して、弊社及び当該タレントを申立人として人権救済申立てを行いました。  ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行為です。  また、未...
»続きを読む
カテゴリー:

吉本興業「人権救済申立て」『週刊文春』の所属タレント前科・前歴報道で - 09月18日(水)21:52 

吉本興業は18日、週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)において所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、日本弁護士連合会に対して、同社および当該タレントを申立人として人権救済申立てを行ったことを、公式サイトで報告した。
カテゴリー:

落ちた慶応大ブランド…またミスコンでセクハラ騒動泥沼化、「まだ継続してること自体驚き」 - 09月19日(木)19:10 

“女子アナの登竜門”と呼ばれている慶應義塾大学の「ミス慶應コンテスト」が、またもや物議を醸している。「週刊文春」(文藝春秋)がファイナリストの“セクハラ被害”を報じ、真相をめぐって大騒動に発展しているのだ。騒動の渦中にいるのは「ミス慶應コンテスト2019」のファイナリストで文学部...
カテゴリー:

【吉本興業】所属芸人の週刊文春報道で日弁連に「人権救済申立て」 未成年の時点で犯した罪について実名で報道★3 - 09月19日(木)11:20  mnewsplus

 吉本興業は18日、所属芸人についての「週刊文春」報道について、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行ったことを、同社ホームページで発表した。  声明文は次の通り。  * * *  この度、株式会社文藝春秋が発行する雑誌「週刊文春」において弊社所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、日本弁護士連合会に対して、弊社及び当該タレントを申立人として人権救済申立てを行いました。  ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行為です。  また、未...
»続きを読む
カテゴリー:

「amazonに切り込む政治家は、日本では見当たらない」。ジャーナリスト横田増生が暴くamazonの内幕 - 09月19日(木)08:32 

 『ユニクロ潜入一年』(文藝春秋)で大きな話題を呼んだ“企業から嫌われるジャーナリスト”横田増生氏の2年ぶりの書籍が刊行された。今度のターゲットは究極の勝ち組企業、GAFAの一角を占めるアマゾンだ。  9月17日に発売さ […]
カテゴリー:

吉本、EXIT兼近さんに対する人権救済申し立て - 09月18日(水)22:01  poverty

吉本興業、所属芸人の週刊文春報道で日弁連に「人権救済申立て」 吉本興業は18日、所属芸人についての「週刊文春」報道について、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行ったことを、同社ホームページで発表した。  声明文は次の通り。  * * *  この度、株式会社文藝春秋が発行する雑誌「週刊文春」において弊社所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、 日本弁護士連合会に対して、弊社及び当該タレントを申立人として人権救済申立てを行いました。  ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、...
»続きを読む
カテゴリー:

吉本興業「人権救済申立て」を報告 『週刊文春』EXITの兼近の前科・前歴報道で - 09月18日(水)21:17  news

 吉本興業は18日、週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)で、同社所属タレントの前科・前歴が報道された件について、日本弁護士連合会に対して、同社および当該タレントを申立人として「人権救済申立て」を行ったことを公式サイトを通じて報告した。  『週刊文春』(2019年9月12日号)では、お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(28)が、過去に売春防止法違反の疑いで逮捕されていたことなどを報じており、吉本興業は今月5日、公式サイトで報道に対して抗議をするとともに「法的措置についても検討」しているなどと伝えていた。  きょう18...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「文藝春秋」の画像

もっと見る

「文藝春秋」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる