「文学賞」とは?

関連ニュース

けいおん!三大名曲 天使にふれたよ ふでぺんボールペン あとは? - 02月19日(水)21:19  poverty

ノーベル文学賞作家の「戦争は女の顔をしていない」コミカライズ第1巻発売 試し読みPVには日笠陽子出演 https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/eigacom_20200203002 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【超悲報】中国、抗日ドラマの放送取りやめ 日本の支援に“感謝” 国賓訪問も意識か - 02月18日(火)07:49  news

sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif ‪中国、抗日ドラマの放送取りやめ 日本の支援に“感謝” 国賓訪問も意識か https://special.sankei.com/a/international/article/20200217/0001.html 【北京=西見由章】新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、当局やメディアが日本の支援を積極的に発信している。 対日感情の悪化につながる抗日ドラマの放送を取りやめるテレビ局も出てきた。国際的に孤立するイメージを打ち消すとともに、習近平国家主席の国賓訪日に向けた世論を醸成する狙いも透ける。  「日本のかつてな...
»続きを読む
カテゴリー:

リニューアル後初の大賞は高野ユタさん 坊っちゃん文学賞 ショートショート限定 - 02月14日(金)18:41 

 ショートショートの文学賞にリニューアルされた「第16回坊っちゃん文学賞」(松山市主催)の審査結果が14日発表され、大賞に北海道の高野ユタさんの作品「羽釜」が選ばれた。松山市役所で開かれた表彰式で、高野さんは「リニューアルされた年に大賞をいただけてうれしい」と喜びを語った。受賞作は3月発売の雑誌「ダ
カテゴリー:

「誰でもやり直せる」。『キャッツ』を現代社会の文脈で捉えると? 映画と舞台を見比べて感じたこと。 - 02月14日(金)15:04 

ミュージカルの金字塔『CATS(キャッツ)』の実写映画は、もう見ただろうか?酷評合戦が話題となった海外と比べて、日本での評判はそれほど悪くないようだ。私も映画を観たが、”ネコ人間”のビジュアルは意外とすんなり受け入れられたし、主人公のヴィクトリアを演じたフランチェスカ・ヘイワードのバレエは絶品だった。映画のためにアンドリュー・ロイド=ウェーバーが作曲、テイラー・スウィフトが作詞した新曲も素晴らしかった。とはいえ、ミュージカルの『キャッツ』に慣れ親しんだ私が映画を見終えて感じたのは、漠然とした違和感だった。映画館を出てすぐ、劇団四季のミュージカル『キャッツ』のチケットをポチッとしてしまったほど…。なぜなのか。映画と舞台への考察、そしてトム・フーパー監督へのインタビューを通して、この違和感の正体について考えてみたい。(ここから先は、内容のネタバレを一部に含んでいます) 映画の主人公ヴィクトリアは、舞台版では歌もセリフもない。なぜ彼女が主人公になったのか。ストーリーは簡単だ。満月が輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場に、大勢のジェリクルキャッツが集まっている。ぐうたらなおばさん猫、ちょっぴり兄貴肌の猫、汽車を愛する鉄道猫……。今夜は、年に一度、“ジェリクル舞踏会”が開かれる特別な夜。長老猫に選ばれ...more
カテゴリー:

「九州さが大衆文学賞と笹沢左保」企画展開幕 - 02月08日(土)19:25 

佐賀市 佐賀市富士町の「笹沢左保記念館」で8日、企画展「九州さが大衆文学賞と笹沢左保」が始まった。有望な作家を育てようと笹沢氏が自ら提唱して情熱を注いだ地方発の文学賞の軌跡を、パネルや写真などで紹介している。16日まで。 木枯らし紋次郎シリーズで知られる笹沢氏は、自然豊かな佐賀を気に入り、1988年に佐賀市富士町に転居。以来、13年にわたり佐賀市を拠点に精力的に小説を書いた。その間、新たな才能を育てたいと「九州さが大衆文学賞」を1994年に始め、審査員も務めた。
カテゴリー:

【朗報】中国、抗日ドラマ放送が取り止められる - 02月19日(水)07:42  livejupiter

 【北京=西見由章】新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、当局やメディアが日本の支援を積極的に発信している。 対日感情の悪化につながる抗日ドラマの放送を取りやめるテレビ局も出てきた。国際的に孤立するイメージを打ち消すとともに、習近平国家主席の国賓訪日に向けた世論を醸成する狙いも透ける。  「日本のかつてない友好的な行動に鑑(かんが)み、後半の20話は放送を延期します」  山西衛星テレビは9日、毎日放送していた抗日ドラマ「紅(あか)いコーリャン」の放送を突如取りやめ、別番組に差し替えた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国】抗日ドラマの放送を取りやめ 日本の支援に“感謝” 国賓訪問も意識か - 02月18日(火)07:38  newsplus

 【北京=西見由章】新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、当局やメディアが日本の支援を積極的に発信している。対日感情の悪化につながる抗日ドラマの放送を取りやめるテレビ局も出てきた。国際的に孤立するイメージを打ち消すとともに、習近平国家主席の国賓訪日に向けた世論を醸成する狙いも透ける。  「日本のかつてない友好的な行動に鑑(かんが)み、後半の20話は放送を延期します」  山西衛星テレビは9日、毎日放送していた抗日ドラマ「紅(あか)いコーリャン」の放送を突如取りやめ、別番組に差し替えた。ド...
»続きを読む
カテゴリー:

「坊っちゃん文学賞」北海道在住30代女性の作品が.. - 02月14日(金)17:13 

「坊っちゃん文学賞」北海道在住30代女性の作品が大賞に 松山 #nhk_news
カテゴリー:

英国植民地時代のインドの大詩人、タゴールの歌の魅力を掘り起こすドキュメンタリーが公開 - 02月09日(日)14:00 

非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞し、イギリス植民地時代のインドを生きた詩人、ラビンドラナート・タゴール(1861-1941)。詩だけでなく2000曲以上の歌を作ったタゴールと、詩人が残した歌...
カテゴリー:

文学賞への思い - 02月08日(土)05:15 

人生の運不運は、よくわからないものである。職場の懇親会の帰り、飲酒運転の外車にひかれ、背中に大けがをした。全治8カ月。あおむけに寝られず、うつぶせで療養しながら長編推理小説を書いた。それが江戸川乱歩賞の次席に入り、デビューのきっかけをつかむ◆「あの交通事故がなかったらプロ作家にはなっていない」と笹沢左保さんは生前よく語った。晩年の一時期を過ごした佐賀市富士町の記念館には、布団に腹ばいで執筆する若き日の写真が飾ってある。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「文学賞」の画像

もっと見る

「文学賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる