「文在寅」とは?

関連ニュース

米特別代表が訪韓、北朝鮮の要求巡る対応が焦点 文氏と会談へ - 12月16日(月)08:22 

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が15日、韓国に到着した。北朝鮮が非核化交渉で年末を期限に米側に譲歩を求める中、16日に韓国の文在寅大統領と会談する。南北の軍事境界線がある板門店で北朝鮮高官と接触するかどうかは不明。
カテゴリー:

「セルコリア」が止まらない。外国人投資家に売られまくる韓国株 - 12月16日(月)04:45 

韓国株式市場において、外国人投資家による韓国株の売り=セルコリアが止まらない。今年8月から11月まで実に4カ月連続で、株式市場で売りの動きを見せた。韓国三大新聞社の一つ、中央日報によると、「この期間に有価証券市場・KOSDAQ市場で51億6,000万ドル相当の株式を売り越した」という。これはウォンに換算すると実に約6兆ウォンだ。外国人投資家に売られっぱなしの韓国、「セルコリア」の背景には韓国経済の失速があるのは間違いない。 手を引く外国人投資家たち 韓国銀行が今月の10日に発表した「国際金融・外国為替市場動向」。これによると、11月の外国人の韓国株式・債券投資資金は39億6,000万ドルの純流出となった。「昨年10月に42億7,000万ドルが抜け出てからの1年1カ月で最も多い規模だ」と記事では伝えている。売り越したその内訳は、株式市場で24億4,000万ドル、債券市場では15億2,000万ドル。先月は7日から今月5日までほぼ1カ月間、一日も欠かさずに韓国株は売られ続けたのだ。韓国経済の混迷を物語っているといえよう。 外国人投資家が韓国の金融市場で資金を引き上げることで、ウォン安も進んでいる。記事では、「ブルームバーグによると10月末から今月6日まで対ドルでウォンは2.2%下がった。同じ期間に世界の主要13通貨のうちウォンより下落幅が大きかったのはブラジルのレアルの3.0%だけだった...more
カテゴリー:

米朝なじり合い!“第二次朝鮮戦争”警戒  官邸周辺「米、韓国へ気兼ねなく北へ軍事力行使も」 北「米に報復する準備できている」 - 12月14日(土)20:00 

 朝鮮半島情勢が緊迫している。非核化をめぐる米朝協議の停滞にイラ立つ北朝鮮がクリスマスにも、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に踏み切る危険性があるのだ。ドナルド・トランプ大統領率いる米国と、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮による「チキンレース」。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近が「中国の核の傘入り」に言及するなど「レッドチーム入り」を示唆するなか、米軍の「北朝鮮への軍事作戦」へのハードルが下がっているとの見方もある。元米国防次官補も「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と重大警告した。
カテゴリー:

韓国・文政権、GSOMIA“再破棄”は失敗か!? 米空軍「死の鳥」B52で警告飛行…北朝鮮ICBM発射に警戒 - 12月13日(金)20:21 

 国連安全保障理事会は11日午後(日本時間12日早朝)、北朝鮮の「核・ミサイル問題」をめぐり緊急会合を開いた。非核化をめぐる米朝協議停滞に不満を抱えた北朝鮮がクリスマスにも、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に踏み切る危険性があるのだ。米空軍は「死の鳥」と恐れられるB52戦略爆撃機を警告飛行させた。こうした国際情勢は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の悪巧みを粉砕しかねない。文政権は、日本の輸出管理厳格化を解除させるため、当面維持した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の再破棄もチラつかせてきたが、朝鮮半島の緊迫化で選択肢が少なくなっている。
カテゴリー:

中国が海外産PC締め出し。習近平が「鎖国回帰」の道を選んだ理由 - 12月13日(金)04:45 

中国は自ら「孤立化」の道を選択したのでしょうか。先日、英有力紙が「中国政府が政府機関からの外国製PCの排除を指示した」と報道しましたが、「すべての部品を内製化することは無理」とするのは台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』にその理由を記すとともに、政治外交において窮地に立たされつつある習近平政権が、「鎖国回帰」に舵を切り直したと分析しています。 ※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年12月11日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう) 1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 【中国】竹のカーテンを引き始めた中国 ● 中国、政府機関から外国産PC締め出しへ FT報道 イギリスのフィナンシャルタイムズ(FT)は、中国政府が公的機関や政府機関に対して、外国製のコンピュータやソフトウェアを3年以内に国産に置き換えるように指示したと報じました。 FTが専門家の話として伝...more
カテゴリー:

韓国の主な週間日程(16~22日) - 12月16日(月)05:00 

◇16日(月)▲韓国・UAE国防相会談(10:00)▲統一部、定例会見(10:30)▲文在寅(ムン・ジェイン)大統領、首席秘書官・補佐官会議(14:00)▲輸出管理を巡る韓日局長級...
カテゴリー:

彼と違うチームのファンの時に、私たちに起きたこと - 12月15日(日)10:00 

ハフポスト・コリアのキム・ヒョヌ記者が2018年12月から連載を始めた「新婚日記」を掲載します。つれづれなるままに書きますが、それなりに面白おかしく読んでいただければ幸いです。野球中継を見ていると、時々、他チームのユニホームを着て一緒に座ってビールを飲むカップルの姿を見ることができる。 あるチームの点数が出ると、片方は両手をあげて喜び、もう片方はうなだれる姿がそのままテレビに出てくる。 なかなか面白いデート、思い出のネタになりそうだ。サッカーはそれが不可能だ。 とりあえずフーリガンという言葉が、なぜサッカーファンから出たのか考えてみると、皆同じユニフォームを着た中で、他のチームのユニホームを着たまま座るのは、非常に難しいという結論に達する。 勝っても負けても、流血事態が発生しかねないからだ。 野球場でも時々そんなことがあるとはいうが、9回までゆっくり行く野球とは違って、前半と後半だけパッと勝負するサッカーは、非常に「短気な」スポーツなので、おそらく勝負を前にしたファンの気性も、少し違うのではないだろうか。 一方、野球は一週間に六回もするので今日負けても明日勝てばいいが、サッカーは今日負ければ来週まで下がった順位で待たなければならない。 そんな状況で、隣で相手チームが浮かれはねていると想像に難くない。Kリーグでは、そもそもホームチームではないチームのユニフォームを着用した場合、遠征席...more
カテゴリー:

北朝鮮“露骨過ぎる嫌悪”…韓国・文在寅大統領の姿をすべて消し去った! - 12月14日(土)13:03 

北朝鮮がついに文在寅韓国大統領を消し去った――。といっても、金正恩国務委員長の首脳外交の成果を整理した動画から、文氏の姿だけ取り除いたのだ。 「北朝鮮が粛清した人物を映像...
カテゴリー:

徴用工問題を切り出した安倍首相に文在寅は……NHK岩田明子記者が綴る「日韓決裂のターニングポイント」――文藝春秋特選記事 - 12月13日(金)06:00 

「文藝春秋」12月号の特選記事を公開します。(初公開 2019年11月12日) 11月4日、タイで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議で、約1年ぶりに11分間の“対話&rd…
カテゴリー:

韓国 きょうのニュース(12月12日) - 12月12日(木)18:34 

◇法相候補の秋美愛議員 文大統領「検察改革の適任者」 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は法務部長官候補に指名した秋美愛(チュ・ミエ)国会議員に対する人事聴聞を国会に要請するにあたり、...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「文在寅」の画像

もっと見る

「文在寅」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる