「敷設工事」とは?

関連ニュース

【写真】足首から先を切断され、両腕を後ろに縛られたM字開脚の女性の遺体が見つかる - 04月16日(火)15:37  poverty

ロンドン(CNN) 英イングランドで約3000年前の集落の遺跡が発掘され、生贄(いけにえ)にされたと思われる人の骨格も含めて26体の人骨が見つかった。 出土したのは鉄器時代からローマ時代にかけての人骨で、中には足首から先が切断されて両腕を頭の後ろで縛られた女性の骨格や、足の下に頭蓋骨(ずがいこつ)が置かれた骨格もあった。 遺跡はイングランドのオックスフォードシャー州で、水道管の敷設工事を行っていた作業員が発見した。 遺跡を調べた考古学チームによると、今回人骨が見つかった人々は、近郊の丘に描...
»続きを読む
カテゴリー:

<平成 この日、>離島初のブロードバンド=平成16年4月5日(15年前) - 04月05日(金)09:32 

呼子町(現唐津市)の本土と小川島をつなぐ光ケーブルの敷設工事が完了し、県内七つの離島で初めてブロードバンド(高速大容量通信)が利用できるようになった。離島への光ケーブル敷設はコストの問題から難しいとされるが、海底水道管と併設することで“安価”で実現できた。 それまで島と本土の通信手段は電話回線と学校間の無線LANだけ。町は、老朽化で交換時期を迎えていた海底水道管と光ケーブルの併設を計画。長さ3140メートル、直径18センチのポリエチレン管にケーブルを埋め込んだ。総事業費は約3億3000万円。
カテゴリー:

3千年前の遺跡、配管工事で発見 生贄とみられる人骨も 英 - 04月16日(火)10:42 

英イングランドで約3000年前の集落の遺跡が発掘され、生贄(いけにえ)にされたと思われる人の骨格も含めて26体の人骨が見つかった。 出土したのは鉄器時代からローマ時代にかけての人骨で、中には足首から先が切断されて両腕を頭の後ろで縛られた女性の骨格や、足の下に頭蓋骨(ずがいこつ)が置かれた骨格もあった。 遺跡はイングランドのオックスフォードシャー州で、水道管の敷設工事を行っていた作業員が発見した...
カテゴリー:

「敷設工事」の画像

もっと見る

「敷設工事」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる