「数千台」とは?

関連ニュース

ロボット系スタートアップが成功するには何が必要か - 06月29日(月)10:21 

編集部注:本稿を執筆したRajat Bhageria氏は、Chef RoboticsのCEO兼、Prototype Capitalのマネージングパートナーである。 いたるところでロボットが活躍する時代が到来する―われわれはかつて、こう約束されていた。自動車を自在に運転できるロボットから、食器洗い、運送、料理、実験作業、法律文書の作成、芝刈り、帳簿の記帳、家の掃除まで、あらゆる作業を行える完全自律型ロボットが活躍するときが来る、と。 しかし現実には、ターミネーターやウォーリー、HAL 9000、R2-D2のようなロボットは存在しない。せいぜい、クリックする気にもならない広告が自動的に選別されてFacebook(フェイスブック)に表示されたり、夜更かしして鑑賞するほどの価値もないおすすめ映画がNetflix(ネットフリックス)で次々に表示されたり、iRobot(アイロボット)のロボット掃除機Roomba(ルンバ)が部屋を掃除したりする程度だ。 一体、どこで間違ってしまったのか。あの夢のロボットたちは今、どこにいるのだろう。 自らロボット開発企業を創業し(現在の社名はChef Robotics(シェフ・ロボティクス)、食品ロボット業界のステルス企業である)、Prototype Capital(プロトタイプ・キャピタル)というベンチャーキャピタルファンドを立ち上げて多くのロボット/AI関...more
カテゴリー:

「紫外線光照射器ロボット」による消毒作業時の感染症拡大防止 - 06月26日(金)11:59 

2020年6月26日 オムロン株式会社 2020年6月26日   「紫外線光照射器ロボット」による消毒作業時の感染症拡大防止 ~感染症拡大防止へのソリューションをパートナーとの共創によりグローバルで実現~   オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、紫外線(UVC)光照射器を搭載した除菌ロボットを開発する世界各地のパートナー企業に、オムロンのモバイルロボットを提供し、各種感染症の拡大防止に取り組んでいます。オムロンは事業を通じて、除菌作業従事者を始めとする人々の感染症リスクの低減に貢献し、人々の健康と安全を守ります。   様々なパートナー企業との共創による「UVC光照射器ロボット」   現在、新型コロナウイルスまん延に起因して感染症拡大防止に向けた消毒や除菌、「3密」回避へのニーズが世界中で高まっています。また、世界各国の医療現場は、人手がひっ迫しているうえ、人による消毒・除菌作業は2次感染のリスクや、吸入毒性の危険性が課題となっています。一方で、作業ムラが発生しないよう、適切な消毒・除菌を行うことは不可欠です。そこで、人に代わりロボットを活用した消毒・除菌、という新しい応用分野に注目が高まっており、ロボット導入の拡大が見込まれています。   世界約120の国と地域で事業やサービス...more
カテゴリー:

「数千台」の画像

もっと見る

「数千台」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる