「教育改革」とは?

関連ニュース

放たれないアベノミクス第三の矢。永遠に日本が改革されない訳 - 01月18日(土)11:00 

昨年末は、日本の縮図を示すようなニュースが2つ舞い込みました。「大学入試改革」と言いつつ事実上のマークシート方式続行、「日本郵政代表交代」と言いつつ元官僚を選出…改革を掲げながら玉虫色に見える点は、中庸を好む日本ならではかもしれません。米国在住の作家・冷泉彰彦さんは今回、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、改革を本気で断行するのに必要な条件と、国家として絶対に避けるべき点を明言しています。 2019年を振り返る中で、改革の先送りはもう最後にしたい 12月の年の瀬に、様々なニュースが入ってきました。1つは大学入試改革の先送りであり、もう1つは日本郵政の経営陣交代です。どちらも日本社会の改革という観点からすれば重要な問題です。 まず、大学入試についてですが、結論から言えば「マークシート方式」によるセンター試験が当分の間続くということです。これによって以下のような問題が解決されることなく当面継続します。 まず日本の教育の改革は「必ず低学年から」スタートして「高校で腰砕け」というパターンが続きます。現在、文科省は「アクティブ・ラーニング」というスローガンで「主体的で深い学び」へと教育を変えようとしています。そのスローガン、そして方法論、そして教員の資質などを考えると決して見通しは楽観できません。 ですが、AIが作業レベルのタスクを請け負う社会がどんどん来る中では、日本が準先進国...more
カテゴリー:

AI教材atama+(アタマプラス)を使う個別指導+プロ講師による少人数の演習指導。新時代の人間力を育て、新入試にも完全対応する未来の塾、城南予備校DUOが、2月1日(土)自由が丘校を開校します。 - 01月17日(金)14:00 

2 0 2 0 年。東京ではオリンピック・パラリンピックが開催されます。海外からは多くの人がやってきて、日本のグローバル化はますます進んでいきます。一方、止まらない少子高齢化で労働人口が減り、それを補うための他国籍労働者やA Iをはじめとしたテクノロジーの流入も、すでに珍しいことではなくなってきています。これらを背景に教育改革が行われ、大学入試も変わろうとしています。未来がどうなるのかは、誰にもわかりません。あらかじめ答えを準備しておいたり、今まで通りのやり方で対処したりするだけでは、生き抜くのが難しい時代がやってきます。そんな時代に求められる「学力」とは何でしょうか。それは、予測不能な“未来”に対応するための「新しい学力」。文部科学省はそれを言葉にして、(1) 知識・技能 (2)思考力・判断力・表現力 (3)主体性・多様性・協働性という「学力の3要素」を掲げています。城南予備校D U O は、中学生・高校生・高卒生を対象とした新しい時代の新しい学習を提案する新しい塾。およそ6 0 年、受験生とともに歩んできた城南予備校の情報と指導技術を、A I(人工知能)を使った自立学習と、ヒト(受験のプロ講師)による指導、徹底したI C T 学習管理でバージョンアップ。さらに生徒や、そのご家族の皆さん、そしてスタッフとの三位一体の濃密なコミュニケーションにより、大学合格と、その先のキャリアデザ...more
カテゴリー:

千代田区立麹町中「定期テストも固定担任制も廃止」の弊害…子どもの学力格差を助長 - 01月13日(月)08:00 

「宿題廃止、定期テスト廃止、固定担任制も廃止」で生徒の学力をアップさせるという、千代田区立麹町中学校の教育改革が話題になっている。2014年に就任した工藤勇一校長は「生徒の自律・主体性」を掲げ、自由な校風を全面に押し出している。そんな同校の教育ノウハウを取り入れようと見学に訪れる...
カテゴリー:

英語ができないから? 堀潤「日本は使う側から使われる側に」 | ananweb - マガジンハウス - 01月06日(月)20:00 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「日本人の英語力」です。国費を投じても、グローバルな人材を育成すべきです。2020年度から始まる大学入学共通テストで活用される予定だった、英語民間試験の導入が延期になりました。従来の試験では「読む・聞く」能力を問いますが、実践的な英語を身につけるには、「読む・聞く・話す・書く」が必須。この4技能を測るテストを一から作るには技術もコストもかかるため、7種類の民間試験の導入が提案されていました。しかし、受験生の家庭の経済力や、都市部と地方でも受験機会に差が出て、公平性に欠けると問題になり、延期が決まりました。 スイスの国際語学教育機関の調べによると、日本の英語力は非英語圏の中では100か国中53位。中国や韓国を大きく下回り、‘18年より4位順位を下げています。日本の英語教育が遅れたのは、日本語だけで事足りる、非グローバル社会だったからだと思います。かつて日本が一流の消費国だった時代は、貿易が盛んでした。しかし、経済が下降し日本は世界から、商売相手として認められなくなりました。かつての日本は長い間、人件費の高い国でしたが、今は円安政策を行っており、人件費も物価も安くなっています。今後、世界の労働産業で、日本は使う側から、使われる側に回らざるを得なくなるでしょう。今、日本人にとって英...more
カテゴリー:

子どもを主語にすれば教育は変わる。「みんなの学校」初代校長の言葉 - 01月18日(土)10:43 

「子どもを主語に変えたら、本当に変わります」「『先生のいうことを聞かない子どもがいて先生が困っている』じゃなく、『子どもが困っている』」大阪の大空小学校初代校長、木村泰子さんはそう語る。みんなと同じ「ふつう」でいることに生きづらさを感じている子どもたちは多い。発達障害児や不登校児は増え、若者の自殺が社会問題となっている。一方で、映画『みんなの学校』の舞台となった大空小学校は、発達障害と診断された子や不登校だった子など、さまざまな問題を抱えた子どもたちがともに学び合い、元気に卒業していく。子どもたちの学びに、親や先生や地域はどう向き合えばいいのだろう?教育改革、大切なポイントは何だろう?『「ふつうの子」なんて、どこにもいない』を著した木村さんに、前編に続いて話を聞いた。前編 》校則なし、先生の残業なし。発達障害児や不登校だった子もみんな一緒に学ぶ小学校保護者は子どものために立ち上がった ――映画『みんなの学校』や木村さんの本に影響を受けて、「うちの学校も変えていきたい」と思う教師や、「子どもが通う学校も変わってほしい」と思う親は多いと思います。まず何から始めればいいのでしょうか。「自分に何ができるかな」って、自分事として考えて動かないと何もはじまらないんですよ。他人事を自分事にできる大人がいる学校は変わりはじめています。講演会の最後にいつも伝えているのは、「校長先生、大空み...more
カテゴリー:

親による体罰が法律で禁止、ビール値下がりなど2020年新制度 - 01月16日(木)11:30 

昨年は消費税が8%から10%に増え、政府もキャッシュレス決済に力を入れるなど経済的に大きな変化が。さて、今年は?目玉となるのは教育改革だが、経済面でも変わる点が…
カテゴリー:

プロが教える! 今後の英語教育についてお話します - 01月10日(金)17:00 

(株)YBM JAPANが運営する体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」(以下、OEV)では、2020年1月26日(日)に講演会を行います。乳児から小学生のお子様をお持ちの保護者様を対象に、「英語教育」をテーマに無料で講演会を行います。今後の英語教育に関心のある方や、お子様への英語学習にご興味のある方もぜひご聴講ください。今後の日本経済を支えるキーとなる「グローバル化」。そのために、日本は今グローバル人材の育成に取り組み始めました。今年4月より開始される「2020教育改革」もそのひとつです。まさに今、学童・幼児であるお子様は今までの英語教育とは異なる教育を受けることになります。今回は、これから変わる英語教育の内容についてのお話や家庭学習の取り組み方に関する不安や疑問について、英語教育のプロフェッショナルがお応えします。~講師紹介~松谷 和俊*大手教育関連企業にて個人/法人営業のマネジメントを経験*留学関連企業にて東京と大阪で、高校生~社会人(個人)/法人(学校・企業)をクライアントとしてビジネスを遂行*OSAKA ENGLISH VILLAGEでは営業管理部のゼネラルマネージャーとして営業・教室事業・運営・教務の各チームを統括~講演会詳細~◇日時:2020年1月26日(日) 13:00~14:00◇場所:OSAKA ENGLISH VILLAGE◇対象:乳...more
カテゴリー:

苦し紛れ「解散」に逃げ込む安倍首相、国民総脱力Xデーはいつか? - 12月30日(月)10:00 

SNSで「逃げずに国会に出ろ!」と拡散されたものの、なかなか安倍晋三首相が現れず閉会を迎えた臨時国会。メルマガ『きっこのメルマガ』著者で人気ブロガーのきっこさんは、安倍首相の特徴ともいえる「国会閉会、人気の集まるスローガン、解散総選挙」のパターンを挙げながらも「前時代的価値観にとらわれた自民党政権のせい」で、そのスローガンが未達成のままである点を、明快に斬っています。 「嵐」のコンサートで現実逃避。逃げ回る安倍首相 安倍晋三首相にとって、今回の臨時国会はとても厳しい国会だったと思う。自分が任命した大臣が2人続けて公選法違反で辞任に追いやられた上に、自分の子分である萩生田光一文科相の「身の丈」発言からの教育改革問題など、これだけでも頭が痛いのに、そこに「桜を見る会」の問題だ。これは安倍首相自身の疑惑なので、自分が国会で答弁しなくてはならない。でも、完全に「黒」なのだから、国会に出て矢面に立てば苦しい言い訳に終始することになる。 そこで安倍首相が取ったのは、とにかく出来る限り国会に出ずに逃げまくるという、見ているこちらが恥ずかしくなるような小学生のような作戦だった。ツイッターでは「安倍晋三、逃げずに国会に出ろ!」というワードがトレンド入りし、野党議員たちも安倍首相の責任放棄を厳しく批判した。あたしが特に呆れたのは、国会は連日欠席していたのに、その間に平然とアイドルグループ「嵐」のコンサ...more
カテゴリー:

「教育改革」の画像

もっと見る

「教育改革」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる