「敗血症」とは?

関連ニュース

【滋賀】食事与えず暴行し、同居男性(当時25)を殺害 容疑で無職の55歳ら2人を逮捕 - 11月25日(水)18:39  newsplus

同居していた男性に食事を与えず暴行して殺害したとして、滋賀県警は25日、同県愛荘町の無職、小林久美子容疑者(55)と同町のアルバイトの少年(19)を殺人の疑いで逮捕した。県警は「捜査に支障がある」として、2人の認否を明らかにしていない。  逮捕容疑は共謀して2019年5月下旬から同10月25日まで、小林容疑者の自宅で、同居していた無職、岡田達也さん(当時25歳)に十分な食事を与えずに衰弱させ、金属の棒で殴るなどして、同26日に敗血症性ショックで死亡させたとしている。  県警によると、岡田さんの身長は174センチ。死...
»続きを読む
カテゴリー:

「抗うつ薬」には新型コロナ重症化を防ぐ効果があると報告される - 11月17日(火)17:00 

Credit:アッヴィ . Meiji Seika ファルマ 全ての画像を見る一部の抗うつ薬は新型コロナウイルスに効果があるようです。 11月12日に医学雑誌『JAMA』に掲載された論文によれば、抗うつ薬として用いられてきたフルボキサミン(ルボックスまたはデプロメール)に新型コロナウイルスの重症化を防ぐ効果がみつかったとのこと。 いったいなぜ抗うつ薬が新型コロナウイルスに効き目を発揮したのでしょうか? >参照元はこちら(英文) 目次 なぜ「抗うつ薬」を新型コロナウイルス感染者に投与したのか?フルボキサミンを飲むと重症化しなくなった既存薬の転用で安全性と低価格を実現 なぜ「抗うつ薬」を新型コロナウイルス感染者に投与したのか? Credit:depositphotos 11月17日現在、新型コロナウイルスの感染者数は全世界で5500万人に達し、130万人以上の死者が発生しています。 これ以上犠牲者を増やさないためには、今すぐ効き目のある薬が必要ですが、薬の開発には通常、年単位での時間がかかります。 そのため医師や研究者たちは僅かな望みをかけて、パンデミック発生直後から、既存の薬を実験的に患者に投与する試みを続けてきました。 現在知られている薬の少なくない数が、製品化された後に別の病気に対する効果が認められ「転用」された実績があるからです。 同じような幸運が起これば、既存の薬...more
カテゴリー:

血液灌流生産市場―吸着別(木炭血液灌流および樹脂血液灌流);アプリケーション別(肝不全、自己免疫疾患、中毒など)-世界の需要分析と機会の見通し2027年 - 11月11日(水)17:30 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「血液灌流生産市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年11月 11日 に発刊しました。このレポートは、2020-2027年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。血液灌流は、血液をろ過するために患者の血液を吸着剤に通す医療の一形態です。血液中に存在する有毒物質はそのような物質に吸着され、きれいな血液が再び患者の体内に送られます。この技術は主に、腎臓に有毒な薬物や毒物を血液から除去したり、腎臓障害の場合に特定の老廃物を除去したりするなど、さまざまな緊急事態で使用されます。米国国立薬物乱用研究所によると、米国での薬物の過剰摂取による死亡者数は、2007年には36,010人でしたが、2017年には70,237人に増加しました。血液関連障害の増加は市場の成長を牽引する予想血液関連障害の増加により、血液から有毒物質やその他の老廃物を除去するための血液灌流技術の需要が高まることが予想されます。さらに、腎臓の不適切な機能は、血液灌流治療法の需要が高いため、市場...more
カテゴリー:

【コロナ研究】 重症化は抗うつ薬で抑えられる 米ワシントン大が発表 - 11月25日(水)14:11  newsplus

新型コロナウイルスの感染者数が連日増加している。 そんな中、非常に興味深い研究結果が世界的に権威のある医学誌「JAMA(Journal of the American Medical Association)」に掲載された。 発表したのは、ワシントン大学の研究者。 「世界中で何十年も使われている古い抗うつ薬フルボキサミンが、コロナの重症化を防ぐというのです。 フルボキサミンが悪化予防の唯一の薬ではないかとも期待されています」 こう言うのは、この研究結果に着目する千葉大学社会精神保健教育研究センター副センター長の橋本謙二教授だ。 この...
»続きを読む
カテゴリー:

大鵬薬品と米国Lung Therapeutics, Inc. 被包化胸水治療薬LTI-01の日本における独占的ライセンス契約を締結 - 11月12日(木)14:00 

2020年11月12日 大鵬薬品工業株式会社 Lung Therapeutics, Inc. 大鵬薬品工業株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)とLung Therapeutics, Inc.(本社:米国テキサス州オースティン、 CEO:Brian Windsor、以下「Lung Tx社」)は、 Lung Tx社が被包化胸水治療薬として開発中の遺伝子組み換えヒト一本鎖ウロキナーゼ型プラスミノゲンアクチベータ、LTI-01の日本における独占的開発・販売に関し、ライセンス契約を締結したことをお知らせします。   本契約に基づき、大鵬薬品は日本におけるLTI-01の開発・販売権を取得し、Lung Tx社は大鵬薬品より契約一時金、マイルストーン、日本での売り上げに応じたロイヤリティを受け取ることになります。   被包化胸水(Loculated Pleural Effusion:LPE)とは、胸腔内にフィブリンが蓄積し多数の小胞が形成され、胸水がその中に被包化された状態を言い、痛み、呼吸困難、時には敗血症を引き起こします。現在、被包化胸水に対して適応を持つ薬剤は存在しません。LTI-01は胸腔内の線維性瘢痕組織を溶解し、LPEがある患者さんの胸腔ドレナージを促進することが期待できます。   「LTI-01について、L...more
カテゴリー:

「敗血症」の画像

もっと見る

「敗血症」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる